地松のゴロンボ 京都市右京区 木造住宅のリノベーション工事

山主さんでもあられる京都市右京区のリノベーション工事のお施主さまから、お持ちの地松を梁に使って欲しいとご要望があり大工さんに加工していただきました。


釿(ちょうな)という道具を使って丸太の表面を切り出していく作業です。

釿は独特の湾曲をした柄に刃と柄が直角になるように取り付けられています。
刃の形は地域・加工する材などにより少しずつ異なりますが、主に両刃で刃先がまっすなものと、内側に湾曲したものがあります。(竹中大工道具物語 朝倉書店出版参照)

右の2本が加工してくださっている大工さんがお持ちの釿です。

きがえしという道具を使って加工する面を少しづつ変えていきます。

どのような梁になるか楽しみです。