京都市右京区K邸一覧

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」土台伏せ工事、建て方工事

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」
青空の中、土台伏せ工事、建て方工事が進んでいます。

構造材には京都府内産の無垢の桧材、杉材を使用しています。

土台、大引き、柱など、地面に近い部分には無垢の桧と、北山杉のみがき丸太を、
桁、梁には無垢の杉材、地松の太鼓梁を使用しています。

竹内工務店では、なるべく構造材にも国産(地域産材)の桧、杉を使用した家づくりをしています。
構造材は最終的には見えなくなる部分ですが、家にとってはとても大切な部分です。
無垢の木には調湿作用があり、桧、杉の赤身の芯材は腐れや白アリに対しても強い材です。

まずは土台伏せ工事
ボルトで締める前に、図面通りに材料を配置
土台伏せ工事

120角の桧材
基礎に緊結されたアンカーボルトが通るように加工しています
このアンカーボルトを留めRC基礎と土台を緊結し一体化させています
加工

通気パッキンの上に土台を据えていきます
継手部分を組み、土台が完成します
プレカット

続いて建て方です
前回ご紹介しました、地松梁もクレーンで丸太柱の上にのせていきます
地松梁

現場は無垢の木材の良い香りがします
構造材

上棟に向け工事が進んでいきます
広範囲

こちらの現場では6月8日に構造見学会を予定しています。
詳しくはこちらをご確認ください!!
京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」構造見学会のお知らせ

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」構造材の加工

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」

今回は工場での構造材の加工についてお伝えします。

手斧で「なぐり加工」した地松の小屋梁
模様がきれいに出ています
地松

磨き丸太の柱
先程の梁をこの柱で支えます
北山丸太

こちらは構造材ではありませんが、玄関の出窓天板部分に使用する材料
無垢の桧一枚板

K邸では空間に各種銘木が使用する予定です。
磨き丸太の柱、地松の小屋梁はリビングで使われます。

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」基礎工事が進んでいます

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」

基礎工事が進んでいます

配筋が完了し、配筋検査が行われました
大きな問題はなく、次の工程に進めそうです
配筋検査

型枠も組まれ、コンクリートで基礎がつくられます
型枠

建物の中心に鎮め物を
鎮めもの

いよいよコンクリート打設です
高さを確認しながら行います
コンクリート打設

基礎の底盤部分打設が完了しました
基礎打設完了

表面をきれいに均します
均し

床下の換気に配慮して基礎の立ち上がりを少し高めにしています
木枠

次は立ち上がり部分の打設です

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」基礎工事が始まりました

京都市右京区「鳥居本の家」基礎工事が始まりました。

根切底(砕石を敷き詰める面)に砕石を敷き詰め、締め固めていきます。

砕石の目的は、根切りした面、掘削の地盤面(基礎底)を平滑化、安定化させ、十分な耐力を持つ基礎の底盤をつくる事です。

基礎が完成すると見えなくなる部分ですが、大切な工程なのですね。

敷地に少しづつ建物の外周が現れてきました。

砕石の上から締固めます
締め固め

砕石の無い丸い部分は柱状改良の杭部分
基礎のコンクリートと杭がしっかりつくようにします
柱状改良

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」地盤改良工事

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」地盤改良工事の様子です。
鳥居本の景観になじむ、軒の出の深い瓦屋根と、切妻屋根のシンプルな外観を持つ建物です。
建築前の地盤調査の結果、地盤改良が必要になりました。

改良が必要な部分をアースオーガーで支持地盤まで掘削します
地盤改良2

基礎底板部分から支持地盤まで掘削されました
地盤改良3

地盤改良材を流し込み現場コンクリート杭を制作します
地盤改良

地盤改良後は8月の竣工に向け基礎工事が始まります。