新着施工事例一覧

–>

宮川町の京町家

宮川町の京町家
特徴
元お茶屋さんの京町家をリノベーションしました。天井等一部は既存のままですが、全体的に解体し水回りは新設しています。京町家の枠が丸窓、下地窓や欄間の竹飾り、床柱や栃の縮み杢をもつ地板、襖柄等各和室の随所に見られ、全体的に遊び心のある設えとなっています。これらの特徴や良さを活かして、内装とくに左官の聚楽壁を塗り替えて、京町家の雰囲気に合うよう建具は古建具や木建具を使用しています。又、お施主様のご要望で、玄関下駄箱の天板や和室の飾板には新しく桜の天板やケヤキの天板等の無垢材を使って京町家のリノベーション工事を完成しました。通りの風情にもなっていた古い建物が、新しくよみがえったと近隣の方からも喜ばれています。
構造
木造2階
種別
リノベーション
場所
京都市東山区
設計
株式会社 クカニア
竣工
平成29年
延床面積
96.93㎡
宮川町増改築工事玄関2和室1階和室2宮川町増改築工事

下京区の京町家

メイン
特徴
長年家族の成長と共に暮らした家・京町家を次の世代に住み継いでいくために、今回リノベーションをされました。今回のリノベーションの目的は耐震の対策を主としています。以前の家の状態は一部土壁が落ちている部分に、蟻害がみられる等随所に補強を要する状態でした。特に南側(奥行方向)に土壁がない為、全面耐力壁として耐震補強をしています。又省エネを進める為に断熱材の充填を十分に施しています。内装には、床材にホワイトオーク、和室の床には桧材、床の間には北山の絞丸太を使っています。収納スペースやニッチ棚等を配置し使い勝手もよくなっています。最後に、2階の天井を解体後にあらわれた古いゴロンボをいかしたいとの事で、勾配天井にして、天井は高くなり、魅力的な空間となりました。
構造
木造2階建て
種別
京町家リノベーション
場所
京都市下京区
設計
自社設計
竣工
平成29年
建築面積
47.65㎡
ゴロンボ2ニッチ棚その2ゴロンボ3西側床の間

京北o邸

京北o邸

o邸トップ
特徴
京都市京北の平屋の民家のリノベーションです。既存の広い和室と縁側はそのままで、新しく栗のフローリングを使用したLDKに内装をかえ、サンルーム、浴室を増築しました。確認申請の提出が義務化される前の建物のため構造補強とまた冬も夏も快適に住まえるように断熱改修をしました。LDKの真ん中に置かれた薪ストーブは撒きが簡単に手に入る京北ではとても重宝されます。お施主様がお持ちの銘木と北山丸太をふんだんに使い木に包まれたリノベーションとなりました。
構造
木造平屋建て
種別
リノベーション
場所
京都市右京区
設計
KS(ケイズ)設計室
竣工
平成28年
延床面積
141.30㎡
玄関 シューズクローク 手洗い LDK1 ロフト 小上がり2 小上がり1 サンルーム

S館アプローチ改修工事

S館アプローチ改修工事
特徴
とある離れへのアプローチの改修工事です。
場所
京都市
設計
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
竣工
平成28年
施工面積
約80㎡
S館アプローチ改修工事 S館アプローチ改修工事 S館アプローチ改修工事 S館アプローチ改修工事 S館アプローチ改修工事

京都木材会館

京都木材会館 外観東面
特徴
平成26年度木造建築技術先導事業採択プロジェクトで木あらわし耐火部材によるラーメン構造(1,2階に適用)です。耐火上重要な柱は国内初となる2時間耐火部材を使用しています。中高層4階建て純木造建築を、京都の地域産材を使用し、京都の景観条例に適合する新しい京都の木造デザインが実現しました。
構造
木造(耐火構造)地上4階建
種別
新築
場所
京都市中京区
設計
株式会社ゆう建築設計事務所
施工
吉村建設工業株式会社
木工事 株式会社竹内工務店
竣工
H28年
延床面積
754.50㎡
京都木材会館 外観東面 京都木材会館 玄関廻り 京都木材会館 エントランスホール 京都木材会館 階段室 京都木材会館 2階会議室 京都木材会館 2階廊下