ブログ一覧

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」土台伏せ工事、建て方工事

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」
青空の中、土台伏せ工事、建て方工事が進んでいます。

構造材には京都府内産の無垢の桧材、杉材を使用しています。

土台、大引き、柱など、地面に近い部分には無垢の桧と、北山杉のみがき丸太を、
桁、梁には無垢の杉材、地松の太鼓梁を使用しています。

竹内工務店では、なるべく構造材にも国産(地域産材)の桧、杉を使用した家づくりをしています。
構造材は最終的には見えなくなる部分ですが、家にとってはとても大切な部分です。
無垢の木には調湿作用があり、桧、杉の赤身の芯材は腐れや白アリに対しても強い材です。

まずは土台伏せ工事
ボルトで締める前に、図面通りに材料を配置
土台伏せ工事

120角の桧材
基礎に緊結されたアンカーボルトが通るように加工しています
このアンカーボルトを留めRC基礎と土台を緊結し一体化させています
加工

通気パッキンの上に土台を据えていきます
継手部分を組み、土台が完成します
プレカット

続いて建て方です
前回ご紹介しました、地松梁もクレーンで丸太柱の上にのせていきます
地松梁

現場は無垢の木材の良い香りがします
構造材

上棟に向け工事が進んでいきます
広範囲

こちらの現場では6月8日に構造見学会を予定しています。
詳しくはこちらをご確認ください!!
京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」構造見学会のお知らせ

京都市左京区「岩倉の家新築工事」上棟しました

京都市左京区「岩倉の家新築工事」
先日上棟式が行われました。
これまでの工事が無事に進んだことを感謝するとともに、これからの工事の安全祈願をしました。
棟札

家の四方を清めています
すみ餅

土台と柱の取り合い部分
長ほぞ差し

土台の仕口の様子

こちらの現場では、5月18日(土)に構造見学会を予定しています。
詳しくはこちらをご確認ください!!
京都市左京区「岩倉の家」構造見学会のお知らせ
 

京都市左京区「岩倉の家新築工事」手刻みの構造材

京都市左京区「岩倉の家新築工事」では、構造材を手刻みで加工しています。
「岩倉の家」は茶室のあるお住まいです。
構造体を見せる造りや納まりの部分では、手刻みの技術と精度が求められます。

加工前に工場で打合せ
打合せ

それぞれの材の含水率の確認も大切な作業です
含水率

墨付けを行い「継手」「仕口」を作ります
手刻み加工

一つづつ木材を加工し、引っ張りやねじれに耐えられる木組みにしていきます
手刻み

こちらの現場では、5月18日(土)に構造見学会を予定しています。
詳しくはこちらをご確認ください!!
京都市左京区「岩倉の家」構造見学会のお知らせ
 

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」構造材の加工

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」

今回は工場での構造材の加工についてお伝えします。

手斧で「なぐり加工」した地松の小屋梁
模様がきれいに出ています
地松

磨き丸太の柱
先程の梁をこの柱で支えます
北山丸太

こちらは構造材ではありませんが、玄関の出窓天板部分に使用する材料
無垢の桧一枚板

K邸では空間に各種銘木が使用する予定です。
磨き丸太の柱、地松の小屋梁はリビングで使われます。

京都市F邸リノベーション工事 (村山木工さん)の装飾

京都市F邸リノベーション工事 完成に向け内装工事が進んでいます。

F邸リノベーションでは、村山木工さん製作の装飾が施された材料を使用しています。

こちらはトップライト部分に使用した光天井の装飾
天井装飾

設えの異なる天井仕上げと、光天井の空間
天井トップライト

こちらの天井材は笹杢のある霧島杉
トップライト

飾り棚の部分には流水模様の入った下地窓
装飾2

建具、欄間部分にも村山木工さん製作の装飾が施された材を使用します。
そちらも今後ご紹介します!