ブログ一覧

京都市右京区 広沢の家 住宅瑕疵担保責任保険の防水検査

防水検査

京都市右京区「広沢の家」新築工事

外壁部分に透湿防水シート、屋根下地も貼られいよいよこれから屋根工事という段階で「住宅瑕疵担保責任保険」の防水検査が行われました。

新築住宅建築中に「基礎配筋検査」「防水躯体検査」と2回に分けて検査があります
外観

住宅の事故で多いのが、屋根や壁からの雨漏りです
屋根、外壁、開口部廻りの防水措置の状況を第三者の検査員の方に確認していただきます
検査

構造部分も検査していきます
壁、柱、横架材、小屋組等を確認します
構造

住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」

竹内工務店では、新築工事の際に住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」をご利用いただいています

「雨漏り」や「構造耐力上主要な部分」に瑕疵があった場合、補修費用を10年間保険でサポートします

ほけん

「まもりすまい保険」について詳しくはこちらでご確認下さいまもりすまい保険

 

 

京都市左京区「岩倉の家新築工事」の地鎮祭

京都市左京区「岩倉の家」の地鎮祭が行われました。

お天気にも恵まれ秋空が広がる中、工事の無事とお施主さまご家族の繁栄をお祈りしました。

その土地で初めて草を刈る「刈始め(かりぞめ)」、初めて土をおこす「穿始(うちぞめ)」、初めて土をならす「土均(つちならし)」を行います
鍬

5色の鎮め物は風水からきており、青=東(青龍) 白=西(白虎) 赤=南(朱雀) 黒=北(玄武) 黄=都の中心 東西南北の四方を守る四神で土地が栄えるとされています
鎮め物は、土地中心の地中に納め家の安泰を祈願します
5色

これから竣工まで、気を引き締めて工事を進めてまいります。

木材市場を訪れる

現在工事中の現場で使用する材料を仕入れに、岐阜県にある材木市場を訪れました。

欅を始めとして広葉樹の材木がズラリと並んでいます
市場

こういった巾の広い板はテーブルの材として使われています
市場2

天井板用に加工された杉板もたくさん
産地も様々で笹杢や中杢など、杢目の表情が違いおもしろい
幅の広いものは大径木の杉からしか取れない希少なものです
板

京町家リノベーションの現場では、天井の一部に無垢の杉板を使用することになりました
2坪ほどの空間ですが、同じ杉から取れた杉材で揃えます
板2

右から4番目は床框に使用する槐(エンジュ)の木
右から2番目は神代杉(神代とは長年土の中に埋もれていた)で、こちらも希少なものです
独特の風合いがあります
えんじゅ

床脇に使用する赤松の皮つき丸太
丸太

和の設えにかかせない素材です。

 

地松ゴロンボの取付 京都市右京区木造住宅のリノベーション工事

前回加工の様子をお伝えしました地松のゴロンボが取り付けられました!!

間取り変更に伴い、新設梁での補強が必要な部分に使用しています。
始めはヒノキの補強梁を使用する計画でしたが、お施主様のご提案で、地松の原木を加工し、使用することになりました。

地松について

松は粘りがあり、曲げ強度が強く、梁に適した木材です。
昔は梁と言えば「松梁り」といわれ、よく使われていました。
日本の松は松くい虫の被害もあり、径の大きな地松は生産量が少ないのが現状です。また曲がったりねじれたりという性格を持っていて扱うのが難しいという面もあり、地松が使われる機会が少なくなっています。
ですが、今回のような機会があればなるべく使いたい材料です。

それでは今回の工事の様子です

手前の赤い木が赤松です
他の木に混ざって雑然と転がっています「まさに自然の木!!」
湾曲した原木をみると、加工の大変さが想像できます
加工方法は前回のブログをご覧ください⇒地松のゴロンボ 京都市右京区 木造住宅のリノベーション工事

構造補強のため金物も使用していますが、地松の風合いを活かせるよう、見える部分にはなるべく金物が見えないよう工夫しています

加工した梁を慎重に人力で上に上げていきます

柱に加工したほぞ穴に梁をはめ込み、栓をして固定していきます

リノベーションで地松の梁があるリビング空間となり、住み継がれていきます
次にどのような仕上げをするのかも楽しみです

これから内部の造作工事がはじまります。
今後の工事の様子もお伝えします!!

京都市下京区 葦島珈琲様 オープンしました

京都市下京区「葦島珈琲」様、店舗の改装工事をさせていただきました。
路地奥にある建物1階の一部を改装し、コーヒー豆販売の店舗として先月オープンしました。

杉材の格子の外観です
外観

焼き板にステンレスの切り文字でロゴを施しています
黒で引きしまった店舗の雰囲気にピッタリなテイクアウト用のバッグも素敵です
焼き板

石垣加工のナラ材にもステンレスの切り文字を
なぐり加工

カウンターは無垢のタモ材で造作しました
カウンター

お店の方オススメの姉小路ブレンドをいただきました(こちらの店舗の限定商品です)
フルーティーで飲みやすいのに、後味の余韻がしっかりと楽しめる味わい。とてもおいしかったです。焙煎は三条の店舗でしているそうです。
姉小路ブレンド

店舗住所は京都市下京区永原町151(柳馬場通綾小路下ル東側路地奥)です
こちらの看板を目指して是非お立ち寄りください!!
看板

設計は「空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所」さんです
葦島珈琲様公式サイトはこちら→葦島珈琲様公式サイト