最新情報一覧

京都市右京区「M邸新築注文住宅」オーダーキッチン

「京都の木の家」「注文住宅」の竹内工務店ブログです。

京都市右京区「M邸新築注文住宅」では、オーダーキッチンを制作しています。
今回はM邸のオーダーキッチンについてご紹介します。

オーダーキッチンは住まい手さまの持ち物、使い方に合わせて、
キッチンの大きさ、高さ、引出しのレイアウト、
シンク下のスペースの使い方(オープンにしてダストボックススペースとして活用したり)など、
住まい手さまの好みに合わせて制作することができます。
好みの食器洗乾燥機や、こだわりの水栓を組み合わせ、キッチンで過ごす時間が快適になるよう、色々とカスタマイズができます。

M邸は2階リビングの奥にキッチンスペースがあります。
幅約2.5mのキッチンに、カウンターを組み合わせた形になっています。カウンターは奥行が約50cmあるので、シンクと合わせると、約3mの広々としたキッチンです。カウンターの下には、リビング側から使える引出しと、キッチン側からつかえる収納が組み合わせてあります。また、キッチンと同材で背面にも家電、食器が収納できるカウンターを設置しています。
オーダーキッチンは費用がかかりそうなイメージがありますが、
既製品(選ぶグレードによりますが)と同じくらいの費用で制作ができる場合も多いです。
 

カップボードは袖壁に収まるように、設計されています。
こちらは奥行が60cm、幅1.75mです。
電子レンジ、炊飯器、トースター、コーヒーメーカー等を並べて置くことができる大きさです。
造作家具は、サイズの設定が自由にできるので、スペースを無駄なく有効に使うことができます。

引出しにはカトラリー、戸棚には食品ストックや食器が収納できます。

キッチンとカップボードの間は115cmあり、キッチンの前に立ってみると、ゆとりがあり、作業のしやすさを感じます。

キッチンの材はタモ突板です。
面の木目が揃っているので、1枚板のように見えます。
 

表面はオイルフィニッシュ塗装で仕上げています。
 

引手など加工が必要な部分は、無垢タモ材を使っています。
 

キッチンの天板はステンレスです。
天板の角はシカル加工(特殊な曲げ加工)がされており、
角の部分がシャープなラインになっています。
シンクと、天板のステンレスは一体になるように溶接をしています。
 

京都市右京区「M邸新築注文住宅」のブログ記事はこちらをご覧ください。
京都市右京区「M邸新築注文住宅」外壁の焼杉板張り
京都市右京区「M邸新築注文住宅」~上棟しました~
京都市右京区「M邸新築注文住宅」~着工しました~
京都市右京区「M邸新築工事」~地鎮祭を行いました~

お問い合わせ