施工事例

はじめに メインイメージ

注文建築を数多く手がけてきた、当社の自慢の作品集です。
木造住宅を基本に据えて、RC造などの施工も自信があります!

最新施工事例

  • 2019年11月7日

    「桃山の家」

    「桃山の家」 特徴 京都市伏見区の住宅地に2階建ての新築住宅が完成しました。吹付けの外壁に深く出た軒の外観。内部は南側のリビングを中心に、階段、バスルームなどが繋がったゆったりとした空間になっています。デザインされた格子の柱、天井の底目に入ったスリットのライン等、直線的なデザインが随所に取り入れられています。細やかに計画された造作家具は、内装仕上材と同一材の使用により空間全体に統一感が生まれています。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 京都市伏見区 設計 SUDA設計室 竣工 令和元年8月 延床面積 232.99㎡(1階:151.18㎡ 2階:81.81㎡)
    >この施工事例を見る
  • 2019年10月31日

    京都府宇治市「宇治の家」

    宇治の家 特徴 京都府宇治市、周囲に茶畑やお茶屋さんが点在する住宅地に建つ平屋建新築住宅です。 シンプルな平面計画と特徴のあるはさみ梁の構造、そしてその勾配天井がもたらす豊かな空間には、自然光の柔らかな光が届きます。 外壁は調色したカラーモルタルで基礎立上り部分から仕上げ、軒裏は構造用合板を使用しています。 奥行のある玄関スペースは廊下を兼ね、勾配天井のトップライト、北側の高窓からやさしい光が入る空間となっています。 リビングには内土間があり、こちらからも出入りが出来るようになっています。 各スペースの収納、家具等は造作で製作しました。内装はシンプルな白と木で仕上げ、落ち着きのある空間となりました。 構造 木造平屋建て 種別 新築 場所 京都府宇治市 設計 A.C.E. 波多野一級建築士事務所 竣工 平成31年2月 延床面積 104.84㎡
    >この施工事例を見る
  • 2019年9月9日

    東大阪市「N邸新築住宅」

    東大阪市「N邸新築住宅」 特徴 東大阪市の住宅地に完成した新築2世帯住宅です。キューブを組み合わせたようなフォルムの外観は、白を基調とし、シンプルでモダンな印象。 家族が集うメインのリビングは、吹抜けをもうけ広がりのある空間となっています。 床材は主に無垢のフローリングを使用し足触り良く、木製建具はシナ材、タモ材を使用しナチュラルモダンな内装にとけ込んでいます。 各世代のプライバシーを確保しながら、家族の繋がりが感じられるお住まいになりました。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 東大阪市 設計 松本建築事務所 MA2 ARCHITECTS 竣工 平成30年 延床面積 181.74㎡(1階:129.57㎡ 2階:52.17㎡)
    >この施工事例を見る
新築(木楽の家)、モダン
  • 2019年4月23日

    「広沢の家」

    「広沢の家」 特徴 京都市右京区広沢の池にほど近い土地に2階建の新築住宅が完成しました。 家族が集まるリビングは吹き抜けで一体感のある空間とし、高い位置に窓を設けることにより、南からの光を取り入れました。 構造材には国産材の杉、桧を使用し、梁は表しで仕上げています。 玄関横にはシュークローゼットと大きなウォークインクローゼットを設けました。 直線的でシャープな印象の内観に、木の温もりの加わったお住まいになりました。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 京都市右京区 基本設計 越前良太デザイン研究所 竣工 平成31年2月 延床面積 131.95㎡(1階:81.78㎡ 2階:50.17㎡)
    >この施工事例を見る
  • 2018年2月8日

    音羽の家 ~地松を使った二世帯住宅~

    音羽の家 ~地松を使った二世帯住宅 特徴 京都市山科区、旧東海道を少し入った古い民家が残る地域にある新築のお住まいです。ご家族が増えられるということで二世帯住宅に建替えをされました。1階、2階で「親世帯」「子世帯」が住み分けるプランになっています。以前のお住まいがあった時から大切に手入れされたお庭に調和した和の外観。もともとのお住まいの構造材に地松をご使用されていたこともあり、新築でも地松(島根県産材)を梁や桁等に使用しました。玄関は2世帯が一緒に使用できるようホールもいれて8帖程あり、大容量のシュークローゼットも併設しました。1階のリビングは大家族で一緒に食事ができるように23帖と広い空間にしました。和室には、お婆様が日向ぼっこできるよう、以前のお住まいより広い縁側を設けました。2階リビングは勾配天井を活かしたダイナミックな空間になっています。家事動線を考慮し、キッチン、洗濯室、収納、サンルームは回遊できるようプランニングしました。 構造 木造2階建 種別 新築 場所 京都市山科区 設計 自社設計 竣工 平成29年3月 延床面積 245.01㎡
    >この施工事例を見る
  • 2015年10月1日

    嵯峨鳥居本の家~平成の京町家~

    嵯峨鳥居本の家~平成の京町家~ 特徴 嵯峨鳥居本のお住まいで京都市の平成の京町家の認定住宅です。風の通りを考慮したプランで、耐震等級2級の長期優良住宅です。地域の景観に合わせ和瓦の平屋建てです。プライベートな空間は杉や桧をふんだんに使用しています。 構造 木造平屋建て 種別 新築 場所 京都市右京区 設計 自社設計(木楽の家) 竣工 H27年 延床面積 120.07㎡(36.35坪)
    >この施工事例を見る
再生・リノベーション
  • 2018年10月25日

    向日市N邸「蔵の家」リノベーション

    向日市N邸「蔵の家」リノベーション 特徴 向日市の幹線道から少し外れた旧道にある土壁を漆喰で仕上げた歴史のある建物。先祖代々大切に、現在まで住み継がれています。家族が増え、成長していくにつれ部屋数が必要になってきました。そこで今回、農機具小屋として使用していた蔵を居室へとリノベーション。蔵は母屋と調和の取れた土壁の建物。外観、躯体はそのまま活かし、床は防湿処理の上、断熱し、使いやすい洋間に改修しました。小屋裏空間にはロフトを配置し、元々あった梁は現しにしています。壁面、屋根面に開口を設け、蔵の中に光を取り入れました。新しく玄関やトイレも配置し、快適な住空間に生まれ変わりました。 構造 木造平屋建て 種別 リノベーション 場所 京都府向日市 設計 空間工房 用舎行蔵 竣工 平成30年4月 延床面積 59.58㎡
    >この施工事例を見る
  • 2018年2月26日

    嵐山の家

    嵐山の家 ~木造住宅のリノベーション~ 特徴 嵐山の住宅街にある木造2階建てのリノベーションです。建物内部は大部分を解体し、階段、吹抜け、リビング、水廻りの位置も新たに生まれ変わりました。リビングは南と東から太陽光が入る位置に配置し、吹抜けを設けました。サッシはペアガラスに入れ替え、断熱材も新たに充填、リビングと洗面脱衣室には床暖房が入っています。各部屋に収納を配置し、造作家具も製作しています。オリジナルの造作キッチンは、シンクと一体のステンレス天板から製作しました。使い勝手を考慮しシンク内を2段にし、食洗器をシンク下に配置しています。内装材にはクリ、杉、桧をメインに使用し、家具など木部の塗装は柿渋塗り、自然素材の柔らかさを活かしたリノベーションになりました。 構造 木造2階建て 種別 リノベーション 場所 京都市西京区 設計 1級建築士事務所 nekko 竣工 平成30年2月 延床面積 118.09㎡(1階:63.87㎡ 2階:54.22㎡)
    >この施工事例を見る
  • 2018年1月24日

    京都祇園宮川町「路地中ノ」

    京都祇園宮川町「路地中ノ」 特徴 京都祇園 宮川町の元お茶屋さん後の割烹料理店を和食・寿司のお店に改修しました。宮川筋の東、古いお茶屋さんが立ち並ぶ一角にあります。格子戸の入口を入り路地をイメージした通路をぬけると一階奥はカウンター席と厨房です。通路の壁は収納になっており扉は桐のけんどん建具になっています。奥のカウンターの天板は欅の一枚板です。床は様々な木の木口を敷き詰めたオリジナルの床に仕上がっています。坪庭と奥庭を新たに作り四季折々の植栽が来られるお客様をお迎えします。二階の東のお座敷は既存の折れ上げ天井、吊床をそのまま活かし聚楽壁を補修し襖の装いを新たにしました。西のお座敷はテーブルでも宴席を楽しめる空間になっています。以前は天井がはられていましたがそれを取り払い古いゴロンボを現し、天井を高くしました。北山磨き丸太や栃、サペリ、古い網代の壁など伝統的なものに加え、新しく無垢材を使用し、古いものと新しい材を交え楽しめる空間となりました。 構造 木造2階 種別 京町家改修 場所 京都市東山区 設計 MAE森田雄一朗 竣工 平成29年10月
    >この施工事例を見る
商業施設
  • 2018年1月24日

    京都祇園宮川町「路地中ノ」

    京都祇園宮川町「路地中ノ」 特徴 京都祇園 宮川町の元お茶屋さん後の割烹料理店を和食・寿司のお店に改修しました。宮川筋の東、古いお茶屋さんが立ち並ぶ一角にあります。格子戸の入口を入り路地をイメージした通路をぬけると一階奥はカウンター席と厨房です。通路の壁は収納になっており扉は桐のけんどん建具になっています。奥のカウンターの天板は欅の一枚板です。床は様々な木の木口を敷き詰めたオリジナルの床に仕上がっています。坪庭と奥庭を新たに作り四季折々の植栽が来られるお客様をお迎えします。二階の東のお座敷は既存の折れ上げ天井、吊床をそのまま活かし聚楽壁を補修し襖の装いを新たにしました。西のお座敷はテーブルでも宴席を楽しめる空間になっています。以前は天井がはられていましたがそれを取り払い古いゴロンボを現し、天井を高くしました。北山磨き丸太や栃、サペリ、古い網代の壁など伝統的なものに加え、新しく無垢材を使用し、古いものと新しい材を交え楽しめる空間となりました。 構造 木造2階 種別 京町家改修 場所 京都市東山区 設計 MAE森田雄一朗 竣工 平成29年10月
    >この施工事例を見る
  • 2017年2月27日

    京都木材会館

    京都木材会館 特徴 平成26年度木造建築技術先導事業採択プロジェクトで木あらわし耐火部材によるラーメン構造(1,2階に適用)です。耐火上重要な柱は国内初となる2時間耐火部材を使用しています。中高層4階建て純木造建築を、京都の地域産材を使用し、京都の景観条例に適合する新しい京都の木造デザインが実現しました。 構造 木造(耐火構造)地上4階建 種別 新築 場所 京都市中京区 設計 株式会社ゆう建築設計事務所 施工 吉村建設工業株式会社 木工事 株式会社竹内工務店 竣工 H28年 延床面積 754.50㎡
    >この施工事例を見る
  • 2014年5月30日

    社会福祉法人 はるの里

    社会福祉法人 はるの里 特徴 障害者小規模通所授産施設として設計されました。利用者様の作業しやすい居心地の良い木造の施設です。 構造 木造2階 種別 新築 場所 京都市西京区 設計 GAROA建築設計事務所 竣工 平成26年 延床面積 243.17㎡
    >この施工事例を見る
設計事務所
  • 2019年11月7日

    「桃山の家」

    「桃山の家」 特徴 京都市伏見区の住宅地に2階建ての新築住宅が完成しました。吹付けの外壁に深く出た軒の外観。内部は南側のリビングを中心に、階段、バスルームなどが繋がったゆったりとした空間になっています。デザインされた格子の柱、天井の底目に入ったスリットのライン等、直線的なデザインが随所に取り入れられています。細やかに計画された造作家具は、内装仕上材と同一材の使用により空間全体に統一感が生まれています。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 京都市伏見区 設計 SUDA設計室 竣工 令和元年8月 延床面積 232.99㎡(1階:151.18㎡ 2階:81.81㎡)
    >この施工事例を見る
  • 2019年10月31日

    京都府宇治市「宇治の家」

    宇治の家 特徴 京都府宇治市、周囲に茶畑やお茶屋さんが点在する住宅地に建つ平屋建新築住宅です。 シンプルな平面計画と特徴のあるはさみ梁の構造、そしてその勾配天井がもたらす豊かな空間には、自然光の柔らかな光が届きます。 外壁は調色したカラーモルタルで基礎立上り部分から仕上げ、軒裏は構造用合板を使用しています。 奥行のある玄関スペースは廊下を兼ね、勾配天井のトップライト、北側の高窓からやさしい光が入る空間となっています。 リビングには内土間があり、こちらからも出入りが出来るようになっています。 各スペースの収納、家具等は造作で製作しました。内装はシンプルな白と木で仕上げ、落ち着きのある空間となりました。 構造 木造平屋建て 種別 新築 場所 京都府宇治市 設計 A.C.E. 波多野一級建築士事務所 竣工 平成31年2月 延床面積 104.84㎡
    >この施工事例を見る
  • 2019年9月9日

    東大阪市「N邸新築住宅」

    東大阪市「N邸新築住宅」 特徴 東大阪市の住宅地に完成した新築2世帯住宅です。キューブを組み合わせたようなフォルムの外観は、白を基調とし、シンプルでモダンな印象。 家族が集うメインのリビングは、吹抜けをもうけ広がりのある空間となっています。 床材は主に無垢のフローリングを使用し足触り良く、木製建具はシナ材、タモ材を使用しナチュラルモダンな内装にとけ込んでいます。 各世代のプライバシーを確保しながら、家族の繋がりが感じられるお住まいになりました。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 東大阪市 設計 松本建築事務所 MA2 ARCHITECTS 竣工 平成30年 延床面積 181.74㎡(1階:129.57㎡ 2階:52.17㎡)
    >この施工事例を見る
木の仕事
  • 2014年12月1日

    バスの駅~京都市域産材を使った市バスのバス停~(バス停工事)

    バスの駅~京都市域産材を使った市バスのバス停~(バス停工事) 特徴 京都市域産材を使用した京都市バスのバスの駅です。南太秦駅には北山丸太を使用し清水道は関西初の京都府内産材をCLT加工されたパネルが使用されています。京都市右京区役所内1階ロビーのバス待合は雲形ベンチの背もたれに北山丸太垂木を使用してます。 構造 木造 場所 京都市内各所 竣工 H26年(南太秦、清水道)H27年(京都市右京区役所)
    >この施工事例を見る

ジャンル別 施工事例

過去の様々な作品も下記の6項目のジャンルに分けて掲載しております。
各カテゴリをクリックすると、 詳細ページに進みます。