施工事例

はじめに メインイメージ

注文建築を数多く手がけてきた、当社の自慢の作品集です。
木造住宅を基本に据えて、RC造などの施工も自信があります!

最新施工事例

  • 2020年8月18日

    「嵯峨小倉山O邸」~通り土間のある家~

    「嵯峨小倉山O邸」~通り土間のある家~ 特徴 奥嵯峨の昔ながらの風景が残る地域、周囲の景観に溶け込む和風新築住宅です。左官仕上げの外壁に正面の焼杉板が建物のアクセントになっています。外部の通り土間は天井を高く、広々としておりアウトドア用品などの収納もかねています。家事室の収納や将来的に間取りを変更できるプラン等、これから子育てをされる若い住まい手さまのアイディアを取り入れています。 お庭に面した縁側の深い庇は、強い日射を遮ります。構造材、造作材ともに京都府内産の杉、桧を使用しており、低炭素住宅の認定をとった省エネ型のお住まいとなっています。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 京都市右京区 設計 自社設計 竣工 令和2年3月 延床面積 延床面積 128.30㎡(1階:79.31㎡ 2階:48.99㎡)
    >この施工事例を見る
  • 2020年7月13日

    こども園の木の塀 ~ヤマケン木の塀~

    こども園の木の塀 ~ヤマケン木の塀~ 特徴 京都市右京区にある「こども園ゆりかご」園庭を囲む木の塀です。 元々あったブロック塀を取り払い、京都府内産の木材を使用し製作しました。 柱には桧の角材、木の塀の板には厚みが35ミリある杉の足場板を使用しています。 塀の一部に子供たちの卒園製作として、絵を描いた様々な形の木片を貼り付けました。 地域の木材を使い、暖かみのある木の塀になりました。 こちらの木の塀は、平成30年度林野庁などが実施した「外構部の木質化(木塀・木柵)の支援事業」の助成金に対応しています。 ヤマケン木の塀の詳細はこちらです 場所 京都市右京区 設計 高橋勝、杉江崇、橋本華名 竣工 令和2年1月
    >この施工事例を見る
  • 2020年7月2日

    「北白川の家」

    「北白川の家」 特徴 京都市左京区北白川の閑静な住宅地に建つ瀟洒な外観をもつ新築住宅です。 中庭を取り囲むようなコの字型の建物で、廊下、リビングの大きな窓から庭の木々を眺めることができます。深い出の軒は強い日射を遮り、建物を雨や風から守る役割もあります。リビングはタイル張りの床に珪藻土入りの左官壁、家具はブラックチェリーで造作されています。寒い季節には薪ストーブに暖かな火が灯ります。 構造 木造2階建 種別 新築 場所 京都市左京区 設計 横内敏人建築設計事務所 竣工 令和2年3月 延床面積 192.77㎡
    >この施工事例を見る
新築(木楽の家)、モダン
  • 2020年8月18日

    「嵯峨小倉山O邸」~通り土間のある家~

    「嵯峨小倉山O邸」~通り土間のある家~ 特徴 奥嵯峨の昔ながらの風景が残る地域、周囲の景観に溶け込む和風新築住宅です。左官仕上げの外壁に正面の焼杉板が建物のアクセントになっています。外部の通り土間は天井を高く、広々としておりアウトドア用品などの収納もかねています。家事室の収納や将来的に間取りを変更できるプラン等、これから子育てをされる若い住まい手さまのアイディアを取り入れています。 お庭に面した縁側の深い庇は、強い日射を遮ります。構造材、造作材ともに京都府内産の杉、桧を使用しており、低炭素住宅の認定をとった省エネ型のお住まいとなっています。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 京都市右京区 設計 自社設計 竣工 令和2年3月 延床面積 延床面積 128.30㎡(1階:79.31㎡ 2階:48.99㎡)
    >この施工事例を見る
  • 2020年6月29日

    「エル・ラガール」~新築京町家~

    「エル・ラガール」~新築京町家~ 特徴 京都市中京区にスペイン料理店を営む住まい手さまの新築京町家が完成しました。 建物正面は黒漆喰仕上げの真壁の外壁で、千本格子、鎧張りの腰壁等木部は塗装しています。トーンを抑えた色味で、重厚感があり古い建物が多く残る二条城周辺の街並みにうまく溶け込んでいます。店舗部分は真壁で柱や壁を塗装し、天井は梁を現しにした大和天井になっています。スペインで特注、制作されたタイルをあちこちに使用されていて、どこか懐かしく、暖かさを感じる空間になりました。 構造 木造 種別 新築2階建 場所 京都市中京区 設計 合同会社ユニーズ・㈱竹内工務店 竣工 令和2年1月 延床面積 177.60㎡
    >この施工事例を見る
  • 2020年6月28日

    「嵯峨鳥居本の家」~地松のゴロンボがある家~

    「嵯峨鳥居本の家」~地松のゴロンボがある家~ 特徴 京都市右京区嵯峨鳥居本の新築注文住宅です。緑が美しい周辺の景観にとけ込んだ数寄屋風のお住まいです。主要構造材、造作材ともに京都府内産の杉、桧材を使用しています。 和室には床の間、仏間、書院と伝統的な設えをもうけています。 勾配天井と吹き抜けのあるリビングは、地松ゴロンボ、北山丸太柱の構造を現しとし、迫力のある空間になっています。 長期優良住宅、耐震等級2も取得し、令和元年度京都の木の家づくり表彰事業で優秀賞をいただきました。 構造 木造2階建 種別 新築 場所 京都市右京区 設計 自社設計 竣工 令和元年11月 延床面積 146.52.㎡
    >この施工事例を見る
再生・リノベーション
  • 2020年4月24日

    京都市 F邸リノベーション工事

    京都市F邸改修工事 特徴 京都市東山区の住宅地に建つ築50年の民家のフルリノベーションです。襖紙や天井の細工など厳選した材料で細部にまでこだわって設計されています。各部屋から異なる庭が見える空間構成とされています。 構造 木造2階建て 種別 改修 場所 京都市東山区 設計 空間工房用舎行蔵 一級建築士事務所 竣工 令和1年7月 延床面積 157.64㎡
    >この施工事例を見る
  • 2020年4月20日

    京都市右京区 O邸母屋改修工事(古民家改修工事)

    京都市右京区 O邸母屋改修工事(古民家改修工事) 特徴 京都市右京区京北の古民家の母屋を改修しました。お施主様の山から伐り出してきた松を大工のチョウナで加工して補強梁として使いました。水廻りを含めバリアフリーと断熱改修を中心に終の棲家として改修致しました。 構造 木造伝統工法 種別 改修 場所 京都市右京区 設計 KS設計室 竣工 平成31年2月 延床面積 225.77㎡
    >この施工事例を見る
  • 2018年10月25日

    向日市N邸「蔵の家」リノベーション

    向日市N邸「蔵の家」リノベーション 特徴 向日市の幹線道から少し外れた旧道にある土壁を漆喰で仕上げた歴史のある建物。先祖代々大切に、現在まで住み継がれています。家族が増え、成長していくにつれ部屋数が必要になってきました。そこで今回、農機具小屋として使用していた蔵を居室へとリノベーション。蔵は母屋と調和の取れた土壁の建物。外観、躯体はそのまま活かし、床は防湿処理の上、断熱し、使いやすい洋間に改修しました。小屋裏空間にはロフトを配置し、元々あった梁は現しにしています。壁面、屋根面に開口を設け、蔵の中に光を取り入れました。新しく玄関やトイレも配置し、快適な住空間に生まれ変わりました。 構造 木造平屋建て 種別 リノベーション 場所 京都府向日市 設計 空間工房 用舎行蔵 竣工 平成30年4月 延床面積 59.58㎡
    >この施工事例を見る
商業施設
  • 2020年6月29日

    「エル・ラガール」~新築京町家~

    「エル・ラガール」~新築京町家~ 特徴 京都市中京区にスペイン料理店を営む住まい手さまの新築京町家が完成しました。 建物正面は黒漆喰仕上げの真壁の外壁で、千本格子、鎧張りの腰壁等木部は塗装しています。トーンを抑えた色味で、重厚感があり古い建物が多く残る二条城周辺の街並みにうまく溶け込んでいます。店舗部分は真壁で柱や壁を塗装し、天井は梁を現しにした大和天井になっています。スペインで特注、制作されたタイルをあちこちに使用されていて、どこか懐かしく、暖かさを感じる空間になりました。 構造 木造 種別 新築2階建 場所 京都市中京区 設計 合同会社ユニーズ・㈱竹内工務店 竣工 令和2年1月 延床面積 177.60㎡
    >この施工事例を見る
  • 2018年1月24日

    京都祇園宮川町「路地中ノ」

    京都祇園宮川町「路地中ノ」 特徴 京都祇園 宮川町の元お茶屋さん後の割烹料理店を和食・寿司のお店に改修しました。宮川筋の東、古いお茶屋さんが立ち並ぶ一角にあります。格子戸の入口を入り路地をイメージした通路をぬけると一階奥はカウンター席と厨房です。通路の壁は収納になっており扉は桐のけんどん建具になっています。奥のカウンターの天板は欅の一枚板です。床は様々な木の木口を敷き詰めたオリジナルの床に仕上がっています。坪庭と奥庭を新たに作り四季折々の植栽が来られるお客様をお迎えします。二階の東のお座敷は既存の折れ上げ天井、吊床をそのまま活かし聚楽壁を補修し襖の装いを新たにしました。西のお座敷はテーブルでも宴席を楽しめる空間になっています。以前は天井がはられていましたがそれを取り払い古いゴロンボを現し、天井を高くしました。北山磨き丸太や栃、サペリ、古い網代の壁など伝統的なものに加え、新しく無垢材を使用し、古いものと新しい材を交え楽しめる空間となりました。 構造 木造2階 種別 京町家改修 場所 京都市東山区 設計 MAE森田雄一朗 竣工 平成29年10月
    >この施工事例を見る
  • 2017年2月27日

    京都木材会館

    京都木材会館 特徴 平成26年度木造建築技術先導事業採択プロジェクトで木あらわし耐火部材によるラーメン構造(1,2階に適用)です。耐火上重要な柱は国内初となる2時間耐火部材を使用しています。中高層4階建て純木造建築を、京都の地域産材を使用し、京都の景観条例に適合する新しい京都の木造デザインが実現しました。 構造 木造(耐火構造)地上4階建 種別 新築 場所 京都市中京区 設計 株式会社ゆう建築設計事務所 施工 吉村建設工業株式会社 木工事 株式会社竹内工務店 竣工 H28年 延床面積 754.50㎡
    >この施工事例を見る
設計事務所
  • 2020年7月2日

    「北白川の家」

    「北白川の家」 特徴 京都市左京区北白川の閑静な住宅地に建つ瀟洒な外観をもつ新築住宅です。 中庭を取り囲むようなコの字型の建物で、廊下、リビングの大きな窓から庭の木々を眺めることができます。深い出の軒は強い日射を遮り、建物を雨や風から守る役割もあります。リビングはタイル張りの床に珪藻土入りの左官壁、家具はブラックチェリーで造作されています。寒い季節には薪ストーブに暖かな火が灯ります。 構造 木造2階建 種別 新築 場所 京都市左京区 設計 横内敏人建築設計事務所 竣工 令和2年3月 延床面積 192.77㎡
    >この施工事例を見る
  • 2020年6月2日

    「大山崎の家」

    「大山崎の家」 特徴 自然豊かな環境の住宅地に、ヒュッテを連想させる外観の木造新築住宅が完成しました。 外壁は焼き板の黒を基調とし、軒裏に赤い塗装でコントラストをつけています。 外断熱工法で建物の断熱性、気密性を高めることで、室内の温熱環境が快適に保たれています。 玄関から各個室、居間へと階段を下りていく設計になっており、吹抜けのあるリビングを中心に一体感のある空間。 内装の床材には無垢の栗フローリングを使用し、天井は杉板張りとなっています。 リビングには薪ストーブを設置し、大きな窓からは傾斜地ならではの眺望が広がります。 自然の好きな住まい手さまの想いがたくさん詰まったお住まいになりました。 構造 木造2階建 種別 新築 場所 京都府乙訓郡大山崎町 設計 株式会社西村設計工房 竣工 平成31年1月 延床面積 117.59㎡(1階:57.14㎡ 2階:60.45㎡)
    >この施工事例を見る
  • 2020年4月25日

    京都市 小さな平屋の新築工事

    京都市 小さな平屋の新築工事 特徴 京都市左京区ののどかな自然風景が残る地に小さな平屋のお住まいが完成しました。奈良県吉野産の自然乾燥の杉を主要構造材に外壁は焼杉板を使用しております。真壁の昔懐かしい木に囲まれたお住まいになりました。 構造 木造平屋建て 種別 新築 場所 京都市 設計 Ms建築設計事務所 竣工 令和1年11月 延床面積 59.50㎡
    >この施工事例を見る
木の仕事
  • 2020年7月13日

    こども園の木の塀 ~ヤマケン木の塀~

    こども園の木の塀 ~ヤマケン木の塀~ 特徴 京都市右京区にある「こども園ゆりかご」園庭を囲む木の塀です。 元々あったブロック塀を取り払い、京都府内産の木材を使用し製作しました。 柱には桧の角材、木の塀の板には厚みが35ミリある杉の足場板を使用しています。 塀の一部に子供たちの卒園製作として、絵を描いた様々な形の木片を貼り付けました。 地域の木材を使い、暖かみのある木の塀になりました。 こちらの木の塀は、平成30年度林野庁などが実施した「外構部の木質化(木塀・木柵)の支援事業」の助成金に対応しています。 ヤマケン木の塀の詳細はこちらです 場所 京都市右京区 設計 高橋勝、杉江崇、橋本華名 竣工 令和2年1月
    >この施工事例を見る
  • 2014年12月1日

    バスの駅~京都市域産材を使った市バスのバス停~(バス停工事)

    バスの駅~京都市域産材を使った市バスのバス停~(バス停工事) 特徴 京都市域産材を使用した京都市バスのバスの駅です。南太秦駅には北山丸太を使用し清水道は関西初の京都府内産材をCLT加工されたパネルが使用されています。京都市右京区役所内1階ロビーのバス待合は雲形ベンチの背もたれに北山丸太垂木を使用してます。 構造 木造 場所 京都市内各所 竣工 H26年(南太秦、清水道)H27年(京都市右京区役所)
    >この施工事例を見る

ジャンル別 施工事例

過去の様々な作品も下記の6項目のジャンルに分けて掲載しております。
各カテゴリをクリックすると、 詳細ページに進みます。