コラム一覧

再生可能エネルギーについて

再生可能エネルギーとは

「再生可能エネルギー」というの言葉を耳にした事はあるでしょうか。
あまり聞き慣れない言葉ですが、地球で生きる私たち人間にとってとても大切なものです。

再生可能エネルギーとは自然界に常に存在するエネルギーのことです。
石油や石炭、天然ガスといった化石燃料は限りのあるエネルギー資源です。
化石燃料は、現在主流となっているエネルギー源ですが、地球温暖化の原因と言われているCO2が排出されます。
地球温暖化の主な原因となっているのが「温室効果ガス」です。

その中でも石油や石灰など化石燃料(の燃焼)により排出されるCO2が地球温暖化に大きく影響していると言われています。
地球温暖化防止、そして地球環境を守るために最近では地球にやさしいエネルギーが注目されています。
それが「再生可能エネルギー」です。

限りある化石燃料とは違い、一度利用したとしても短期間での再生が可能。
繰り返し利用できるため資源が枯渇しないのが特徴です。
また、再生可能エネルギーと同じ意味合いで使われることのある「自然エネルギー」は、再生エネルギーの中の一部であります。

再生可能エネルギーの種類

再生可能エネルギーにはさまざまなものがありますが、代表的なものが以下になります。

水力
水力を利用して作ることのできる電力。
水力発電と言えばダムを連想するかと思いますが、最近では中小水力発電の建設が活発化しています。
川の流れを利用したり、上下水道を利用するものもあります。
風力
日本ではまだ馴染みがありませんが、風力発電はヨーロッパでは主流となっているものです。
日本において風力発電で知られているのが三重県の青山高原です。
今後日本においても風力発電の導入が進むことでしょう。
地熱
日本には活火山がたくさんあります。
そのため、地熱を利用した発電は昔から注目されてきました。
現在東北や九州を中心に地熱発電所が展開されています。
バイオマス
動植物から産まれた生物資源をバイオマスと言います。
木質系や肥料から採取するバイオガス等もあります。
この生物資源を活用し、燃焼したりガス化することで熱源として利用したり発電をします。
太陽光
現在最も馴染みのある再生可能エネルギーが太陽光発電ではないでしょうか。
太陽の光エネルギーを直接電気に変換するもので、一般家庭にも導入されています。

再生可能エネルギーの利用

現在日本における再生可能エネルギー比率は15%~18%だと言われています。
2012年7月から再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社(電気事業者)が買取ることのできる制度(FIT)が開始されました。
水力・風力・地熱・バイオマス・太陽光といった再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社に売却することにより、
電力会社は一般家庭や企業、工場、施設などへ電気を供給しています。
このシステムで馴染みがあるのが太陽光発電です。

個人が太陽光発電システムを導入し、電力会社に売却することは決して珍しくありません。
自宅屋根に取り付ける太陽光発電システムでは少々難しいかもしれませんが、
所有している土地などに太陽光発電システムを設置することで、売却可能な量の電気を発電することができます。

電気はとても大切なエネルギー資源です。
2011年に発生した東日本大震災をはじめ、各地で発生している大規模な地震の影響で、
電力会社の発電システムの稼動が不能になってしまったり、稼動していたとしても発電量が少ないなど電力不足が続いています。

特にエアコンを使用する夏場は電力不足になりがちです。
その不足分をまかなう事ができるのが再生可能エネルギーです。

再生可能エネルギーの今後の動向

再生可能エネルギーの導入はまだ十分とは言い難い状況です。
しかし地球環境問題においても、いつかは枯渇してしまう恐れのある化石燃料問題においても、今後再生可能エネルギーを主体で考えるべき時なのではないかと思います。
そこで考えるべきは再生可能エネルギーの今後の動向です。
日本は太陽光発電において世界トップクラス。
政府は2020年までに標準的な新築住宅を、政府が進めているエネルギー政策「ZEH(ゼッチ)」仕様にするために補助金を交付しています。
既に2012年から始まっており、これまで数多くの方々が補助金を受け取りました。
ZEHは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」のことで、家庭内において消費する電力エネルギーを、全て家庭内で作り出す家のことを指しています。
2020年までにZEHを標準化することが現在、そして今後の政府の目標です。
個人の省エネに対する意識が高くなりそれらが実行されエネルギーロスやエネルギーの省エネ化を始めとしてゴミ資源の利活用等がうまくなされれば、我々をとりまく環境も良い方向へ進んでゆきますね。

建築素材・土(左官壁塗り、版築)

版築とは

「版築(はんちく)」とは、中国式の土壇・土壁の築造法で、土をつき固めて建物の土壇や土壁を造る方法です。
古くは古墳時代から用いられていたもので、歴史ある築造法と言って良いでしょう。
京都・奈良には歴史ある寺院寺社が数多くあり、版築が採用されているものも結構あります。
代表的なのは奈良の法隆寺の築地塀です。

中国では、古代における都城・長城など大規模な工事で使用されてきました。
又、客家(ハッカ)の住居・円楼(円形集合住宅)等にも使われています。
日本では、家屋の壁や城郭の土塁に用いられてきました。

アジア圏だけでなく、西洋においても教会や民家などでも外壁に版築が用いられています。
京町家においても、仕上げにこだわった町家の壁には「版築壁」が施されている例もあります。
京都の老舗茶屋などでは、現在も版築壁が採用されています。
版築壁は濃淡の土や異質の土を使って色分けをすること等で、視覚的にも質感も豊かで古くて新しい仕上と言えます。

日干しレンガとレンガ

日干しレンガは、粘土を型に入れ,天日乾燥した建築材のことです。
決して新しいものではなく、歴史あるものと言っても過言ではありません。
古代メソポタミア、古代エジプトにおいても広く使用されてきたものです。
日射しが強く乾燥した気温の高い地域には日干しレンガが容易に作れます。
北米の原住民の家は、アドビーと言われる日干しレンガで住居(集合住宅)が作られています。

一般的なレンガは、粘土や泥を型に入れて窯などで焼き固めてつくられますが、
レンガは基本的に耐熱性能・蓄熱性能を持っています。
要は「夏は涼しく、冬はあたたかい」という性質です。
日本には歴史あるレンガ創りの倉庫が各地に残されています。
それはレンガ創りの倉庫は、年間を通じて室内温度を一定に保つことができるためです。

土を使った仕上 (各種) 三和土仕上げ、漆喰磨き仕上(各種色等も)

土壁は種類や配合によって、また、まったく同じ土であっても左官屋さんの仕上げ方によって、さまざまな表情を見せてくれるものです。
昔ながらの土壁を連想されている方は驚かれるとおもいますが、
いまや「これが土壁なのか」と驚くほどバリエーションが豊富なのです。

また、家屋の中で土を使った仕上げをするのが「土間」です。
古い民家では玄関をくぐると、居室との間に土足で歩ける空間がつくられていましたが、その空間が土間です。
現在では玄関がそれに該当します。

  • 三和土(タタキ)仕上げ
    土に石灰とに苦汁を混ぜ合わせ、叩いて固めて仕上げたものを「三和土仕上げ」と言います。
    日本では古くから民家の土間を中心に使用されてきました。
    最近ではセメントが建築材料の主流として使われていることから、三和土仕上げの土間を目にする機会が減ってきてしまいました。
    三和土は本来、土に石灰とに苦汁と3種類の原料を合わせるものです。
    三和土は、混ぜる土の色が仕上がりの色になります。
    着色が可能で、例えば黒色にしたい場合は粉炭を混ぜるのが一般的です。

  • 漆喰磨き仕上
    漆喰磨き仕上げとは漆喰を鏝(こて)で磨き続け、鏡面に仕上げる工法の事です。
    主に白い漆喰で施工されることが多いのですが、中には黒磨きや赤磨きなどもあります。
    漆喰磨き仕上げが施されたものは、表面強度が非常に強いものです。
    そのため、昔から外壁に用いられてきました。
    京都の歴史的建造物にも漆喰磨き仕上げが施された外壁が見られます。
    また、京町家においてもこの工法が使われているものもあり、まさに伝統工法とも言えるものです。
    海外でもこの工法の仕上は、あちこちで見うけられます。

新しい素材 珪藻土、シラス壁等

最近では建築素材として「珪藻土」や「シラス壁」など新しい素材が用いられています。
「珪藻土(けいそうど)」とは、珪藻の殻が化石になって積み重なって固くなった土のこと。
珪藻土は火に強い土であることから、これまで七輪・コンロ・耐火レンガなどに使われてきました。
最近では建材として内壁の仕上材として用いられています。
そして「シラス壁」とは、、火山噴出物 シラスを主原料とした建築材料のこと。
マグマが岩石となる前に粉末となった物質であり、養分を持たない原始的な土。
シラス壁は、吸放湿性能が優れていることや、消臭作用が高いこと、結露やカビの発生が少ないことから外装、内装壁材として用いられています。

木製窓サッシ、金属サッシ

(住まいにおける)外部建具の変遷

日本においてサッシと呼ばれるものは木製が主流でした。
木造住宅に木製窓は、当たり前の形であり、それ以上の素材のものはありませんでした。
しかし強度・水密性・気密性などの面で高性能なものが求められるようになり、町の建具屋さんで作られる木製窓は、現代の住宅にはあまり目にしなくなってしまいました。

昭和35年ごろになると、さまざまなメーカーがアルミサッシを製造するようになり、昭和39年から40年になると住宅用サッシの普及が始まりました。
40年代半ばにはほぼ住宅の中で工業製品としていち早く窓にアルミサッシが採用される事になってきました
アルミサッシは、木製窓サッシよりも機能性(一部)に優れていること、一般的に近代的なものがもてはやされる時代背景もあり多く使われることなりました。

現在もアルミサッシは住まいにおいて当たり前に取付けられています。
これまでに無かったおしゃれなデザインも増えており、洋風、和風、どちらにもマッチしたものが揃っています。
ただ、まだ残されている古民家や京町家には現在も木製サッシが使われています。
手直しをしながら使い続ける、昔ながらの木製サッシはどちらかと言うと「古いもの」ではなく、「どこか新しいもの」と感じられるのではないでしょうか。

窓サッシの形状(木、金属問わず)引戸、はめ殺し、開き戸(片,両)滑出し等

窓やサッシは、間取りに合った使い勝手の良いものを選ぶのが一般的です。
現在は素材やデザイン、性能を高めた豊富な商品が揃っているので、用途や機能そして空間に適したものを選ぶことが可能です。
ただ、サッシにはさまざまな種類があるので、実際に選ぶとなるとどれを選んで良いか迷ってしまいます。
そこで、ここではサッシの形状など種類を紹介したいと思います。

  • 引戸
    横に引いて開閉するのが引戸です。
    左右どちらからも開けられるもの、中心から左右に開けるもの、一方だけのものと主に3種類あります。

  • 滑り出し
    左右の溝に沿って動くものと上下の溝に沿って横に 滑り出すものの主に2種類あります。

  • 開き戸
    蝶番や軸金物などによって回転して開閉する戸で、片開きと両開きがあります。

  • はめ殺し
    FIX窓」とも呼ばれる、一般的に開閉することができないサッシのことです。
    採光を目的に、玄関のドア枠や階段ホールの天井窓などに設けられることが多いものです。

サッシには他にも幾つか種類がありますが、上記で紹介したものが代表的なものです。
住まいに使用されるサッシは、選び方によってお部屋の雰囲気に違いが出ますので、慎重に選ぶことが大切です。

(外部建具のいろいろ)木製サッシ、アルミサッシ、スチールサッシ等

外部建具の素材は主に以下のようなものがあります。

  • 木製サッシ
    昭和初期頃からあったのが木製サッシです。
    アルミサッシの登場により影を潜めていましたが、最近またその良さが見直され、新しい機能性に優れた製品が誕生しています。
    ペアガラスをはめ込み防火の対応した木製サッシも増えてきています。
    木製サッシは、地産地消でエネルギーをあまり使わずに制作できるのと、その木製の質感が大変良く特に欧州の住宅では数多く使われています。

  • アルミサッシ
    現在建物のサッシとして主流となっているのがアルミサッシです。
    耐候性、防火性に優れており、軽量のため開閉がとても楽です。
    但しアルミの型を作るのに大変なエネルギーを使っています。

  • スチールサッシ
    スチールサッシは住宅ではなく工場などの窓に採用されていました。
    耐火性に優れているのですが、耐候性が悪いことから徐々に少なくなってきてしまいました。

  • 樹脂製サッシ
    熱伝導が低く断熱性が高い特徴を持っているのが樹脂製サッシです。
    複層ガラスを使用した一体構造を取ることで高い断熱性を発揮することが可能です。
    そのため、最近では北海道など寒冷地の窓に採用されています。

  • 複合サッシ
    「アルミ+木」「アルミ+樹脂」のように、2つの素材を組み合わせているのが複合サッシです。
    外側には耐久性に優れた素材、室内には温もりを感じられる木製素材というように組み合わせるのが一般的です。

現在求められる性能

現在住まいに求められているサッシや建具は、利便性、断熱性、耐久性、防火性そして美観に優れているものです。
地球温暖化などの影響により、昔よりも夏は暑く、冬は寒いといった異常気象となっています。
そのことから、より性能に優れたものが求められているのです。
しかし、性能だけでなく、やはり美観や触観も大切です。

例えば、スペーサーと呼ばれる金属部材で、2枚のガラスの間に中空層を持たせたガラス「複層ガラス」を入れた建具は、
熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高め、冷暖房効果の低下や、結露の発生など、熱の移動によって、住まいの快適さを損なう様々な問題を解決に導いています。
このように性能に優れたサッシや建具を採用することで、エコロジーでより快適な住まいになるでしょう。

住まいの記憶を残す

古い建物には家族の生活の歴史がきざまれている

古い建物はただ単に古いだけでなく、そこに住んでいた家族の生活の歴史が刻まれているものです。
おじいちゃんおばあちゃんが若かった頃、お父さんお母さんがまだ新婚だった頃、
そして子供の成長過程での歴史など、家族の思い出とともに生活の歴史がきざまれています。
古い建物の中には、先祖代々受け継いできた長い歴史がある家もあるでしょう。

家が古くなったから建て替えたいけれど、家族の記録と記憶が多く詰まっている今の住まいを壊してしまうのはなんだか忍びない、
とそんな風に思っている方は少なくありません。
なかなか建て替えに踏み出せないという方が選ばれるのがリフォームです。
家を壊さずに、家族みんなが住みやすいように上手くリフォームする方は多いと思います。
しかし、古い家のリフォームは意外と費用がかかってしまう場合があります。
新築に建て替えてしまった方がコストが安く収まる場合もあります。
新しい建物を建てる時に、廻りの環境やその土地で全くの家族の記憶や歴史が無くなってしまうことが懸念されます。
しかし「住まいの歴史を残す」のは建て替えでも可能です。
「家族の生活の歴史を新たらしい家に残す」ことは、それは家族にとって思い入れのある家になることでしょう。

新しい建物に古い建物の記憶を残せないか

新築する家に古い建物の記憶や思い出を残すことはできないのだろうか、と考える方は多いのではないでしょうか。
家族の歴史が詰まった思い出の記憶は、古い家の隅々に残されています。
もちろん、全てを残すことは難しいのですが、一部だけでも古い家の記憶を残すことは可能です。

例えば「柱」はどうでしょう。
昔は子供の成長を柱に刻むのが一般的でした。
1年ごとに子供の身長を刻むことで、成長の記録を永遠に残すことができたものです。
もし古い家にそのようなものがあれば、残したいと思うのは当然のことです。
古い建物にはその場所に流れる時間が刻み込まれるので、仮に柱一つであっても十分な思い出になるものです。
また、古い建物の一部を新しい建物に残すことで、デザイン性も向上する可能性があります。
特に「和」を意識した和モダンな住宅を希望するのであれば、古い建物の一部を使用することで、家族にとってより素敵な住まいになるに違いありません。

意匠や素材、間取りであったり

古い整った町並に異質な意匠の建物が建てられていて、見ていて居心地の悪さを感じる事があります。
その場合も古いもの似合わせた伝統的な意匠や素材、色等が使われていれば落着きを感じます。

古い建物には良材が使用されている事が多いものです。
木造住宅の場合、柱の桧や床の地板など上質な木材が使用されていることが数多くあります。
何代にも渡って暮らしてきたお家を、ただ壊すのではなく、新築の住宅の一部に使う事で家族の大切な思い出を残すことができるのです。

【素材】

建具
建具には扉、引き戸などがあるかと思います。
使い込まれた扉は、新しい家に再利用することで、アンティーク調に仕上がります。
その際に扉に調和した床材を選ぶことで、新しいのに懐かしく、そして安心を感じられる家が完成するでしょう。
新しい家のアクセントとして古材の梁を採用する方は結構多いものです。
古い家に使われていた梁を使用することにより、家族が集まる空間が引き締まったものになるでしょう。

また、意匠や素材だけでなく平面として間取りを同じように作り上げるのもまた良いと思います。
慣れ親しんだ古い家と同じ間取りであったり、使い勝手も同じでれば、どこか安心感を得られるのではないでしょうか。

古い建物の一部を新しい建物に使う(住まいの記憶を残す方法)

古い建物の一部を新しい建物に使うことで、住まいの記憶を残すことができます。
ここでは、そんな住まいの記憶を残す方法を幾つか紹介したいと思います。

  • 扉を再利用
    存在感のある扉は、新築の家に再利用するのがおすすめです。
    使い込まれた扉を、新しい家に再利用することで、アンティーク調に仕上がります。
    古い建具はどちらかと言うとベニガラの濃色が多いと思います。
    その色にマッチしたフローリングを選択することで、安心を感じられる家が完成するでしょう。

  • 歴史ある梁を再利用
    家族が集うダイニングリビング。
    そこの天井にあえてむき出しの太鼓梁が鎮座するのは意外にも斬新で新鮮な空間ができあがります。
    勾配天井の空間に古い建物で使用していた太鼓梁が存在感と落着きをかもし出します。
    古い家に使われていた太鼓梁を使用することにより、家族が集まる空間を優しく包んでくれるでしょう。

  • 地板を再利用
    床の地板等は良材が使われている事が多いので、新しく用途で同じく洗面台の天板であるとか、玄関の地板に使うとか
    ニッチの棚板等と使う場所は、数多く考えられます。

  • 建具のガラスを再利用
    古い建物で使われていた建具のガラス。
    レトロな木組みのデザインならなお良いでしょう。
    それを新しい建物の室内の小窓等に使用することで、新しく、そして懐かしく感じる不思議な空間が完成します。

  • 屋根瓦を再利用
    屋根の瓦として使われていた瓦を外構の土間に木端建てで埋込み、見切り材として等使うのも一案です。
    新しさと古さが混在したものがあるのが、落着きとなじみをかもし出し建物の価値をあげます。

建築素材・竹

京都は竹の産地

京都は国内有数の竹の産地として有名です。
平安時代に中国からもたらされたと言われています。
竹はイネ科の植物で、4月中旬ごろから凄まじい速さで成長します。
ピーク時は1日に1メートル以上も伸びます。

京都の竹は品質が良いことで人気です。
山に囲まれた盆地のため、夏は蒸し暑く、冬は寒さが厳しい気候になることから引き締まった肉厚な竹になります。
発明王のエジソンが白熱電球を改良する時に、フィラメントの素材として八幡市男山の竹を使ったのは有名な話です。
京都に竹細工の工芸品が数多くみられるのも、京都が竹の産地であることが理由とされます。
竹本来の持ち味を生かしながら職人の手作業によって生み出される作品は、きめ細やかで美しいと定評があります。

また、観光名所としても京都の竹林は有名です。
嵯峨野の竹林の小径は風光明媚で数万本もの原生の竹を見ることができます。
夏は風でたゆたう竹の音に耳を傾け、竹林の影で涼む観光客でにぎわっています。
日向市の日向丘陵も竹林が見られる穴場です。

素材としての竹の特徴や使われ方

竹は世界で1300種類、国内だけでも600以上もの種類があると言われています。
素材としての竹は強靭で弾力性があります。
曲げたときの強度もあり、古くから釣り竿などにも使われてきました。
竹は乾燥による伸縮がほとんどありません。
成長するスピードも速いことから、木に代わる建材としても期待されていましたが、竹には弱点があります。

竹は繊維方向に割れやすく、節に強い力が加わると壊れてしまうので、加重がかかる建材には向いていません。
虫害を受けやすい素材でもあり、虫がつかないように収穫時期を工夫したり、防虫加工を施す必要があります。
日本でよくみられる竹の品種にはしぼちく、ほていちく、きっこうちく、しかくだけ、うんもんちく、まだけなどがあります。
産地によって採れる竹の種類は異なり、使用用途も変わってきます。

竹は十分に乾燥させると強固で柔軟な素材として用いることができます。
伐採の時期によって耐久性に違いが見られ、水分を多く含むと耐久性が乏しくなるため、晩秋から冬にかけての竹が有用です。
竹の使用用途は様々で、建築材の他にかご、提灯、玩具などの竹細工に使われます。
繊維質を利用した竹紙や竹酢液、竹炭などの加工品にも利用できて万能です。

建築素材としての竹

建築素材として竹は縄文時代から長く使われてきました。
竹は身近で手に入りやすく、成長のスピードも速いため不足の心配がありません。
塗り壁としての素地、竹のコンクリート、床材、すだれ、竹垣など幅広い利用方法があります。
建築材に自然素材を多く取り入れてきた頃は、竹は重要な役割を果たしてきました。
塗り壁の素地(壁下地の竹小舞)は現在和風建築の一部(伝統的建築)で使われています。
竹のコンクリートは、鉄筋コンクリートの素材である鉄が不足していた頃、鉄筋の代用品として用いられていました。
明治維新により新しい建築技術が流入し、建築素材もガラス、鉄、コンクリートが主要になってからは竹が素材として使われることは減っています。

海外では竹を建築材として使用している国があります。
インドネシアのバリ島のグリーンヴィレッジでは、自然と調和するように建物を全て竹で作っています。
椅子や机、家具などありとあらゆるものが竹でできていて、基礎部分だけは石ですが外装・内装ともに竹製です。
建材として使えない部分は紙や燃料として利用されるので、持て余す部分がないエコな素材として竹は注目されています。
中国や台湾、東南アジアでは高層ビルの建築現場の足場として竹が用いられ、世界でも竹は欠かせない存在です。

住まいの中の竹(の使われ方)

現在、建築材として合成木材や人工木材が多く使われるようになっています。
しかし一般的な住宅では自然素材を用いる場合は、無垢材の木を用いることが大半です。
耐久性の問題もあり、建物の主要な構造部分で竹を使用することはほとんどなくなりました。
それでも竹の美しい光沢と独特の外観は他の素材には取って代われない素晴らしさがあり、竹は和風建築の素材として今でも広く用いられています。

竹は主に建具やフローリング、壁などに使われています。
乾燥による伸縮が少ないため、建具を竹で作ると頑丈でズレがなく、シックでモダンな印象です。
また、竹は熱伝導性に優れていることからフローリング材としても人気があります。
竹には消臭殺菌効果もあるため、人工建材によるアレルギーやシックハック症候群などの弊害が気になる方には取り入れたい素材です。

家具の素材としても竹は人気があります。
棚、机、椅子などの大物家具や手提げかご、ざるなどの小物にも竹は使われます。
竹製品は物持ちが良く、手入れをすることで何十年でも使うことができて便利です。
しかし、この優れた素材が建築においても新しい使われ方がなされる事を願っています。