新築・京町家
リノベーション 住み継ぐ家へ ~町家 古民家 再生~
モダンな木の注文住宅
空間を楽しむ木の家
店舗
注文住宅・和モダンな木の家
木を楽しむ住まい~リノベーション~
注文住宅 数奇屋造り
北山杉を内装に使う
和の文化を大切にした住まい

ご挨拶

私たちは創業明治42年以来、地域の住まいづくりを仕事として お客様に喜ばれる家づくりを実践してまいりました。 地域の風土や歴史あるものの中で人も住まいも育まれます。 造り手(職人)の顔の見える木の家づくり、素材を選び、手の仕事を大事にして、 お客様とともにつくる住まいをつくり続けていきたいと思っております。 株式会社 竹内工務店 代表取締役 竹内明

はじめに

竹内工務店のHPにお越しいただきありがとうございます。 私達は地域に根ざした住まいをつくり続けています。 「京の木で家づくり」を合い言葉に、地元の林業家を仲間に加えて、家のつくり手の顔が見える注文住宅・木の住まいづくりを行っています。

また、活動の一環として、山の植林や、地元産材を使った木工教室等を継続して開催しています。 これらの活動は、一般の方には身近にありながらも遠い存在である木をもっとよく知っていただき、材料として使ってもらいたいということに他なりません。 このような活動が山に還元されれば、子ども達のために手入れの行き届いた良材の山を残す事につながると信じています。 そしてまた、自然の中の木-無垢材-を使った木の家の住み心地の良さを肌で触れて感じてもらいたいと思っております。 -住まう人が時を経ても住み継げる家づくり- そのような住まいづくりのお手伝いをしていきたいと望んでいます。

はじめにイメージ

住まいづくり

注文建築ひとすじの竹内工務店です。 地域の住まいづくりの担い手として、お客様に喜ばれる家づくりを実践してきました。 歴史ある京都で、これからもより良い住まいをつくり続けてまいります。

竹内工務店のこだわり

創業以来、木材の集積地である京都・嵯峨で地域の皆様とともに歩んできた工務店です。 注文住宅を主に、京都の木を使った木の家・住まいをつくり続けています。 自然の風や光を住まいに取込み、機能的には合理性と和のこころをしつらえに活かしたプランを提案しています。 室内においては梁などの構造的な意匠を見せた勾配天井(空間の豊かさや変化を楽しむ仕掛け)もお勧めしています。 京町家の持つ合理的(エコ)な部分を範として省エネ(省コスト)を目指し、 外観においては軒の出の深さや外壁の色など伝統的な装飾(ディテールの踏襲)なども町並みに溶け込むような建物が最良だと考えています。 「木の家」とは、木の持つ素材をいかし適材適所に見合う材を使い、それに合う 素材を選び漆喰や珪藻土、エコクロスなどを内装として仕上げています。 弊社のこれらの家を「木楽の家」と名付けました。 設備においては、無垢の木の壁や天井の浴室、オリジナルのキッチンや、オリジナルの洗面カウンターなどのご要望の方が増えています。 このような「注文住宅」ならではの施主様のこだわりの部分にも竹内工務店では対応させていただいております。 もちろんこれらの住まいづくりは、職人の心意気と手技が必要である事は言うまでもありません。

木へのこだわり

木に関してのこだわりは、杉や桧などの針葉樹は造作材や床、壁、天井の内装材に使い、広葉樹は敷台や床材として、 また、造り付けの家具として建物に組込み、その他無垢の広葉樹で住まいに合う家具をということで、材を選び自社の大工職人が造っています。 注文住宅ならではの様々な無垢の木の使い方をご提案させていただいております。そしてこれらは自社倉庫内の数多くのストック材の中から施主様の好みの材を選んでいただき制作しております。 弊社の造る木の家に必要なものとして値段も手頃に設定しています。 これらの無垢の材は時を経るごとに住まいに厚みや風合いをかもし出し心地よさを与えてくれます。 住まいの建替えの時に、床の間の地板であったケヤキ材を残して新しい住まいの一部に使ってほしいとの施主様の要望で玄関の地板に使った時に、古材の持つ侘びた趣が 新しい住まいの中で溶け込みなじんでいる(風合いを増している)のを見つけました。 町家のリノベーションにおいてもその建物の持つ歴史や古さが見直されています。 そして今、京町家の建物・空間や意匠、使われている材等がビンテージとして再認識されつつあります。 昔から木造の建築物の材は、移築はもちろんの事、違った建物に、違った部位に使う等使い廻しがなされてきました。 特に古いものの価値を見極め、活かして使い廻す(再利用)これは京都人の合理的な生活の知恵です。
木へのこだわり イメージ画像1 木へのこだわり イメージ画像2
また、一方で京都は伝統的なものを継承しつつも、革新的なものを創り受け入れる風土があります。 京都においては歴史的に数多くの文化財があり、まだ京町家も数多く残っています。 我々も京都の工務店としての意識を持ち、古いものを大切にして次世代に引継ぐ仕事をするとともに、 一方では地域産木材の消費を拡大する為につくられている集成材やCLTを使った新しい木造建築の建設や、 地域材の間伐材を使ったペレット等を取り扱う等、新しい試みや実践をし、そしてさらなる挑戦をしてまいります。
木へのこだわり イメージ画像3

京の家

京に住む(家)

家づくりは、従来から地域の気候風土にあったものとして作られてきました。 地域の職人の手によって、身近にある材料を使って様式に従い(従来の京町家や民家は)作られています。 先人からの知恵を受継ぎ(伝えられ)建てられています。 新しい京の家はそれらの利点を踏襲し、 現代の生活に合う機能を持つものとして長年にわたって住みつなげる家としてつくられるべきだと思います。

京の町並への配慮

町並みは、屋根や建物の形態や素材、色等の整いが美しさをひきたてます。 京の町並には、いぶし瓦の平入の瓦の軒が連なった整った美しさがあります。 そのような廻りにも配慮された京の町並に住む事は心地良いです。

古い建物をいかす

歴史ある京都に残る京町家は、おおよそ45,000軒これらが現在、京都の財産となっています。 京町家の古さが価値となり、古さをいかす事が必要とされています。 京町家を始め古い建物を住みやすく(リノベーションし、)安心して次世代に住み継げるようにすること。 私たちは地域に根ざす工務店としてそのような家づくりを通して皆様のお役に立ちたいと思っています。

施工事例

注文住宅・建築を数多く手がけてきた施工事例集です。 木造住宅を基本に、RC造建築などコンクリートの素材をいかした建築にも実績があります。 各カテゴリをクリックすると、 詳細ページに進みます。

施工事例イメージ

新着施工事例

  • 2018年2月8日

    音羽の家 ~地松を使った二世帯住宅~

    音羽の家 ~地松を使った二世帯住宅 特徴 京都市山科区、旧東海道を少し入った古い民家が残る地域にある新築のお住まいです。ご家族が増えられるということで二世帯住宅に建替えをされました。1階、2階で「親世帯」「子世帯」が住み分けるプランになっています。以前のお住まいがあった時から大切に手入れされたお庭に調和した和の外観。もともとのお住まいの構造材に地松をご使用されていたこともあり、新築でも地松(島根県産材)を梁や桁等に使用しました。玄関は2世帯が一緒に使用できるようホールもいれて8帖程あり、大容量のシュークローゼットも併設しました。1階のリビングは大家族で一緒に食事ができるように23帖と広い空間にしました。和室には、お婆様が日向ぼっこできるよう、以前のお住まいより広い縁側を設けました。2階リビングは勾配天井を活かしたダイナミックな空間になっています。家事動線を考慮し、キッチン、洗濯室、収納、サンルームは回遊できるようプランニングしました。 構造 木造2階建 種別 新築 場所 京都市山科区 設計 自社設計 竣工 平成29年3月 延床面積 245.01㎡
    >この施工事例を見る
  • 2018年1月29日

    上七軒の家

    上七軒の家 特徴 西陣の古い京町家が多く残る京都市上京区北野天満宮近く、上七軒にある新築のお住まいです。古い京町家の町並に溶け込むよう道路沿い正面の外壁は漆喰塗りと千本格子を、腰壁は鎧貼りで仕上げています。内部はうなぎの寝床の細長い建物に自然の光りがたくさん入るようにトップライトと中庭を設けています。玄関の特注のステンドグラスの引分戸を開けると、吹抜けの空間になっており、カウンター席でゆっくり過ごせるスペースになっています。お座敷の床の間は床柱に北山磨き丸太を、床框には北山桧を使用し、天井、壁は漆和紙で仕上げています。モザイクタイルを使ったオリジナルキッチンと洗面台は町家の内装の雰囲気に溶け込んでいます。2階へと繋がる階段は京町家で昔からよく使われてきた箱階段を造作で製作しました。二階は梁を現しに天井を高くしました。6帖程の空間ですが、広く感じられます。伝統を考慮し現代の住まいとしても心地良い空間となりました。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 京都市上京区 設計 株式会社 クカニア 竣工 平成28年4月 延床面積 111.20㎡ (1階:67.76㎡ 2階:43.44㎡)
    >この施工事例を見る
  • 2018年1月24日

    京都祇園宮川町「路地中ノ」

    京都祇園宮川町「路地中ノ」 特徴 京都祇園 宮川町の元お茶屋さん後の割烹料理店を和食・寿司のお店に改修しました。宮川筋の東、古いお茶屋さんが立ち並ぶ一角にあります。格子戸の入口を入り路地をイメージした通路をぬけると一階奥はカウンター席と厨房です。通路の壁は収納になっており扉は桐のけんどん建具になっています。奥のカウンターの天板は欅の一枚板です。床は様々な木の木口を敷き詰めたオリジナルの床に仕上がっています。坪庭と奥庭を新たに作り四季折々の植栽が来られるお客様をお迎えします。二階の東のお座敷は既存の折れ上げ天井、吊床をそのまま活かし聚楽壁を補修し襖の装いを新たにしました。西のお座敷はテーブルでも宴席を楽しめる空間になっています。以前は天井がはられていましたがそれを取り払い古いゴロンボを現し、天井を高くしました。北山磨き丸太や栃、サペリ、古い網代の壁など伝統的なものに加え、新しく無垢材を使用し、古いものと新しい材を交え楽しめる空間となりました。 構造 木造2階 種別 京町家改修 場所 京都市東山区 設計 MAE森田雄一朗 竣工 平成29年10月
    >この施工事例を見る