再生・リノベーション一覧

向日市N邸「蔵の家」リノベーション

外観
特徴
向日市の幹線道から少し外れた旧道にある土壁を漆喰で仕上げた歴史のある建物。先祖代々大切に、現在まで住み継がれています。家族が増え、成長していくにつれ部屋数が必要になってきました。そこで今回、農機具小屋として使用していた蔵を居室へとリノベーション。蔵は母屋と調和の取れた土壁の建物。外観、躯体はそのまま活かし、床は防湿処理の上、断熱し、使いやすい洋間に改修しました。小屋裏空間にはロフトを配置し、元々あった梁は現しにしています。壁面、屋根面に開口を設け、蔵の中に光を取り入れました。新しく玄関やトイレも配置し、快適な住空間に生まれ変わりました。
構造
木造平屋建て
種別
リノベーション
場所
京都府向日市
設計
空間工房 用舎行蔵
竣工
平成30年4月
延床面積
59.58㎡
玄関 部屋 部屋2 ロフト 部屋3 部屋4 トイレ 廊下 外部格子

嵐山の家 ~木造住宅のリノベーション~

リビング3
特徴
嵐山の住宅街にある木造2階建てのリノベーションです。建物内部は大部分を解体し、階段、吹抜け、リビング、水廻りの位置も新たに生まれ変わりました。リビングは南と東から太陽光が入る位置に配置し、吹抜けを設けました。サッシはペアガラスに入れ替え、断熱材も新たに充填、リビングと洗面脱衣室には床暖房が入っています。各部屋に収納を配置し、造作家具も製作しています。オリジナルの造作キッチンは、シンクと一体のステンレス天板から製作しました。使い勝手を考慮しシンク内を2段にし、食洗器をシンク下に配置しています。内装材にはクリ、杉、桧をメインに使用し、家具など木部の塗装は柿渋塗り、自然素材の柔らかさを活かしたリノベーションになりました。
構造
木造2階建て
種別
リノベーション
場所
京都市西京区
設計
1級建築士事務所 nekko
竣工
平成30年2月
延床面積
118.09㎡(1階:63.87㎡ 2階:54.22㎡)
リビング5 吹抜け2 キッチンカウンター 造作キッチン 2階部屋 2階アール部屋 玄関2 洗面室 トイレ 外観2

京都祇園宮川町「路地中ノ」

外観 夜
特徴
京都祇園 宮川町の元お茶屋さん後の割烹料理店を和食・寿司のお店に改修しました。宮川筋の東、古いお茶屋さんが立ち並ぶ一角にあります。格子戸の入口を入り路地をイメージした通路をぬけると一階奥はカウンター席と厨房です。通路の壁は収納になっており扉は桐のけんどん建具になっています。奥のカウンターの天板は欅の一枚板です。床は様々な木の木口を敷き詰めたオリジナルの床に仕上がっています。坪庭と奥庭を新たに作り四季折々の植栽が来られるお客様をお迎えします。二階の東のお座敷は既存の折れ上げ天井、吊床をそのまま活かし聚楽壁を補修し襖の装いを新たにしました。西のお座敷はテーブルでも宴席を楽しめる空間になっています。以前は天井がはられていましたがそれを取り払い古いゴロンボを現し、天井を高くしました。北山磨き丸太や栃、サペリ、古い網代の壁など伝統的なものに加え、新しく無垢材を使用し、古いものと新しい材を交え楽しめる空間となりました。
構造
木造2階
種別
京町家改修
場所
京都市東山区
設計
MAE森田雄一朗
竣工
平成29年10月
玄関斜め出格子玄関路地中庭カウンター席カウンタースペース2階お座敷和のお座敷聚楽壁坪庭入口

中京区M邸

リビング
特徴
築39年の鉄骨造3階建ての元店舗として使われていた建物を今回あらたに住宅としてリノベーションしました。無機質なテナントビルが木に包まれた暖かい空間に生まれかわりました。意匠的、機能性の向上と同時に、断熱改修と日射対策を行い、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるように考えられています。断熱改修としては、既存の窓にインナーサッシのペアガラスを取り付けています。元は断熱材が入っていない建物でしたが、壁全体に断熱材を充填しています。内装の木部には様々な国産材(スギ、ヒノキ、ナラ、カバ、トチ)を使用しています。リビング部分造作家具はヒノキの集成材を使って、キッチン、ダイニングテーブル、ライティングデスク、ベンチ、ローボードと一続きの家具として、LDKの大空間に合わせてデザインされています
構造
鉄骨造3F建て
種別
リノベーション
場所
京都市中京区
設計
A.C.E.波多野一級建築士事務所
竣工
平成29年
延床面積
163.63㎡
リビング2 キッチン 寝室 和室 洗面 玄関 トイレ

宮川町の京町家 ~ゲストハウス~

外観サイズ修正後
特徴
長年居住されていた京町家を改修し、ゲストハウスにリノベーションする工事を行いました。元の古い京町家の形を踏襲し、京町家の良さを残しつつ、新たに丸い飾り窓や、千本格子の建具などを新しく設え風情が増しています。建物を骨組みを除き解体し、構造的に弱い部分は補強を行い、断熱材を充填、断熱性能も高めています。内装も京町家の雰囲気を損なわないよう古建具や欄間等、随所に和の素材を取り入れています。 京都の北山丸太、式台には桜の無垢板等、木の質感を楽しめる素材も使用しています。2階和室部分は解体後に現れた、既存のゴロンボをあらわし、居住空間を広くとるため勾配天井としています。
構造
木造2階
種別
京町家リノベーション
場所
京都市東山区
設計
自社設計
竣工
平成29年
玄関飾り棚玄関アフター内部2アフター内部2階洗面