モデルフォレストについて

戦後高度成長期の樹木伐採により、森林破壊が問題となっていることは周知の事実です。
日本含めて世界では地球環境の保護のために、森林を取り戻すことが大きな課題となっています。
そんな環境保全の活動の一環としておこなわれているのが、『モデルフォレスト』です。
モデルフォレストとは持続的に共存を目指して、地域ぐるみでその森林を守りながら活用していこうという取り組みです。

日本のなかでは京都がモデルフォレスト運動を推進している地域です。
京都の森林を守るために、森林関係位の団体だけでなく企業や大学とも協力してモデルフォレスト運動をおこなっています。
平成17年には『豊かな緑を守る条例』が制定され、平成18年にはモデルフォレスト運動の推進主体となる『社団法人モデルフォレスト協会』が設立されました。

京都府は75%を森林が占めています。
これ以上森林を減らさないためにも、京都の森を守り育てる運動をおこなっているのが『社団法人モデルフォレスト』です。
森林を守り育てることにより、地球温暖化防止や生物多様性の保全に繋がります。
社団法人モデルフォレストは、個人や企業、ボランティア団体などと力を合わせて京都の森を守り育てる取り組みおこなっています。

又、京都の企業などからの寄付金『森林づくり基金』を設置し、京都府内の各地で森林づくりを推進しています。
具体的な森林活動の場をあらかじめ提示し、各企業が森林づくり活動をおこなったり、京の山で育った森林資源の活用として間伐材を内装に使用したりと、地元企業と
連携し活動しています。
京都の山で育った木材を使用することにより、地域活性化や地球温暖化防止に繋がることから、京都府では他にも京都府産木材認証制度『ウッドマイレージCO2認証制度』を設けています。

当社は京都で創業した工務店です。
創業以来、今日まで京都の皆様の家や建物の建築を担ってきました。
今も地域産木材(京の木)を使ってもらって地元の山を元気にしたいと思い、植林を始め親子木工教室、木育、住育の小学校への出前授業等、
一般の方への木づかいのPR等々いろんな取組みや活動をしています。
そして、京都の山や森を皆さんと一緒に守り育てていきたいと思っています。