杣人工房について

杣人工房が誕生

京都では京北地区が京都市・右京区に編入されたことにより、京都市が抱える山が増えたことにより
「森と里山との共生・木のある暮らし」を提案・普及する事業「京の山 杣人工房事業」が策定され
これを基に「京の山 杣人工房」が平成17年から各行政区で順次設立されました。

「杣人(そまびと)」とは、一般的には木こりのことですが、ここでは山や木に対し優れた知識を持ち、
その知識から山の木を伐り生活の糧にする人々のことを指しています。
つまり昔から山や里山を守って生きてきた人々に対する尊敬の意味を含めた言葉です。
そんな杣人工房は現在、各行政区に一工房づつ設けられ、現在合計で10工房となっています。
この各工房では京都市内産木材の需要を拡大するとともに、京都市の森林・林業の活性化を図っています。

杣人工房 嵯峨木のこゝろ「風」と活動1

京都市右京区嵯峨釈迦堂門前瀬戸川町に杣人工房『嵯峨木のこゝろ「風」』があります。
こちらは京都市域産の木材、北山杉を生かした手造りの注文住宅を作っている工務店です。
北山杉を生かした住宅は、自然が住まいの中に溢れるとても暖かみのあるものです。
そんな嵯峨木のこゝろ「風」は住宅作りだけでなく、木の魅力を伝えるためのさまざまな取り組みをおこなっています。
その中の一つが子供達に木の魅力を伝える「木育」です。(「住育」もですが)
木育は新しい教育方法として注目されているものであり、北海道が主導して始められました。
子供の五感に働きかける木のおもちゃは、感情豊かな心の発達を促します。
自分が生まれ育っている京の山で育った北山杉に触れながら、心身ともに成長することができると好評です。

活動2

京都市右京区の杣人工房 嵯峨木のこゝろ「風」では、木育以外に他の活動もおこなっています。
「住育」もその一つです。さまざまな木の特性を比較し、それを体感できるようにと作られたのが工務店1階にある工房です。
木の素材を存分に活かした家具や椅子もあり、京都の山で育った北山杉のベンチもあり木の良さを体感できます。
それは子供だけでなく、大人も楽しめる空間であり、無垢材の良さを改めて感じることができるでしょう。
その工房がきっかけとなり、嵯峨木のこゝろ「風」で地域産の杉を使った住宅を建てた方もいらっしゃるようです。
京都市が掲げたこの事業が、京都で住まれ生活をされている方達に少しは地産地消の推進という影響を与えているのではないでしょうか。

これからの杣人工房事業は山と町を結ぶこと

京都市の各行政区に一工房づつ設営されている杣人工房。
この杣人工房のメンバーたちは「町」をベースに「山」の情報を一般の人達に発信しています。
山での植林活動もそうですし、京都・木と山の写真コンテストもそうです。

これまで山はどこか町とはかけ離れた自然の中のものとのイメージが強かったのですが、
これらの事業により人々が生きる町と山の距離感が近くなったのは事実です。
これからの未来を担う子供達に山の大切さ、木の良さを伝えること。
そして山や自然が私たちの生活にとってどのように関わっているかを知ってもらえるきっかけになればと思っています。
そういう意味でも、これからの杣人工房はこれまで以上に山と町を結ぶことが期待されています。