住まいとエコロジー

エコロジーとは

最近よく耳にする「エコロジー」という言葉の意味をご存知でしょうか。
本来エコロジーとは生態学との意味なのですが、現在は「自然環境を保護しながら人の生活と自然との共存を目指す」という意味で使用されています。
現在地球温暖化が問題視されている中で、エコロジーを念頭に置いた住まいづくりはまさに理にかなうものです。
京都府や京都市では地元産の木材を使用したエコロジー住宅を推奨しています。
エコロジー住宅は決して贅沢なものではありません。
自然環境を守りながら自然の力を最大限使用するものです。
太陽の光、通風、地熱など偉大な自然の力を住まいに取り入れることで、より豊かな暮らしができるのです。

住まいにとってのエコは

自然環境を考えた(自然に順応した)住まい、それが「住まいにとってのエコ」です。
ただ、自然環境だけを考えてしまうと住みにくい家となってしまうので、人にとっても快適な住環境であることも大切です。
省エネ性に優れていること、そして自然の力を最大限に生かしていることがエコ住宅ではないでしょうか。

京都市では環境に配慮した住まいを推奨しています。
当社でもエコを最大限に考えた住まいのあり方をご提案しています。
住まいにとってのエコは今後人の暮らしにとって最も大きな課題になるのではないかと考えています。

自然重視+設備機器

「自然と共に暮らしていく」それが自然環境と向き合いながら生きていくことではないでしょうか。
エコ住宅と言うとソーラーパネル付き屋根住宅など、人工的な機械に頼る住まいを想像する方は少なくありません。
高度な技術により、そういったさまざまな機械や材料が開発されてきました。
まず自然をいかしその上で足りない部分は設備や機器で補うという形がいいと思います。
なるべく環境に負担をかけない住まい、
そして自然と人とが助け合いながら生きてゆくこと、それが本当の目指すべき形ではないかと思います。

これから必要とされる住まいのエコとは

これまでは機械に頼る省エネ住宅が一般的でした。
しかしこれからはそうではなく、人が自然環境に合わせる住まいであることが必要です。
光をなるべく取り入れ風通しの良い間取りにすることや、地元の木材で家を建てることなど機械に頼らずともできるエコでもあります。
また、そういったエコ住宅ならば余計なメンテナスやランニングコストも少なくてすみ、自然だけでなく暮らす人にとっても利点があります。
これから必要とされるのは、自然にとっても人にとってもエコであることではないでしょうか。
それを私たち竹内工務店は「住まいづくり」を通して、皆様と考え実行していきたいと思っています。