京町家とゲストハウス(民泊)

京町家がなぜ民泊として人気があるのか

京町家のゲストハウス(民泊)が京都での宿泊先の一つとして高い人気を誇っています。
京都では京町家の活用の一例としてリノベーションして宿として営業する所が増えていいます。
日本国内だけでなく、海外からの観光客にも人気がある京町家のゲストハウス。
1日一組限定の貸切宿として利用されている京町家は京都市内に現在29棟(11月20日現在)点在しています。

日本の伝統的な家屋に宿泊できる、予算に合わせて利用できること、そして大人数での利用も可能なことが人気の理由なのではないでしょうか。
ホテルや旅館とは違い、門限もありませんし、家族や仲間だけでのんびりと過ごせる京町家のゲストハウスはこれからも人気が衰えることはないでしょう。

旅行者が京都に求めているもの 京都の文化を身近に感じたい

京都は日本一の観光地として連日世界中から観光客が訪れています。
日本の歴史や伝統文化、身近に感じることができるのが古都京都です。
伝統を重んじる京都の人々が、それらを今日までしっかり守り続けているからです。

また、京都には歴史的建造物が数多く点在しており、その中には世界遺産に登録されているものもあります。
そんな京都に旅行者が求めているものは、やはり京都独自の伝統文化を身近に感じることではないでしょうか。
道を歩くだけでも京都の文化に触れることができるのは、旅行者にとって嬉しいものだと思います。
祇園を歩けば舞妓さんに出逢う可能性もあり、どこに行っても古さと新しさを備えた町として京都の良さを感じずにはいられません。

京町家のゲストハウスの特徴

京町家のゲストハウスの大きな特徴は、時を経た建築やしつらえをその建物の中に見つける事ができ、そこに肌で京都の風情を感じることができることです。
機能的なホテルや旅館にはない魅力がたくさんあります。

ただ、古い京町家を利用しているため、空調や防音は完璧ではありません。
京町家のゲストハウスは数多くあるので、それぞれに特徴があります。
地域性や、利便性により、賑やかな雰囲気のところ、そして静かな雰囲気のところなどがあります。
基本的に宿泊費用は安めに設定されていますが、中には高級なゲストハウスもあるので、予算と好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

京町家とゲストハウスの活用例

京町家は今日、活用用途が多くて需要が高まってきています。
京町家に住みたいと思っている人、ゲストハウスや商業施設として使用したいと思っている人が多いと言えるでしょう。

比較的観光客の多い地域にある京町家は、改装してカフェや物販店、レストラン、そしてゲストハウスなどに利用されています。
もちろん、リノベーションして住まいとして利用している方もいらっしゃいます。

ゲストハウスは基本的に宿泊が目的の場ではありますが、京町家は他にも企業に施設(研修所)学校の教育施設などとして数多く活用されています。