(現場ブログ)京都市 大塚の家

昨年の夏から現場を進めてまいりました大塚の家が完成し1月にお引き渡しをしました。

和室の床は京都府産のヒノキを使用しています。床柱は北山杉です。


御家族皆様が集まるリビングダイニングの床は広葉樹の栗を使用しています。

ブログ1

対面式のキッチンには無垢板のカウンタを付け皆様で楽しみながら料理をしていただけます。

ブログ6以前ブログで加工する前の材料選びの際にお施主様に見ていただきたチェリーのPCデスクです。

 

北山丸太を色々なところに使用しています。

 

こちらの住まいて様は一昨年秋に弊社で開催しました地域産材を使ったお住まいづくりのセミナーにご参加下さったのがご縁でお仕事をさせていただきました。その後色々な御話をさせていただく中で、自分が建てる家の材料(特に木材)も野菜などと一緒で産地や履歴が分かる材料を使われたいといことをお話いただきました。北山丸太をお施主様と一緒に見に行き、(その際のブログはこちらを)山の方から御話を聞いたり、私も一緒に地域材を使った住まいづくりについて色々と勉強したり改めて色々と考えさせられることなどもありました。お引き渡しの際には充実した家づくりを一緒にできて良かったですとお言葉を頂戴し監督共々大変嬉しく思いました。この先もメンテナンス始め末永く宜しくお願い致します。