築29年の住宅リノベーション工事

境界線ぼかした外観

築29年の住宅のリノベーション工事の現場です。

内部を解体し、間仕切り壁、水回りの位置、間取りも大きく変えるリノベーション工事です。

元玄関ホール
元は玄関ホールにあった吹き抜け上部に天井と2階床を新設。

吹き抜け
リビング部分に階段と吹き抜けをあらたに作り、明るく解放感のある空間にしていきます。

既存断熱材は柱間にグラスウールがあったが、隙間が大きく有効な断熱効果が得られない。壁の断熱材は交換し断熱性能を高めていきます。
床暖房も新設予定なので、床下もしっかりと断熱していきます。

地域散在
内装には地域産材の杉等を使用する予定です。

新たな間取りの空間が完成するのが楽しみな現場です。