オーガニックな食べ物と住まい

オーガニックな食べ物と住まい

衣・食・住は、人間にとって生活の基であると共に
人が健康的な日々を過ごすためにもっとも重要な点だと言えるでしょう。
今まで衣・食・住にはまったくこだわりがなかったという方も、
環境を指標とした基準をもち、意識をして物を選ぶようにすると、
生活の質が変わり、豊かさを感じて過ごせるようになるかもしれません。
今回は、生活の質を考えるためにおすすめのオーガニックな食べ物と住まいに関してのお話です。

●オーガニックとは

オーガニックという言葉を聞かれたいたことがあるとおもいますが、
これは有機栽培という意味で、化学的に作られた肥料や農薬・遺伝子組み換え技術は使わずに、
環境への負荷をできる限り少なくした環境に優しい栽培方法のことです。

ただ単に食べ物についての安全性を高めるというものではなく、
自然と人間が共存共栄するために、
ナチュラルな自然環境作りを目標としているのがオーガニックの特徴です。

●オーガニックな食べ物とは

オーガニックな野菜やコーヒー、有機米、有機醤油などの
身近にあるオーガニックな食べ物は、どのようにして作られているのでしょうか。

日本では、オーガニックな食べ物については、
農林水産省が認定している有機JAS認定の基準を満たすために様々な検査に合格しなければなりません。
この基準を満たすことで、初めて有機栽培や有機農法などの表示を行うことができるのです。

日本以外では、どのような基準があるのでしょうか。
オーガニックは、アメリカのUSDA、ヨーロッパのECOCERTなど
それぞれの国で独自に設定された認証表示制度が用いられています。
グローバルな視点でオーガニック食品を取り扱うこともあるでしょう。
現代社会では輸出業が盛んなため、世界中に輸出したい時には、
オーガニック食品の国際的な基準であるグローバルGAPの取得を目指すと良いでしょう。

日本の有機JAS基準よりもさらに厳格な基準で、
農産物の安全性以外にも、労働環境や生態系の保全などにも基準を設定しているため、
品質の良い農産物の選定に寄与しており、安全性・信頼性のある基準になっています。

●オーガニックとサスティナブルは

オーガニックと似た言葉にサスティナブルという言葉があります。
オーガニック(Organic)は、「有機的な」、
サスティナブル(Sustainable)は、「持続可能な」という意味があります。

オーガニックは、有機的に作られたものが自然と調和して持続的に生産可能かどうかまでを考慮して作られています。
つまりは、サスティナブルの中にオーガニックの考え方が含まれているのではないでしょうか。

日本ではオーガニックは主に食品に対して使用されている言葉ではありますが、
オーガニックな考え方を支持したい時や、食品以外にもオーガニックな製品を使用したい時には、
サスティナブルな製品を利用してみるのも良いかもしれません。

●オーガニックな住まいとは

オーガニックな住まいづくりを考えた時には、
自然と調和して子々孫々まで使えるような
ナチュラルでサスティナブルな住宅を想像してみてはいかがでしょうか。

オーガニック(有機的)な住まいは、
設計では自然の植物等の形態を模した設計や、直線だけではなく自然の持つ曲線を取り入れたものがありますが、
住宅においては、やはり使われる素材が、植物系由来の塗装材料であったり、土から採取した左官の塗材料であったりと、
化学物質を含む建材等の使われたシックハウスとは無縁の素材がオーガニックなものが使われて土に還る材料がよいのです。
室内の空間においても自然を感じられるものではないかと思います。
風が通りぬけたり、四季が身近に感じられる開放的な家づくりです。
これらはかつての日本の住宅においては、良く見られるものでしたが、
近年の住宅は自然に対しても閉鎖的になりすぎる傾向があります。
また、もちろん新しい住宅だけでなく、古い住宅をリノベーションをして住み続けることもサスティナブルな家づくりといえます。

現代では、新築・築浅物件が好まれる傾向にあり、
そのような住宅では、一世代から二世代という短期間の利用で住居を取り壊すことも珍しくはありません。
しかし、スクラップビルドを繰り返すことは、環境にとっての負荷が大きくなります。
吟味した素材を使って丁寧に建築された住居は、
数十年・数世代にかけても使い続けられることでしょう。

一度作った住宅を末永く大事にしていくためには、
時代に左右されることのない奇をてらわない普通のデザインで町並みに溶け込み、だれもが使いやすい住居にすることで、
住み心地の良い家になることでしょう。

親から子へ、さらに孫へと思い出とともに住み継ぐことのできる住居は、
周囲の町並みと調和するだけではなく、愛着のある家として長年に渡って住まれ続けることでしょう。