コラム一覧

木製窓サッシ、金属サッシ

(住まいにおける)外部建具の変遷

日本においてサッシと呼ばれるものは木製が主流でした。
木造住宅に木製窓は、当たり前の形であり、それ以上の素材のものはありませんでした。
しかし強度・水密性・気密性などの面で高性能なものが求められるようになり、町の建具屋さんで作られる木製窓は、現代の住宅にはあまり目にしなくなってしまいました。

昭和35年ごろになると、さまざまなメーカーがアルミサッシを製造するようになり、昭和39年から40年になると住宅用サッシの普及が始まりました。
40年代半ばにはほぼ住宅の中で工業製品としていち早く窓にアルミサッシが採用される事になってきました
アルミサッシは、木製窓サッシよりも機能性(一部)に優れていること、一般的に近代的なものがもてはやされる時代背景もあり多く使われることなりました。

現在もアルミサッシは住まいにおいて当たり前に取付けられています。
これまでに無かったおしゃれなデザインも増えており、洋風、和風、どちらにもマッチしたものが揃っています。
ただ、まだ残されている古民家や京町家には現在も木製サッシが使われています。
手直しをしながら使い続ける、昔ながらの木製サッシはどちらかと言うと「古いもの」ではなく、「どこか新しいもの」と感じられるのではないでしょうか。

窓サッシの形状(木、金属問わず)引戸、はめ殺し、開き戸(片,両)滑出し等

窓やサッシは、間取りに合った使い勝手の良いものを選ぶのが一般的です。
現在は素材やデザイン、性能を高めた豊富な商品が揃っているので、用途や機能そして空間に適したものを選ぶことが可能です。
ただ、サッシにはさまざまな種類があるので、実際に選ぶとなるとどれを選んで良いか迷ってしまいます。
そこで、ここではサッシの形状など種類を紹介したいと思います。

  • 引戸
    横に引いて開閉するのが引戸です。
    左右どちらからも開けられるもの、中心から左右に開けるもの、一方だけのものと主に3種類あります。

  • 滑り出し
    左右の溝に沿って動くものと上下の溝に沿って横に 滑り出すものの主に2種類あります。

  • 開き戸
    蝶番や軸金物などによって回転して開閉する戸で、片開きと両開きがあります。

  • はめ殺し
    FIX窓」とも呼ばれる、一般的に開閉することができないサッシのことです。
    採光を目的に、玄関のドア枠や階段ホールの天井窓などに設けられることが多いものです。

サッシには他にも幾つか種類がありますが、上記で紹介したものが代表的なものです。
住まいに使用されるサッシは、選び方によってお部屋の雰囲気に違いが出ますので、慎重に選ぶことが大切です。

(外部建具のいろいろ)木製サッシ、アルミサッシ、スチールサッシ等

外部建具の素材は主に以下のようなものがあります。

  • 木製サッシ
    昭和初期頃からあったのが木製サッシです。
    アルミサッシの登場により影を潜めていましたが、最近またその良さが見直され、新しい機能性に優れた製品が誕生しています。
    ペアガラスをはめ込み防火の対応した木製サッシも増えてきています。
    木製サッシは、地産地消でエネルギーをあまり使わずに制作できるのと、その木製の質感が大変良く特に欧州の住宅では数多く使われています。

  • アルミサッシ
    現在建物のサッシとして主流となっているのがアルミサッシです。
    耐候性、防火性に優れており、軽量のため開閉がとても楽です。
    但しアルミの型を作るのに大変なエネルギーを使っています。

  • スチールサッシ
    スチールサッシは住宅ではなく工場などの窓に採用されていました。
    耐火性に優れているのですが、耐候性が悪いことから徐々に少なくなってきてしまいました。

  • 樹脂製サッシ
    熱伝導が低く断熱性が高い特徴を持っているのが樹脂製サッシです。
    複層ガラスを使用した一体構造を取ることで高い断熱性を発揮することが可能です。
    そのため、最近では北海道など寒冷地の窓に採用されています。

  • 複合サッシ
    「アルミ+木」「アルミ+樹脂」のように、2つの素材を組み合わせているのが複合サッシです。
    外側には耐久性に優れた素材、室内には温もりを感じられる木製素材というように組み合わせるのが一般的です。

現在求められる性能

現在住まいに求められているサッシや建具は、利便性、断熱性、耐久性、防火性そして美観に優れているものです。
地球温暖化などの影響により、昔よりも夏は暑く、冬は寒いといった異常気象となっています。
そのことから、より性能に優れたものが求められているのです。
しかし、性能だけでなく、やはり美観や触観も大切です。

例えば、スペーサーと呼ばれる金属部材で、2枚のガラスの間に中空層を持たせたガラス「複層ガラス」を入れた建具は、
熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高め、冷暖房効果の低下や、結露の発生など、熱の移動によって、住まいの快適さを損なう様々な問題を解決に導いています。
このように性能に優れたサッシや建具を採用することで、エコロジーでより快適な住まいになるでしょう。

住まいの記憶を残す

古い建物には家族の生活の歴史がきざまれている

古い建物はただ単に古いだけでなく、そこに住んでいた家族の生活の歴史が刻まれているものです。
おじいちゃんおばあちゃんが若かった頃、お父さんお母さんがまだ新婚だった頃、
そして子供の成長過程での歴史など、家族の思い出とともに生活の歴史がきざまれています。
古い建物の中には、先祖代々受け継いできた長い歴史がある家もあるでしょう。

家が古くなったから建て替えたいけれど、家族の記録と記憶が多く詰まっている今の住まいを壊してしまうのはなんだか忍びない、
とそんな風に思っている方は少なくありません。
なかなか建て替えに踏み出せないという方が選ばれるのがリフォームです。
家を壊さずに、家族みんなが住みやすいように上手くリフォームする方は多いと思います。
しかし、古い家のリフォームは意外と費用がかかってしまう場合があります。
新築に建て替えてしまった方がコストが安く収まる場合もあります。
新しい建物を建てる時に、廻りの環境やその土地で全くの家族の記憶や歴史が無くなってしまうことが懸念されます。
しかし「住まいの歴史を残す」のは建て替えでも可能です。
「家族の生活の歴史を新たらしい家に残す」ことは、それは家族にとって思い入れのある家になることでしょう。

新しい建物に古い建物の記憶を残せないか

新築する家に古い建物の記憶や思い出を残すことはできないのだろうか、と考える方は多いのではないでしょうか。
家族の歴史が詰まった思い出の記憶は、古い家の隅々に残されています。
もちろん、全てを残すことは難しいのですが、一部だけでも古い家の記憶を残すことは可能です。

例えば「柱」はどうでしょう。
昔は子供の成長を柱に刻むのが一般的でした。
1年ごとに子供の身長を刻むことで、成長の記録を永遠に残すことができたものです。
もし古い家にそのようなものがあれば、残したいと思うのは当然のことです。
古い建物にはその場所に流れる時間が刻み込まれるので、仮に柱一つであっても十分な思い出になるものです。
また、古い建物の一部を新しい建物に残すことで、デザイン性も向上する可能性があります。
特に「和」を意識した和モダンな住宅を希望するのであれば、古い建物の一部を使用することで、家族にとってより素敵な住まいになるに違いありません。

意匠や素材、間取りであったり

古い整った町並に異質な意匠の建物が建てられていて、見ていて居心地の悪さを感じる事があります。
その場合も古いもの似合わせた伝統的な意匠や素材、色等が使われていれば落着きを感じます。

古い建物には良材が使用されている事が多いものです。
木造住宅の場合、柱の桧や床の地板など上質な木材が使用されていることが数多くあります。
何代にも渡って暮らしてきたお家を、ただ壊すのではなく、新築の住宅の一部に使う事で家族の大切な思い出を残すことができるのです。

【素材】

建具
建具には扉、引き戸などがあるかと思います。
使い込まれた扉は、新しい家に再利用することで、アンティーク調に仕上がります。
その際に扉に調和した床材を選ぶことで、新しいのに懐かしく、そして安心を感じられる家が完成するでしょう。
新しい家のアクセントとして古材の梁を採用する方は結構多いものです。
古い家に使われていた梁を使用することにより、家族が集まる空間が引き締まったものになるでしょう。

また、意匠や素材だけでなく平面として間取りを同じように作り上げるのもまた良いと思います。
慣れ親しんだ古い家と同じ間取りであったり、使い勝手も同じでれば、どこか安心感を得られるのではないでしょうか。

古い建物の一部を新しい建物に使う(住まいの記憶を残す方法)

古い建物の一部を新しい建物に使うことで、住まいの記憶を残すことができます。
ここでは、そんな住まいの記憶を残す方法を幾つか紹介したいと思います。

  • 扉を再利用
    存在感のある扉は、新築の家に再利用するのがおすすめです。
    使い込まれた扉を、新しい家に再利用することで、アンティーク調に仕上がります。
    古い建具はどちらかと言うとベニガラの濃色が多いと思います。
    その色にマッチしたフローリングを選択することで、安心を感じられる家が完成するでしょう。

  • 歴史ある梁を再利用
    家族が集うダイニングリビング。
    そこの天井にあえてむき出しの太鼓梁が鎮座するのは意外にも斬新で新鮮な空間ができあがります。
    勾配天井の空間に古い建物で使用していた太鼓梁が存在感と落着きをかもし出します。
    古い家に使われていた太鼓梁を使用することにより、家族が集まる空間を優しく包んでくれるでしょう。

  • 地板を再利用
    床の地板等は良材が使われている事が多いので、新しく用途で同じく洗面台の天板であるとか、玄関の地板に使うとか
    ニッチの棚板等と使う場所は、数多く考えられます。

  • 建具のガラスを再利用
    古い建物で使われていた建具のガラス。
    レトロな木組みのデザインならなお良いでしょう。
    それを新しい建物の室内の小窓等に使用することで、新しく、そして懐かしく感じる不思議な空間が完成します。

  • 屋根瓦を再利用
    屋根の瓦として使われていた瓦を外構の土間に木端建てで埋込み、見切り材として等使うのも一案です。
    新しさと古さが混在したものがあるのが、落着きとなじみをかもし出し建物の価値をあげます。

建築素材・竹

京都は竹の産地

京都は国内有数の竹の産地として有名です。
平安時代に中国からもたらされたと言われています。
竹はイネ科の植物で、4月中旬ごろから凄まじい速さで成長します。
ピーク時は1日に1メートル以上も伸びます。

京都の竹は品質が良いことで人気です。
山に囲まれた盆地のため、夏は蒸し暑く、冬は寒さが厳しい気候になることから引き締まった肉厚な竹になります。
発明王のエジソンが白熱電球を改良する時に、フィラメントの素材として八幡市男山の竹を使ったのは有名な話です。
京都に竹細工の工芸品が数多くみられるのも、京都が竹の産地であることが理由とされます。
竹本来の持ち味を生かしながら職人の手作業によって生み出される作品は、きめ細やかで美しいと定評があります。

また、観光名所としても京都の竹林は有名です。
嵯峨野の竹林の小径は風光明媚で数万本もの原生の竹を見ることができます。
夏は風でたゆたう竹の音に耳を傾け、竹林の影で涼む観光客でにぎわっています。
日向市の日向丘陵も竹林が見られる穴場です。

素材としての竹の特徴や使われ方

竹は世界で1300種類、国内だけでも600以上もの種類があると言われています。
素材としての竹は強靭で弾力性があります。
曲げたときの強度もあり、古くから釣り竿などにも使われてきました。
竹は乾燥による伸縮がほとんどありません。
成長するスピードも速いことから、木に代わる建材としても期待されていましたが、竹には弱点があります。

竹は繊維方向に割れやすく、節に強い力が加わると壊れてしまうので、加重がかかる建材には向いていません。
虫害を受けやすい素材でもあり、虫がつかないように収穫時期を工夫したり、防虫加工を施す必要があります。
日本でよくみられる竹の品種にはしぼちく、ほていちく、きっこうちく、しかくだけ、うんもんちく、まだけなどがあります。
産地によって採れる竹の種類は異なり、使用用途も変わってきます。

竹は十分に乾燥させると強固で柔軟な素材として用いることができます。
伐採の時期によって耐久性に違いが見られ、水分を多く含むと耐久性が乏しくなるため、晩秋から冬にかけての竹が有用です。
竹の使用用途は様々で、建築材の他にかご、提灯、玩具などの竹細工に使われます。
繊維質を利用した竹紙や竹酢液、竹炭などの加工品にも利用できて万能です。

建築素材としての竹

建築素材として竹は縄文時代から長く使われてきました。
竹は身近で手に入りやすく、成長のスピードも速いため不足の心配がありません。
塗り壁としての素地、竹のコンクリート、床材、すだれ、竹垣など幅広い利用方法があります。
建築材に自然素材を多く取り入れてきた頃は、竹は重要な役割を果たしてきました。
塗り壁の素地(壁下地の竹小舞)は現在和風建築の一部(伝統的建築)で使われています。
竹のコンクリートは、鉄筋コンクリートの素材である鉄が不足していた頃、鉄筋の代用品として用いられていました。
明治維新により新しい建築技術が流入し、建築素材もガラス、鉄、コンクリートが主要になってからは竹が素材として使われることは減っています。

海外では竹を建築材として使用している国があります。
インドネシアのバリ島のグリーンヴィレッジでは、自然と調和するように建物を全て竹で作っています。
椅子や机、家具などありとあらゆるものが竹でできていて、基礎部分だけは石ですが外装・内装ともに竹製です。
建材として使えない部分は紙や燃料として利用されるので、持て余す部分がないエコな素材として竹は注目されています。
中国や台湾、東南アジアでは高層ビルの建築現場の足場として竹が用いられ、世界でも竹は欠かせない存在です。

住まいの中の竹(の使われ方)

現在、建築材として合成木材や人工木材が多く使われるようになっています。
しかし一般的な住宅では自然素材を用いる場合は、無垢材の木を用いることが大半です。
耐久性の問題もあり、建物の主要な構造部分で竹を使用することはほとんどなくなりました。
それでも竹の美しい光沢と独特の外観は他の素材には取って代われない素晴らしさがあり、竹は和風建築の素材として今でも広く用いられています。

竹は主に建具やフローリング、壁などに使われています。
乾燥による伸縮が少ないため、建具を竹で作ると頑丈でズレがなく、シックでモダンな印象です。
また、竹は熱伝導性に優れていることからフローリング材としても人気があります。
竹には消臭殺菌効果もあるため、人工建材によるアレルギーやシックハック症候群などの弊害が気になる方には取り入れたい素材です。

家具の素材としても竹は人気があります。
棚、机、椅子などの大物家具や手提げかご、ざるなどの小物にも竹は使われます。
竹製品は物持ちが良く、手入れをすることで何十年でも使うことができて便利です。
しかし、この優れた素材が建築においても新しい使われ方がなされる事を願っています。

京都の近代建築

近代建築とは

近代建築はモダニズム建築とも呼ばれ、過去の歴史的様式から脱却し、機能性と合理性を追求した新しい建築様式です。
広義では1890年から1960年頃の時期を指し、狭義では1920年頃の建築形式を意味することもあります。
建築は地域の伝統・文化、暮らしと密接にかかわりがあり、多種多様な歴史を各国がたどっています。
近代建築が行われる前は、古典主義やロマン主義、過去の建築様式の模倣などが蔓延していました。
産業革命をきっかけに鉄やガラス、コンクリートを大量に工業生産できるようになり、多様な社会生活に対応できる新しい建築様式が求められて近代建築に移り変わります。

京都に近代建築が多いのは

京都は寺院・仏閣が多く歴史ある古都として有名ですが、近代建築物も数多く残っています。
近代建築物が増え始めたのは、明治時代の文明開化で西洋風の文化が流入したことがきっかけでした。
和と洋を取り入れた日本ならではの多様なスタイルの建物が増えました。

京都は全国的に近代建築が多い都市で、その件数は600以上と言われています。
市町村区単位では日本で1位、2位を争う数です。
明治以降とりわけ大きな自然災害や紛争がなかったことが幸いして、良い状態で残っている近代建造物が多くあります。
東京へ遷都しても京都の都心部で金融・行政・商業が発達していたこともあり、堅牢な造りの近代建造物が各所に建てられました。
当時建てられた銀行、商業施設や学校などには今も名残が残っています。
富裕層が多く住む地域を中心とした住宅地にも近代建造物が建てられましたが、建物の老朽化や住人の移り変わりにより取り壊しと建替えで年々数が減少しています。

近代建築の構造や素材・意匠の特徴は

機能性・合理性を重視した近代建築は工業生産による建築材の普及により発展しました。
新素材の鉄・コンクリート・ガラスが新しく取り入れられるようになります。
新技術として鉄骨造、鉄筋コンクリートも導入されました。
鉄骨造は鉄橋や駅舎、アーケードなどに使われていました。

鉄筋コンクリートはフランスの建築業者フランソワ・エンヌピクがその普及に貢献し、生涯で2万件を超える鉄筋コンクリートの建造物を作ったと言われています。
当初の鉄筋コンクリートはできるだけ安価に工場や倉庫、簡易住宅を建設するために利用されていましたが、
レンガ壁に鉄筋コンクリートを結合する技術なども考案されるようになり工法が進歩しました。

近代建築の意匠として、巨匠のル・コルビュジエは近代建築の五原則を提唱しました。
その内容はピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由な立面です。
近代建築以前の石造・煉瓦造では実現できなかった、自由で開放的な空間が実現されました。

近代建築が文化遺産に

2016年7月にル・コルビュジエの建築作品17件が世界遺産に認定されました。
ル・コルビュジエは近代建築運動へ貢献した建築家で、今も建築業界へ大きな影響を与えています。
世界遺産に認定された作品には東京上野にある国立西洋美術館も含まれ、大勢の観光客で賑わったのも記憶に新しいことでしょう。
国立西洋美術館は無限に成長する美術館を構想して造られました。
美術館は収蔵作品が増えていき、スペースが足りなくなる問題を避けて通れないため、広大な敷地に建物を建造し外側に向かって展示スペースを広げる施策が試されたのです。
館内の常設展示のスペースは螺旋状で緩やかな坂道になっている部分があり、コルビュジエの意匠を感じられます。

日本では重要文化財として、学術的価値・歴史的価値の高い建築物や美術工芸品、考古資料などが保護されています。
文化財保護法によると有形文化財、無形文化財、民俗文化財、記念物、文化的景観、伝統的建造物群の6種を文化財として分類しています。
建造物は当初社寺建築を対象としていましたが、現在では城郭や民家、近代建築物も指定されるようになりました。
日本は梅雨時に多湿になり建物が傷みやすく、台風や地震などの災害があると破損しやすいことから、適切な時期に保存修理を行うことが必要です。
また、近代化により取り壊される畏れがある建造物を保護する役割もあります。
これまで営まれてきた歴史・文化、建築技法を維持・保存し、後世へと引継ぐためには欠かせない取り組みです。
価値を損なわないように適切な修繕を行うことが必要で、建物の材質、加工技術も現在と異なるため、知識見聞を広める研究も進められています。

また、近代建築は国民共有の貴重な文化遺産として保存されるだけでなく、有効に活用されることで継続的に維持される一面もあります。
近代建築物として文化財に登録されている建物には片倉館、大隈重信記念館、寒河江市役所などがあります。

コンクリート打ち放し

コンクリート打ち放しの歴史

コンクリート打ち放しを建築デザインとして用いたのはフランスの建築家オーギュスト・ペレが起源です。
鉄筋コンクリートをレンガ壁に結合するコタンサンの工法を応用してパリでアパートや劇場を建てたのち、
1923年にル・ナンシーの教会の柱部分にコンクリート打ち放しの工法を施しました。
壁体としてコンクリート打ち放しが初めて使われたのは、その翌年の1924年のことです。
日本でアントニン・レーモンドが自邸を建てたのが世界初と言われています。
一時はコンクリート打ち放しに期待が寄せられましたが、当初は直線的な作風に人気が集まり、コンクリート打ち放しの趣向はあまり浸透しませんでした。

コンクリート打ち放しの意匠が認められ始めたのは、第二次世界大戦以降です。
コンクリートは本来、可塑性が高く自由な建築表現をできる素材です。
ル・コルビュジエやルイス・I・カーンなどの巨匠たちがダイナミックな表現性を示し、その可能性を高めました。

日本では丹下健三、前川国男らが影響を受けて、コンクリート打ち放しの建造物が浸透します。
丹下健三は戦後から高度経済成長期にかけて活躍した建築家で、「世界のタンゲ」と呼ばれています。
広島ピースセンター、倉敷市庁舎、香川県庁舎、旧東京都庁など数多くの建築物を手掛けました。
広島平和記念資料館の設計も丹下健三によるもので、戦争からの復興に対する力強さと思いがデザインに表現されています。
近年コンクリート打ち放しは一般住宅やデザイナーズマンションなどでも需要が高まっています。

コンクリート建物の歴史

コンクリートは現代の建築になくてはならない素材の1つです。
その歴史は古くからあり、最古は紀元前7000年前後だと言われています。
イスラエルの要塞都市でコンクリートでできた床が発見されました。
紀元1世紀には古代ローマでコンクリートが通常の建材として使われています。
ヴェスビオス火山の近くで採れた火山灰、石灰、軽石などを混ぜたものを水中で硬化させる製法で作り、パンテオン、コロッセオの基礎などとして使用していました。
現在のコンクリートとは異なるものですが、当時の建造物が今も残っていることから、耐久性に優れた素材であることが分かります。
今日のようなコンクリートが使われ始めたのは18世紀末頃のことです。
イギリスのジョン・スミートンがコンクリートに水硬性石灰を用いることを発案し、改良が加えられることで現在の形へと変移をたどりました。

日本でのコンクリートの歴史はまだ浅く約100年です。
コンクリートが日本に入ってきたのは明治時代と言われています。
石灰石が産出する鉱山資源に恵まれていることから、自給自足でコンクリートを生成することができました。
戦後から高度経済成長の時期にかけてコンクリート建物が多く普及し、現在もコンクリートは欠かせない素材になっています。

日本の建築家・安藤忠雄が設計する建物

日本の建築家・安藤忠雄は打ち放しコンクリートを基調とする建築物を多く手がけてきました。
安藤忠雄はプロボクサーという経歴を持ちながらも、ル・コルビュジエ、ルイス・I・カーンの影響を受けて独学で建築を学びました。
インテリア・建築に携わる仕事と度々の海外渡航で培われた経験をもとに、ストイックにコンクリート建築と向かい合い取り組んできた特異な建築家です。
一般的にコンクリートは美しさがなく、安価で建物の基礎として目立たない裏方のような存在として扱われています。
安藤忠雄はコンクリートが秘めた可能性に気づき、コンクリート建築を通じて創造力の限界を常に求めてきました。
無機質でありながら自由に造形でき、多種多様で豊かな表現を見せるコンクリートは建築造形の本質であり、建築家の挑戦精神を揺さぶるものです。

コンクリートは製造過程で品質が変わり、建築家の作風が表せる素材でもあります。
安藤忠雄は現代建築の素材としてコンクリートを用いながら日本人の感性に添える建築を目指しました。
住吉の長屋を始めとして光の教会、水の教会、姫路文学館などの設計にも携わっています。
ファッションデザイナーで有名なコシノヒロコ氏の邸宅を手がけたことでも一躍有名になりました。
国外でも活躍があり、アメリカのフォートワース現代美術館、ドイツのランゲン美術館も設計しています。

現代のRC造の建物の特徴

RC造とはReinforced Concrete Constructionの略称で、鉄筋コンクリート構造を意味します。
1867年フランスの造園家ジョセフ・モニエが発明しました。
モニエが植木鉢を作る際に鉄筋とコンクリートを用いたところ、強固で頑丈な素材になったことを発見したのが起源です。
日本に現存する最古の鉄筋コンクリートの建造物は、1911年に建てられた三井物産横浜ビルです。
鉄筋コンクリートはコンクリートと鉄筋の短所を互いに補完しあっているため、強度としなやかさを持ち合わせています。
鉄筋コンクリートは優れている点が多く、デザイン性が高く建築物の可能性を広げる素材です。
防火性と遮音性が高いところも魅力的です。
耐用年数は約60年で長期建築物にも適しています。

RC造の弱点は重量とクラックです。
鉄筋コンクリートはどうしても重くなるため、地盤が弱い場所での建築に適していません。
また、施工時に不備があったり、地震などの外部的な要因があるとひび割れを起こしやすくなります。
鉄筋コンクリートは高層建築や大規模な設計には適していませんが、一般住宅や階数が少ない小規模なマンションの建設に厚い信頼をおける素材です。