コラム一覧

おくどさんと水屋箪笥

おくどさんの由来

「おくどさん」とは京言葉で竈(かまど)のことを指しています。

竈は別名で「くど」とも呼ばれるのですが、そこに「お」と「さん」を付けて「お竈(くど)さん」と呼ばれています。
つまり竈に敬意と親しみが込められた言葉です。

「おくどさん」は京の人々の暮らしの中心にありました。
人の暮らしを豊かにする「食」に欠かすことのできないもので、大切な煮炊きをする調理場だったのです。

また、「おくどさん」は、土間など家の中で煮炊きなどをおこなう空間自体を意味して使われることもあります。

京都では今でも「おくどさん」との言葉を使う方がいらっしゃいます。
特に年配の方が使う言葉として知られています。

京町家は通り庭(土間)におくどさん

京町家はうなぎの寝床と言われるように、通りから奥に長い作りになっています。
そのため、通り庭と呼ばれる土間におくどさんが鎮座していました。

おくどさんは暮らしの中で大切に使われてきた暮らしに欠かせないものです。
土間の天井は、火袋といい吹抜けになっており瓦屋根にはガラスの天窓があり、調理場に光が差し込むようになっています。
おくどさんや鍋から出る煙を外に出すように土間の天井を高くするのは昔の人の知恵なのです。

昔は京都だけでなく、各地でおくどさんが大切に使われてきました。
ちなみに、京都以外の関西圏では「おくどさん」ではなく「へっつい」と呼ぶこともあります。

現代のシステムキッチンの前身とも言われているおくどさんは、日本を代表する文化の一つと言って良いでしょう。

京町家の火袋(と言われる吹抜け)におくどさんは設置(防火の意味も)

京町家で親しまれている「火袋」とは、吹抜け空間のことです。

火袋は、煙だしと防火上の配慮がなされており画期的な空間です。
火袋は主に土間の上部空間になっており、おくどさんや鍋から出る熱や煙を建物から吸いだすために吹抜けになっているのです。

また、高窓が設置されている事が多く、採光機能も果たしています。
又、緊急の火事の時は、天井から火の粉が飛び抜けて隣屋に飛び火しない構造としています。
火袋は伝統的な防火設備と言って良いと思います。

昔の人々の知恵により誕生した火袋は、生活の知恵からでた必然の住まいの設計ですね。

生活の様式が変わりおくどさんが無くなり(機能的なキッチンに)

おくどさんは食を通して人の暮らしを豊かにしてきた大切なものです。
確かに薪で炊く手間はかかりますが、お米を美味しく食べる事のできるおくどさんは、とても素晴らしいものだと思います。

しかし、生活の様式が変わり、徐々におくどさんが見られなくなってきました。
現在残されている京町家でも、おくどさんの姿を見ることが少なくなっています。

京町家はリフォームされ、現代人が住みやすいように変えられてしまっているためです。
土間がなくなり、そこに設置されるのは機能的なキッチンです。
そのため土間の通り庭が無くなり、京町家の平面が変わってしまいました。

時代とともに変わりゆくのは仕方のないことかもしれませんが、なんだか寂しいような気がしてなりません。
使われなくても飾り物としておくどさんを残されている所も少なくありません。

京町家と箱階段、水屋箪笥

京町家の階段は急な階段が多く

京町家の階段をご覧になった事はありますか。

古い住宅でも見られますが、京町家の階段はとても急なものが多いのが特徴です。
京町家はうなぎの寝床とも表現されている通り、通りから奥に細長い建物となっています。
そのため、階段は隅に追いやられる存在でした。

急勾配はもちろんのこと、幅も狭く、中には押入れなどの中に隠されていることもあります。
壁と一体型になっているものや収納と一体になった階段、箱階段もあります。

うなぎの寝床の平面を持つ京都の住まいの中ではの工夫と言って良いでしょう。

京町家の箱階段・意匠の美と、実用の美がある

京町家でよく見られる階段が「箱階段」です。
開き戸や引き戸などを用い、戸棚が仕込まれた階段のことをそう呼んでいます。

箱階段は江戸時代初期に登場しました。
収納と階段と二通りの利用方法を兼ね備えた実用性のある箱階段は先人達の知恵がしのばれています。

また、箱階段の扉には彫刻が掘られていたり、さまざまなデザイン性のあるものもあります。
意匠の美と実用性の美、それが一体となっています。

現在では階段下収納が主流となっていますが、「和」の家には階段下収納よりも見せる箱階段がとても良く似合います。

水屋箪笥も京町家の意匠の一つ

京町家の意匠は箱階段だけではありません。
「水屋箪笥」もまた京町家の意匠の一つです。

水屋箪笥とは食器棚のことです。
京町家の台所は通り庭と呼ばれる土間にあることが多く、水屋箪笥はその周辺に置かれていることが多いものです。

水屋箪笥は長い年月、暮らしの中で使い磨かれながら大切にされてきました。
京町家の一空間を引き締めるその雰囲気は作り手である職人の思いが込められているものです。

水屋箪笥の構造は、角材の組枠「框組(かまちぐみ)」に板を張って用いられています。
背の高いものは、上下2段に分離できるものもあります。
今も町家の大事な一品として存在感を増しています。

京町家の新築でも箱階段や水屋箪笥がなくてはならない意匠

箱階段や水屋箪笥は京町家でずっと使われてきたものであり、京町家の意匠としてもになくてはならない存在であり、京町家の歴史と文化を後世に伝えるものです。
昔の人々の知恵と職人の技術により誕生した箱階段や水屋箪笥は、京町家では現在も健在です。

京町家を訪れると今でも箱階段や水屋箪笥が残されています。
完全にリノベーションされて残されていない場合もありますが、京の伝統文化を伝えるものとして今でも大切にされています。

また、実際に京町家で使われていた箱階段や水屋箪笥が販売されていることもあります。
新築の家にあえてそれらを置きたい、そう考える方も増えているようです。

最近では京町家が宿泊施設(ゲストハウス)として利用されているところも多く、箱階段や水屋箪笥は京都の町家の住文化や生活を知る上で、観光客にも人気となっているようです。

木の家のアクセサリー

木の家に合うアクセサリー

無垢の木を使って作りあげられた木の住まい。
そんな木の家には、やはり工業製品のようなものではなく、手造り感のあるものが似あいます。

例えば栗の無垢のフローリングの上におかれたテーブルを考えてみてください。
プラスチックのような無機質なテーブル等を置いてしまうと、どうしてもそこだけ浮いてしまいます。
その家のために作られたニッチや木棚等木のアクセサリーは、とても良く似合います。

テーブルやベンチ、椅子、カウンターなどは大工さんにお願いして作ってもらう事ができますが、時計やその他ちょっとしたアクセサリーも
家の雰囲気に合わせたものを選び飾れば木の住まいも上質なものになるでしょう。

無垢の木のテーブルカウンタ―やベンチ、長椅子、上框やニッチ板

無垢の木で作られたテーブルやカウンターなどは目で見て楽しみ、木の肌の触感や木の良い香りが家族を包んでくれます。

木の温もりあるインテリアは本当に良いものです。

特に無垢の木で作れば、年月とともに表情も変わっていくので、変化を楽しむインテリアとなるに違いありません。

無垢の木のテーブルカウンター、ベンチ、長椅子、上框やニッチ板は、家族が毎日触れるものです。
さわり心地の良い無垢の木で作り上げられたそれらは、この先何年、何十年と家族をやさしく見守ってくれるでしょう。

既製品とは違うため、無垢の木で作り上げる家具はコスト的に少々高いですが、耐久性に優れていることや末長く使用できる事を考えれば安いのではないかと思います。

まきストーブや、ステンドグラス、ロートアイアン等手造りのもの

最近人気が高まりつつあるのが、まきストーブやステンドグラス、ロートアイアンなど手造りのものです。

手造りの物は、既製品のものに比べ、表情が柔らかく、家の雰囲気を格別なものにします。
雰囲気のあるまきストーブのある家、とても温かいイメージです。

まきストーブは柔らかな暖かさがあり、鍋をおいて料理をつくるのも一興です。

ステンドグラスは柔らかで美しい光を演出してくれます。
ステンドグラスづくりを習って自身で作られ、住まいの中にはめ込んで楽しまれる方も少なくありません。

ロートアイアンはどこか大正モダンな雰囲気を演出してくれるので、幅広い世代に人気です。
元は洋物ですが、和モダンな家にもおすすめです。

これから家作りをされる方は是非こういった手造りの物を取り入れてみてはいかがでしょうか。

住まいの手のライフスタイルが住まいを形つくる

家を建てるのは大工さんかもしれませんが、家族がくつろげる空間を作り上げるのは住まい手です。
住まい手の考え方やライフスタイルが住まいを形づくります。

人はそれぞれ家に対する考え方を持ち、ライフスタイルをもっています。

家族構成も違いますし、それぞれの住まい手の想いやライフスタイル、それらに合わせた家具や小物、趣味をいかしたものを取り入れることで、個性ある住まい、快適な住まいが完成するのではないでしょうか。

京町家とごろんぼ

町家や民家にはゴロンボ(松材の太鼓梁)が使われている

「ゴロンボ」という言葉を聞いたことはありますか。

ゴロンボとは、丸太状の松材の両側を切り落とし太鼓のように加工したもので、太鼓梁と呼ばれています。
屋根の荷重を支える構造の役目を持つ梁の事です。
町家や民家の小屋裏にはその松材の太鼓梁があります。

伝統型住宅はゴロンボが大きな意味を持っています。
家の屋根や棟を支える梁。民家で使われる牛梁といわれる梁もその用途で使われています。
それらは建物の構造耐久力や、そして建物が持つ構造の美つくしさを表しています。

意匠的にも曲がって太く存在感のある松丸太は、自然と力強さをあらわす住まいの中の構造美の一つでしょう。
天井が吹き抜けになっている町家や民家を見上げると、太い太鼓梁を確認することができます。

京町家の場合は火袋には化粧梁としてごろんぼが見受けられますが、部屋の小屋裏にも天井が貼られているので見えないのですが、数本のゴロンボが使われています。

リノベーションで小屋裏を見せる事が望まれている(勾配天井と)

伝統型住宅の小屋裏はとても魅力的です。

小屋裏には何があるのか。

それは水平のゴロンボ(松材の太鼓梁)と、それらを繋ぐ母屋や垂直に建つ束、そして屋根の形に相似する勾配天井です。
屋根を支える小屋裏の梁の架構が、建物の構造を表すものとしてそこに隠れています。

リノベーションされた京町家では、あえて天井を解体し、その建物の構造を表す小屋裏と配天井を見せることを選択されているところが多いです。
天井をめくり、小屋裏を見せることで、天井が高くなり、開放的な空間が完成します。
その開放的な勾配天井の空間にゴロンボは、現在では和のシンボルとして勾配天井の拡がった空間の中で一段と存在感を増しています。

今ではインテリアの一つの大きな要素として和風モダンな雰囲気を醸し出してくれます。
新たに建てられる家にも太鼓梁が人気となっていますが、そこでは新しい材だけではなく古材も使用されています。

京町家でも、このように、小屋裏をあえて見せるリノベーションがなされています。
それらは、京町家に隠されていた建物の構造の美しさを表に出す絶好の機会となります。

古さと新しさを混合した京町家や古民家のリノベーション。
それらの場所でゴロンボが圧倒的な存在感を示しています。

植林と枝打ちについて

現在の山の現状は

京都は、山を多く持つ林産地です。
京都は西山、北山、東山と三方が山に囲まれた盆地です。
京都の森林率は74%と非常に高く、地形の約1/3が山の林産地となっています。

京の山には杉や桧、赤松などさまざま樹種があります。
ただ、多くが人工林として植林され、建築用材として用いられています。

建築用材として用いられるまでには40年~50年の年月が必要です。
50年以上経過している適齢木(樹齢50~60年)も多く、使われないまま放置されているのが現状です。

伐採と植林について

木を伐採するのは良くないと言われることが多いのですが、それは大きな間違いです。
適齢木を伐採しなければ、二酸化炭素の吸収の低下、保水力の減衰などその結果山や川が荒れて地球環境に悪影響を及ぼします。
適齢木を伐採すること、そして新たに植林をするという循環が行なわれることが、山の本来の正常な状態なのです。

現在京の山に植林されている適齢木を伐採し、新たに植林をしなければ、数十年後には建築用材の木が枯渇してしまいます。
京都では地元で育った樹木を建築用材や間伐材もペレットに使用して使う取り組みをおこなっています。
その取り組みが、京都の山と自然を守ることになります。

植林や枝打ちの意味について

植林とは山に樹木の苗木を植えて林に仕立てることを言います。
枝打ちは樹木の枝を幹から切り落とすことで、保育作業の一つです。
植林や枝打ちをおこなうことで、人々の暮らしを豊かにしています。

若い木は二酸化炭素の吸収量が多いので、山を元気にするとともに、人々の暮らしを豊かにするのです。
二酸化炭素が地球温暖化に及ぼす影響が大きいことは周知だと思います。
若い樹木が二酸化炭素を吸収してくれることで、地球温暖化防止に役立ち、災害をも防いでくれるのです。

山の整備は伐採と植林の循環が必要、我々ができる事は木を使う事

山を健康に保つため、山の整備は欠かすことができません。
山の整備として必要なのは木の伐採と植林の循環です。
50年以上経つ適齢木を伐採し、新たに植林をする、この循環が最も大切です。
ただ単に木を伐採するのではなく、それを本来の目的である建築等の用材として使うことが大切です。
我々ができる事は植林や伐採だけでなく、伐採した木を使うことなのです。

現在、日本で用いられている建築用材の多くが輸入木材です。
こんなにも日本に木々があるにも関わらずわざわざ輸入して使っているのはコストの問題や木材自体の素材の乾燥等が容易であるからです。

反面、日本の気候風土においては、蟻害等の腐食や耐候性については、やはり国産材の方が断然優れています。
国産材、輸入材それぞれ利点など一長一短ありますが、やはり地元の山のあり方や今後の山の状況を考えると
地元の材を使いたいものです。

京都では官民一丸となって地域産材を使うよう取り組んでいます。
これらの意識を持ち少しでも地域産材を使う機会を増やしたいですね。