コラム一覧

京町家と水屋と箪笥

京町家の収納は

京町家は元々京都の町人たちの住まいでした。
そのため、随所にさまざまな工夫がなされており、今でもその姿を見ることができます。
京町家の収納は、一般住宅とは違います。
昔の人々の知恵がたっぷり詰まった収納は、収納するだけのものでなく、家の一部であり家具のようなものです。

京町家を代表する収納が「箱階段」です。
箱階段は、階段箪笥とも呼ばれ、可動式のものや壁と一体になったものがあります。
階段としての機能、そして収納としての機能と2つを兼ね備えた箱階段は、まさに昔の人々の知恵から誕生したものです。
急勾配で、踏み板も狭いためちょっとしたスペースに作られていることが多いものです。
京町家の収納はもちろん箱階段だけではありません。

「水屋箪笥」もまた京町家独特の収納です。
水屋箪笥は京町家の食器棚のことです。
京町家の通り庭と呼ばれる土間の周辺に置かれていることが多く、無くてはならない存在です。
そのため、長い年月、大切に使われてきました。
これら箱階段や水屋箪笥は京町家になくてはならない大切な収納です。
京町家を訪れると、今でも箱階段や水屋箪笥が残されており、存在感を放っています。

水屋と箪笥(意匠、形等)

京町家に欠かせない意匠と言えばさまざまな物がありますが、その中でも代表的な意匠を持つ家具が「水屋箪笥」です。
水屋とは、茶事の用意をしたり、茶碗などを洗う「洗い場」のような場所で、茶室の横に設けられています。
京町家に暮らす人々にとって水屋も欠かすことのできなものです。
よく「水屋箪笥」と呼ばれていますが、これは京町家にある食器棚のことです。
水屋箪笥は京町家の意匠を表す家具で、昔からそこに住む人々が大切にしてきたものです。
背の高いものになると、上下2段に分離できる仕組みになっているなど、簡単に運べるようにとの知恵が詰まっています。

今でも京町家には水屋箪笥が残されていることが多いのですが、実際に京町家で使われていたものが販売されていることもあります。
和モダンな雰囲気の住宅によく似合う水屋箪笥は、空間が違っても存在感を放つ素晴らしいものです。
主に骨董品屋で販売されている事が多いのですが、決して安いものではありません。
ただ、実物を見たら決して高いとは思わないはずです。
希少な水屋箪笥は、今でも日本人の心を魅了する不思議な魅力があると思います。

長持(収納)桐箪笥(和服入)

長持(ながもち)とは、衣服や調度品などを入れる長方形の大きな箱のことです。
蓋が付いており、京町家では収納家具の一つとして利用されていました。
長櫃(ながびつ)と呼ばれる足のついた収納が変化したもので、昔は嫁入り道具の一つとされていました。
両端には金具が付いており、そこに長棹を通して運んでいました。

桐箪笥は和服を収納する箪笥のことで、その名の通り「桐」で作られています。
町人の住まいであった京町家には桐箪笥があり、大切に使われてきました。
桐箪笥は防湿効果、抗菌効果、保温効果といった効果の他、耐腐食性に優れており、大切な着物の収納場所に適しています。
現在も和服を多く持っていらっしゃる方は桐箪笥を好みます。
日本伝統の箪笥「桐箪笥」は、これからもデザインや形を変えて受け継がれていくものだと思います。
京都でも伝統工芸の一つとして桐箪笥が作り続けられています。
長持に至ってはあまり見られなくなってしまいましたが、京町家へ行くと和服をしまう収納として未だに利用されています。

京町家の住まい方と収納(季節の入替、建具、簾)

京町家は細長いその形から「うなぎの寝床」と呼ばれています。
京町家の多くは築100年~120年のもので、当時の人々の知恵と生活がたっぷり詰まった素晴らしいものです。
中からは外の様子が分かるのに、外からは目隠しになる機能的な「格子(こうし)」。
二階の風通しや採光のために作られた虫籠窓といった建具や、箱階段や水屋箪笥といった収納。
そして夏の日差しを和らげる簾、季節を感じられる坪庭など、快適な生活を送るための工夫が随所に見られます。
京町家では「住まいの衣替え」がおこなわれます。
つまり建具替えです。

季節の変わり目におこなわれる建具替えは、夏と冬の年2回が基本です。
夏用の建具(簾戸)、冬用の建具に変えることで、部屋の雰囲気が全く変わります。
冷暖房が無かった時代に、いかに快適に過ごすかに重点を置き、工夫をこらした結果、建具替えが考えられたようです。

又、夏には足触りのいい藤のむしろを敷いたりとかもしますね。
暑い夏、そして寒い冬を快適に過ごすための昔の人々の知恵は素晴らしいものですね。

数寄屋建築(お茶室)数寄屋住宅

数寄屋建築とは

数寄屋建築(すきやけんちく)とは、日本を代表する建築様式の一つです。
そもそも「数寄屋」とは茶室のことです。
数寄屋造りの茶室が出現したのは安土桃山時代。
当時の茶室は庭園に面して母屋とは別の「別棟」として造られました。

数寄屋建築とは、茶室風を取り入れた住宅様式です。
現代の数寄屋建築と昔のものとでは違いがありますが、千利休の代表される草庵風茶室などで
その初源を垣間見ることができます。

江戸時代になると数寄屋建築は大きな変化を見せました。
武士茶人により大胆な創意がなされ、江戸時代初期に50年かけて造営された桂離宮には安土桃山時代当初の手法が多く見られます。
最初は狭い茶室と言う空間から始まった数寄屋建築ですが、時代とともに広い空間でもその手法が見られるようになりました。
昔ながらの建築様式「数寄屋建築」を現代にも通じるよう、また住宅にも通じるデザイン性や考え方が取り入れられたものは「数寄屋造り」と呼ばれています。
今、和の趣を感じる「数寄屋造り」が人気となっています。

数寄屋建築の由来

茶室のことを「数寄屋(すきや)」と呼んでいました。
元々庭園に面した別棟の小さな茶室のことです。
基本的に四畳半以下のその茶室は、特別なものと認識されていました。
「数寄(すき)・数奇」とは和の文化である生け花や和歌、茶の湯など、風流を好むことです。
好みを外に出して表すことという解釈のほか、「数」が「寄る」との意から、さまざまな材料をあり合わせて建物をつくることと、数寄屋との名前の由来は二つの説があります。
安土桃山時代には小規模な茶座敷を「数寄屋」と呼んでいました。
茶人たちは豪華な装飾を嫌い、シンプルな数寄屋を好みました。
高価な材料や高度な技術を好まず、庶民が住宅に使うような粗末な材料を使い簡素に作られていました。
時代とともにその形が装飾性を増すなど変遷してきています。
現在残されている数寄屋建築の代表的な歴史的建造物が以下になります。

  • 桂離宮
  • 修学院離宮
  • 伏見稲荷大社御茶屋
  • 曼殊院書院
  • 臨春閣

数寄屋のエッセンスを住宅に

現在もなお注目されている数寄屋建築。
昔ながらの数寄屋建築を現代風にデザインし、住宅に取り入れたものを「数寄屋造り」「現代数寄屋」と呼んでいます。
これまでは主に商業施設などに採用されてきましたが、最近では和を表す住まいに数寄屋を取り入れる流れが目立つようになりました。
和室の床の間や天井、玄関の天井など住宅の随所に数寄屋造りを取り入れれば、和モダンな斬新な住宅が完成します。
基本的に洋風住宅であっても、数寄屋のエッセンスを取り入れることでどこか懐かしい和洋モダン住宅になるでしょう。

日本伝統の数寄屋を生かした和の住宅も素敵です。
品のある日本独自の建築技術である数寄屋は、日本人にとって非常に魅力的なものです。
豊かさと趣あふれた上質な住まいを実現できるに違いありません。

数寄屋住宅は

数寄屋住宅は、住む人の好みをいかし造られる住宅です。
選ばれた素材と伝統的な技術で建てられた数寄屋住宅は、奥ゆかしく品良く日本人の心のよりどころではないかと思われます。
伝統的な技術を守り伝える現代数寄屋は、和の様式をふまえたものとして住む人の心を和ましてくれます。
自然と共存する建物とその生活は、最近では外国人まで魅了しています。

実は伝統建築の中で、日本から誕生した真の日本伝統建築は数寄屋建築のみです。
他の建築様式は、日本で誕生したものではなく、中国や朝鮮半島から伝わったものを日本風にアレンジして完成したものです。 
日本では現在どちらかと言うと、モダンな様式で建てられる建築が増えています。
ただ、外国へ行ったときに日本を意識するように、和の魅力を知りその様式を取入れた住まいは、世代を超えて支持されています。

薪ストーブとペレットストーブ

住まいのストーブの種類

住まいで使われているストーブにはいくつかの種類があります。
これまで主流となっていた「エアコン」や「ファンヒーター」は、電気や灯油を原料とし暖かな風を出すことで部屋全体を温めます。
最近では、炎で部屋を温めるタイプのストーブの人気が急上昇しています。
新築やリフォームの際に炎で部屋を温めるストーブを導入される方が増えています。
「薪ストーブ」や「ガスストーブ」そして「ペレットストーブ」はそれに該当します。
ストーブの種類によって、ランニングコストや快適さに違いがあるのはご存知のことと思います。
何を重視するかによって選ぶストーブが決まるでしょう。

炎が出るタイプのストーブの場合、部屋を暖めるだけでなく、そこでちょっとした料理ができるのも魅力的です。
煮込み系のお料理を作ったり、お湯を沸かしたり、ピザやパンを焼くことだってできるのは嬉しいものです。
光熱費の節約にも繋がるタイプのストーブを、と考えている方は薪ストーブやペレットストーブがおすすめです。

薪ストーブ(燃料、調達、利点等)煙突必要

薪をくべて火をおこすタイプのストーブが薪ストーブです。
薪ストーブの燃料は木材(薪)です。
乾燥した木材をストーブの中に入れて着火させます。
最近ではホームセンターでも薪ストーブ用の薪が販売されています。
都会ではなかなか燃料を自分で調達することが難しいため、ホームセンターなどで販売しています。
薪を置くスペースは一般的に屋外になるのですが、雨により濡れてしまったものをストーブの中に入れるのは危険です。
水分を含んでいる薪がストーブの中で爆ぜてしまうことがあるため、きちんと乾燥させてから使用するようにしましょう。

薪ストーブには煙突の設置が必要です。
暖められた空気が煙突により上の階まで行き渡るのは薪ストーブの利点です。
たった一台で家中を暖めることのできる薪ストーブは、暖房能力が高いのが大きなメリットです。
体の芯まで柔らかな暖かさを感じることができるだけでなく、見た目が柔らかい炎が心を癒してくれるに違いありません。

また、薪ストーブは実用性や機能性に優れており、さまざまな料理を作ることができます。
慣れない内は少々難しいかもしれませんが、火加減のコツさえつかんでしまえば、料理の幅が広がります。
キッチンで炒め物などを作っている間、ストーブで煮込み料理や焼き料理を作ることができるなんて一石二鳥です。

ペレットストーブ(燃料、調達、利点等)

ペレットと呼ばれる木質燃料を燃料にして火をおこすストーブがペレットストーブです。
薪ストーブとは違い、間伐材などを粉砕しそれを小粒固形に成形圧縮して作られた燃料のため、現代に適したエコ燃料だと人気となっています。
しかも、薪ストーブとは違って、燃料を保管しておく場所もわざわざ確保しなくても大丈夫です。
但し10kgの袋詰めされたペレットをおいておく場所はいります。

ペレットストーブは基本的に電源を必要とします。
燃料に着火させるために電気を使ったり、電気により風を発生させるなど幾つかのタイプがあります。
とても便利なのは燃料を自動で供給してくれるタイプのもの。
「燃料がなくなっていつの間にか消えていた」と言う心配がないため、とても便利です。
スイッチ一つで着火するのは簡単なので、女性やご年配の方でも安心です。
最近ではリモコンがついているタイプも登場しています。
もちろん、ローカルな手動着火タイプのものもあるため、好みによって選ぶことができるのは魅力的です。

燃料が木質ペレットですから、エコ暖房ですし、嫌な臭いが一切しません。
ペレットが燃えた後の灰の量も少ないためお掃除もとっても楽チンです。
煙突は不要ですが、外部への排気筒は必要です。
柔らかな暖かさが家中広がるので、寒冷地にも向いています。
そんなペレットストーブの燃料である「木質ペレット」は、ペレットストーブ販売店やホームセンター、そしてインターネットなどで購入することができます。

ストーブの効用(木の住まいは、ストーブが多い)

薪ストーブやペレットストーブは、エアコンやファンヒーターとは違いかぜをおこさずに部屋を暖めるのが特徴です。
昔からログハウスには薪ストーブがつきものであったように、最近では木の住まいに薪ストーブやペレットストーブを選ぶ方が増えています。
そのため木の住まいと、放射熱を発する薪ストーブやペレットストーブは非常に相性が良いものです。
薪ストーブやペレットストーブを設置したいと考えているのなら、間仕切りが少ない間取りにするのがおすすめです。
リビングに吹き抜けや階段を設ければ暖かな空気が2階へ行き渡ります。

風致地区について

風致地区とは

風致地区とは、都市の風致を維持するために定められる地区のことです。
風致地区に指定されるのは、主に都市計画区域内の住環境に優れたエリアです。
自然や歴史に関わる重要な風致を維持するため風致地区に指定し、付近の環境の調和が乱れないようにさまざまな規制が設けられています。
例えば、木々を伐採したり、森林を破壊するような行為をおこなう、高層建築物を建てることは固く禁止されています。

また、住宅建築においても、一定の規制が設けられているため、もしかしたら希望通りの家を建てることができないかもしれません。
そのため、風致地区に指定されているエリアに家を建てる場合は注意が必要です。

風致地区と比較されるのが「緑地保全地区」です。
どこが違うの?と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。
双方の大きな違いは、圧倒的に緑地保全地区の方が規制が厳しいところです。
緑地保全地区は、現状を絶対に壊してはならない、現状を凍結的に保全しなくてはならない地区のことです。
それに対し風致地区は、規制されている行為をおこなわなければ、ある程度改変をおこなっても良いとされています。

また、もう一つ「景観地区」に指定されている地区があります。
景観地区は人工的な景観、いわゆる建物が対象となっているのに対し、風致地区は主に自然景観の維持が対象となっています。

京都では風致地区はどこに

京都府の風致地区は「西国風致地区」と名称が定められています。

【京都府の風致地区】

  • 日向市日向町
  • 物集女町
  • 寺戸町
  • 長岡京市粟生
  • 天神2丁目
  • 梅が丘1丁目
  • 大山崎町大山崎
  • 円明寺地区
  • 宇治(宇治、黄檗、三室戸)
  • 宇治田原

また、京都市、宇治市、宇治田原町では、別途風致地区を定めています。

【京都市の風致地区(全17地区)】

  • 相国寺
  • 鴨川
  • 上賀茂
  • 比叡山
  • 東山
  • 醍醐
  • 伏見桃山
  • 西国
  • 嵯峨嵐山
  • 西山
  • 北山
  • 紫野
  • 船山
  • 鞍馬山
  • 大原
  • 大技大原野
  • 本願寺

京都には数多くの歴史的建造物や街並み、寺社仏閣などがあります。
そのため、たくさんの地区が風致地区に指定されています。
日本の宝とも言える京都の歴史的街並みや建造物は、これからも守り続けなくてはならない存在です。
風致地区に指定されていない地区にも、古都京都らしい街並みが残されているところもあります。
新しい建造物も必要ですが、古い建造物も文化や歴史を知る上で失くしてはならないものであるといえるでしょう。

風致地区の(第一種~第三種)内容(と規制)建ぺい率、隣地後退距離、道路後退距離、屋根や外壁の色等

風致地区の始まりは大正15年にまで遡ります。
東京の「明治神宮内外苑付近地区」が初めて風致地区に指定されました。
風致地区は最近始まった制度ではなく、昔からある制度なのです。
風致地区の指定に関しては、10ha以上の地区の場合、都道府県や政令市により指定されます。
逆に10ha未満の地区であれば、市町村が指定できます。

京都では地区の特性に応じて、風致地区を第1種地域から第5種地域までの種別に分類しています。
建物の高さや建ぺい率の上限など、種別ごとに分かれています。

【第1種地域】

  • 建物の高さ 8m
  • 建ぺい率 10分の2
  • 後退距離(道路部分)3m
  • 後退距離(その他部分)2m
  • 緑地の規模 10分の4

【第2種地域】

  • 建物の高さ 10m
  • 建ぺい率 10分の3
  • 後退距離(道路部分)2m
  • 後退距離(その他部分)1.5m
  • 緑地の規模 10分の3

【第3種地域】

  • 建物の高さ 10m
  • 建ぺい率 10分の4
  • 後退距離(道路部分)2m
  • 後退距離(その他部分)1.5m
  • 緑地の規模 10分の2

【第4種地域】

  • 建物の高さ 12m
  • 建ぺい率 10分の4
  • 後退距離(道路部分)2m
  • 後退距離(その他部分)1.5m
  • 緑地の規模 10分の2

【第5種地域】

  • 建物の高さ 15m
  • 建ぺい率 10分の4
  • 後退距離(道路部分)2m
  • 後退距離(その他部分)1.5m
  • 緑地の規模 10分の2

また、風致地区内では、屋根の形状や材料、外壁仕上げや色彩などの項目においても基準が設けられています。

風致地区(の規制)は町並を整える

風致地区に指定された区域内で、住宅やその他建物の新築や増改築をおこなう場合には、定められた制限を厳守することが求められます。
周辺区域の風致と不調和にならないことや、屋根や外壁の色彩が風致に調和していることなどです。
つまり、風致地区は街並みを整えなくてはならないため、そういった細かな制限が定められているのだと解釈しましょう。

仮に風致地区において、奇抜なカラーの外壁や変わった屋根の建物があった場合、何だかそれが目立ってしまい、せっかくの景観が台無しになってしまう恐れがあります。
住環境に優れた美しい町並みを後世にまで受け継ぐためには、確かに細かな規制が必要です。
それがなければ、現在まで残っている「歴史的なもの」や「自然」が失われてしまうかもしれません。
規制に沿って町並みを整えることで、より素晴らしい地区となるのではないでしょうか。

山と樹木と山菜について(里山に遊ぶ)

植林の事(杉、桧の植林)

人工林で植えられている杉や桧は建物に欠かすことのできない建材です。
土台から柱、梁そして内装材まで幅広く使わています。
日本の林業の主役とも言える「杉」と「桧」。
現在、杉や桧は各地の里山にたくさんの苗木が植えられています。
その中でも特に杉は数多く植えられており、又安価で優れた性質を持っていることから、住宅建材の主流となっています。

日本の国土面積の約7割を締めている森林面積のうち、人の手により植林された森林面積は約4割です。
植林は、木材の生産のためにおこなう「産業植林」と環境保全のための「環境植林」の2種類あります。
建材やさまざまな製品の原料とするには、たくさんの杉や桧が必要です。
ただ、植林でも環境保全のためにおこなわれる環境植林もあります。

日本においての植林は、戦後におこなわれた「拡大造林政策」から始まりました。
戦後の復興のためにたくさんの木材が使われたため、木材不足となりました。
荒れてしまった里山に木々を取り戻すため、針葉樹が数多く植林されました。
ただ、植林した木々が成長するまでの間も大量の木材が必要となったため、外国製の木材を輸入せざるをえませんでした。
その結果、安価な輸入木材の需要が高まり、国内の林業業界全体が窮地に追い込まれることになってしまいました。
廃業した林業会社もたくさんあり、その会社が持っていた山が放置され荒れてしまう、悪循環が続きました。

現在でも輸入木材の需要は高いままですが、里山に杉や桧を植えたりと植林活動にたいする意識は、高くなっています。
又、国産材の活用も30%を超えるくらいに回復しています。

里山の樹木はどんな樹種が(栃、柿、栗、山椒)

里山にはさまざまな種類の樹木があります。
日本の里山の樹木は主に針葉樹と広葉樹に分けることができます。
針葉樹は主に針のように細い葉を持った木を指しています。
広葉樹は平たい葉を持った木のことです。
松や杉、桧、モミ、カヤ、マキなど、細くて細かな葉を持つ針葉樹は自然のものから人工的に植林されたものまで里山で育っています。
栗や山椒、アオダモ、木蓮、桜、ブナ、ケヤキ、クスノキ、カキなど、が広葉樹です。
広葉樹もまた里山でさまざまな種類の樹木が育っています。

又、里山には杉や桧といった建築用材の人口林の木はもちろん、一見何の木なのかわからないものまでさまざまです。
里山では四季折々に花を咲かせてみを付ける樹木や、秋になると紅葉する樹木があるため、一年を通して楽しむことができます。
柿や栗は秋になると実をつけます。
里山に植えられている色づいた柿や、落ちている栗の実を拾う人々の姿は秋の風物詩ではないでしょうか。

又、香りの良い山椒の葉や実は、料理の名脇役です。
日本最古の香辛料とも言われている山椒もまた里山にあることの多い樹木です。
このような実のなる実用的な樹木が、身近にあるのは楽しいですね。

里山の山菜は

山には美しい花を咲かせたり、美味しい実のなる樹木がたくさんありますが、美味しい山菜もまたたくさん生えています。
四季折々に楽しめる山菜を求め、里山に行かれる方は多いと思います。

  • タラの芽
    山菜の王様とも呼ばれているタラの芽は、タラの木の新芽で毎年3月~4月初旬まで収穫することができます。
    山菜シーズンになると一番人気の山菜で、天ぷらや和え物にするのが一般的です。

  • ふきのとう
    2月~5月と雪解けの頃に収穫できる山菜が「ふきのとう」です。
    独特の風味を持った山菜であり、天ぷらにするとクセが抜けて美味しく食べられます。

  • コシアブラ
    天ぷらで食べると絶品と言われているのがコシアブラです。
    毎年4月~5月頃に収穫できる山菜で、ブナの木がたくさんある場所に生えている事が多いものです。

  • 青こごみ
    5月~6月初旬に収穫できる青こごみは、シダ植物の山菜です。
    サラダやお浸しなどで食べることが多いものです。

  • ゼンマイ
    3月~6月に収穫できるゼンマイは、山の崖下や急斜面に生えていることが多い山菜です。

  • 山わさび
    白っぽい色をしたわさびとして知られている山わさび。
    毎年10月~11月の秋に収穫することができます。

他にも、「ヤマウド」や「ワラビ」「カタクリ」「行者にんにく」「ハリギリ」「根曲り竹」など、里山にはさまざまな山菜が生息しています。

里山に遊ぶ(森林浴、山菜採り等)

里山には楽しい事がたくさん!
四季折々の楽しみ方がある里山にはたくさんの魅力が詰まっています。
森林浴や山菜取り、里山散策、キャンプなど大人らしい遊びができるのが魅力的です。
樹木に接することで精神的な癒しを得ることのできる森林浴は、医学的にもリラックス効果をもたらすと言われています。
日常とはかけ離れた里山に行くことだけで、恐らく癒されるのではないでしょうか。

また、里山を散策しながら山菜採りができるのも大きな魅力です。
山菜だけでなく、木々に実っている美味しい果実なども収穫できるかもしれません。
身近にある里山で遊んでみるのも良いですね。