Suburban type Heisei’sKyomachiyaBuilding
Housing that respects Japanese culture
Residence using local cedar and cypress
New construction · Kyomachiya family
Housing that enjoys wood · Japanese modern
Modern wood house
House of wood enjoying interior
Renovation living inherit to home ~ Machiya’s old private house regeneration ~
Kitayama cedar for interior use
Housing that enjoys space

Message

Since our establishment in Meiji 42 (1909), we have created homes to satisfy our clients as a homebuilder of the community.

People and homes are nurtured by the climate and history of the community.
We would like to continue to create homes together with our customers by providing face-to-face homebuilding service where material selection and handwork are valued.

Akira Takeuchi
Representative Director
Takeuchi Komuten Co., Ltd.

About Us

Thank you for visiting our website. At Takeuchi Komuten, we have been creating homes based in the community. “Building homes with Kyoto grown woods” is our slogan, and we collaborate with local foresters to provide face-to-face homebuilding service.

Takeuchi Komuten is involved in afforestation projects and woodcraft classes using locally grown materials as part of our activity to encourage people to know more about trees and woods that we are familiar with, but in a sense distant as well, and to consider them as useful resource. We believe the activities would help reserve well-maintained forests that produce quality materials for future generations.

We strongly hope to keep providing opportunities to experience the pleasant feeling of living in a home made of natural woods.

about image

Creating a Place to Live.

Takeuchi Komuten has devoted itself to building custom homes.

From Sagano’s historic house to a modern building … every town is like a model house of Takeuchi Building.

We have always created homes to satisfy our clients as a homebuilder of the community.

We will continue to build quality homes in the historical city of Kyoto.

Our Specialty

Since its establishment, Takeuchi Komuten has spent its years together with the people in the community of Saga,Kyoto, a wood and lumber center of the region. We have mainly concentrated on custom homebuilding with our special interest in creating homes made of woods grown in Kyoto. Our building plans invite natural light and breeze into the space while proposing practical and efficient function within the Japanese ambience.

We often recommend sloped ceilings with visible structural design including the beams. It is a way of incorporating an element of change in the rich space. Based on the practical and ecological aspect of traditional Kyoto townhouses, we aim for energy and cost saving homes. It is also our belief that the exterior of the house including the depth of the eaves, color of the walls, and decoration should best match the surrounding environment and follow the traditional details.

Our understanding of a wooden home is a home built with the most appropriate wooden piece in the most appropriate place, and the interior finished with matching materials such as plaster, diatomaceous earth, or eco-friendly wallpaper. We have named our homes made in such way “Kiraku-no-ie (a house to enjoy wood) ”

More and more clients are requesting facilities such as stainless or artificial marble kitchen countertops, doors made of natural wood, or built-in sink counters with mosaic tiles attached, which are the elements reflecting the clients’ special preference. We are ready to respond to such detailed requests, which is only possible in custom-made homes.

It goes without saying that a spirit of craftsmanship and skills of excellence are inevitable in creating such homes.

Attention to wood

Commitment to wood, cedar and hinoki conifers are used for interior materials of construction materials, floors, walls, ceilings, hardwood flooring as a bedding and flooring, Moreover, it is built in the building as building furniture, and other furniture that matches the house with solid wood hardwood is chosen, and the carpentry craftsman of our company selects the material and is making it. These are produced by selecting the owner’s favorite material from among many stock materials in its own warehouse.

We set the price as affordable as necessary for the house of our company’s tree. These innocent materials give comfort to give out the thickness and texture to the house as time goes on.

When I used it on the ground plane of the entrance as requested by the owner to leave the zelkova material that was the ground plane between the deck at the time of rebuilding the house and use it as a part of the new residence, the rustling feeling of the old material I have found that they are blending in new homes (they are increasing in texture). The history and oldness of the building is being reviewed also in renovation of a town house.

And now, the buildings, spaces and designs of the Kyomachiya family and the materials used are being re-recognized as vintage.

Wooden building materials have long been used for wooden buildings, as well as for relocation, for different buildings, for different parts to be used around. Especially, we use the value of the old one and make use of it (reuse) This is the wisdom of the reasonable life of the Kyoto people.

image image

On the other hand, Kyoto has a climate that creates and accepts innovative things while inheriting traditional things. There are many cultural properties historically in Kyoto, and there are still many Kyomachiyas.

We also have a consciousness as a construction store in Kyoto, work to take care of the old things and take over to the next generation, On the other hand, we have made new attempts and practices such as construction of new wooden buildings using laminated wood and CLT made to expand the consumption of community timber, dealing with pellets using thinned wood of community material etc , And will do further challenge.

image

Construction example

It is a collection of our proud boasts that has worked on many orders.
With wooden houses as the basis, we also have confidence in construction such as RC construction.

Click each category to go to the details page.(japanese)

Construction example

New arrival construction example

  • 2021年8月27日

    京都市Y邸「京町家リノベーション工事」

    京都市Y邸「京町家リノベーション工事」 特徴 京都市の街中、昔ながらの町家が点在する地域で築100年の歴史ある京町家をリノベーションしました。外観は京町家のカタチを踏襲しつつ傷んだ部分を修復しています。伝統的な京町家の構造に合った耐震補強と、快適に過ごせる温熱環境を目指し、断熱改修も行いました。京町家の特徴である中庭を挟んで、東棟、西棟とに分かれた建物を二世帯で住まい分けをし、生活がしやすい動線へと改修されました。これまでに幾度かリノベーションを行われている東棟は既存部分と改修をする部分とに分けて工事を行い、西棟はキッチン、洗面台、トイレを含む設備の新設に加え、中庭に面した2階の一部屋を吹き抜けとしました。京町家の建物全体に自然光が入り、次の世代も住まいやすい空間になりました。 構造 木造2階建て 種別 リノベーション 場所 京都市 設計 空間工房 用舎行蔵 竣工 令和3年4月 延床面積 295.52㎡(1階:179.22㎡ 2階:116.30㎡)
    >Look at this construction example
  • 2021年7月20日

    大阪府高槻市「S邸新築工事」

    大阪府高槻市「S邸新築工事」 特徴 大阪府高槻市、駅前の商店街からほど近い住宅地に建つ新築住宅です。 駅までの人が行き交う立地ですが、2階にリビングを設けることで、プライバシーと、採光を確保しました。 リビングは化粧梁を現しにした勾配天井とし、空間を豊かにしています。また、家事動線を考慮し、リビングからは洗面脱衣室、洗濯もの干しとスムースに移動することができます。 外部は和風の外観に調和するよう、前庭を造り、敷石と、竹垣で路地をイメージしたアプローチを設けました。 玄関の格子戸を開けると、豆砂利仕上げの土間、杉板張り天井、階段が見える玄関ホールと和モダンな空間が広がります。 玄関を中心に両隣に土間続きの作業室とシューズクローゼットを配置しました。 家の中で過ごす時間を快適に、趣味も楽しむ、心地よい木の家になりました。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 大阪府高槻市 設計 自社設計・監理 竣工 令和3年3月 延床面積 98.55㎡(1階52.38㎡ 2階46.17㎡)
    >Look at this construction example
  • 2021年6月23日

    京都市右京区嵯峨「T邸新築工事」~伝統工法の家~

    京都市右京区嵯峨「T邸新築工事」~伝統工法の家~ 特徴 京都市右京区嵯峨鳥居本の伝統的な風景が残る地域に完成した新築住宅です。平板瓦葺きの屋根に、深く出た軒、外部の木製建具で素地の木の色をいかし、外壁は珪砂漆喰を鏝塗りで仕上げ、まるで今までもそこに建っていたような、柔らかな風合いのお住まいになっています。 建物の構造は手刻みの木材を伝統工法で組み、木軸の通し柱は150角、管柱は120角と大きな寸法のものを使用しています。 建物内部は、確かな骨組みを活かし、大きな窓を配置し庭の緑を取り入れ、天井高のある自由で豊かな空間になっています。数寄屋の要素を取り入れた玄関からは畳敷きの廊下が続き、和室空間には面皮の柱や長押、北山丸太(磨き丸太)を随所に使用しています。リビング、オーディオルームなどの洋室は天井、壁と藁ジュラク塗で仕上げ、床材は無垢のゴールドチークです。吟味された素材を使用し、自然を身近に感じられる豊かなお住まいになりました。 構造 木造2階建て 種別 新築 場所 京都市右京区 設計 住まい塾 竣工 令和2年7月 延床面積 150.83㎡(1階:86.01㎡ 2階:64.82㎡)
    >Look at this construction example

施工事例

木楽庵

注文住宅・建築を数多く手がけてきた施工事例集です。 木造住宅を基本に、RC造建築などコンクリートの素材をいかした建築にも実績があります。 各カテゴリをクリックすると、 詳細ページに進みます。

施工事例イメージ

新着施工事例

  • 2021年8月27日

    京都市Y邸「京町家リノベーション工事」

    京都市の街中、昔ながらの町家が点在する地域で築100年の歴史ある京町家をリノベーションしました。外観は京町家のカタチを踏襲しつつ傷んだ部分を修復してい...

  • 2021年7月20日

    大阪府高槻市「S邸新築工事」

    大阪府高槻市、駅前の商店街からほど近い住宅地に建つ新築住宅です。 駅までの人が行き交う立地ですが、2階にリビングを設けることで、プライバシーと、採光...

  • 2021年6月23日

    京都市右京区嵯峨「T邸新築工事」~伝統工法の家~

    京都市右京区嵯峨鳥居本の伝統的な風景が残る地域に完成した新築住宅です。平板瓦葺きの屋根に、深く出た軒、外部の木製建具で素地の木の色をいかし、外壁は珪砂...

  • 2021年5月17日

    京都市右京区太秦トキワ荘「倉庫からシェアオフィスへのコンバージョン工事」

    京都市右京区太秦で倉庫からシェアオフィスへのコンバーション工事をしました。 既存鉄骨の倉庫内に入れ子構造の小屋を作り、そこをコワーキングスペースとし...

  • 2021年2月15日

    京都市北区「紫野の家」~土壁の部屋がある気密工法の家~

    京都市北区紫野、昔ながらの西陣の街並みが残る地域に完成した新築住宅です。 左官仕上げの外壁に、杉板、格子を合わせ、軒裏は30mm厚の杉板を現しにし準...

  • 2020年12月11日

    修学院の家

    京都市左京区修学院の住宅街に建つモダンな建物です。 2階に配置されたリビングはアイランドキッチンを中心に、 スキップフロアと下がり天井がアクセント...

  • 2020年8月18日

    「嵯峨小倉山O邸」~通り土間のある家~

    奥嵯峨の昔ながらの風景が残る地域、周囲の景観に溶け込む和風新築住宅です。左官仕上げの外壁に正面の焼杉板が建物のアクセントになっています。外部の通り土間...

  • 2020年7月13日

    こども園の木の塀 ~ヤマケン木の塀~

    京都市右京区にある「こども園ゆりかご」園庭を囲む木の塀です。 元々あったブロック塀を取り払い、京都府内産の木材を使用し製作しました。 柱には桧の角...

  • 外観

    2020年7月2日

    「北白川の家」

    京都市左京区北白川の閑静な住宅地に建つ瀟洒な外観をもつ新築住宅です。 中庭を取り囲むようなコの字型の建物で、廊下、リビングの大きな窓から庭の木々を眺...

  • 外観

    2020年6月29日

    「エル・ラガール」~新築京町家~

    京都市中京区にスペイン料理店を営む住まい手さまの新築京町家が完成しました。 建物正面は黒漆喰仕上げの真壁の外壁で、千本格子、鎧張りの腰壁等木部は塗装...

お客様の声

竹内工務店で実際に家づくりをされたの「お客様の声」をご紹介させていただきます。
これから住まいづくりをお考えの皆様にも竹内工務店の家づくりを知っていただきたくおもいます。

大阪府高槻市「S邸新築工事」お客様の声

「床に寝ころびたくなるくらい、無垢材は心地よいです。」「マンション居住時のような湿気がこもって不快という感じがなく、木が調湿してくれているのを感じます。」


京都市左京区「H邸新築工事」 お客様の声

「茶室の横の鞘の間で雪見障子をあけ、庭をながめながら、仕事をしたり、お茶をしたりしてくつろげるところが気にっています」


京都市「S邸京町家のリノベーション工事」 お客様の声

「現場監督、棟梁はじめ、みなさん親身に対応していただきました」


住まいづくり

注文建築ひとすじの竹内工務店です。 地域の住まいづくりの担い手として、お客様に喜ばれる家づくりを実践してきました。 歴史ある京都で、これからもより良い注文建築・注文住宅をつくり続けてまいります。

竹内工務店のこだわり

創業以来、木材の集積地である京都・嵯峨で地域の皆様とともに歩んできた工務店です。 注文住宅を主に、京都の木を使った木の家・住まいをつくり続けています。 自然の風や光を住まいに取込み、機能的には合理性と和のこころをしつらえに活かしたプランを提案しています。 室内においては梁などの構造的な意匠を見せた勾配天井(空間の豊かさや変化を楽しむ仕掛け)もお勧めしています。 京町家の持つ合理的(エコ)な部分を範として省エネ(省コスト)を目指し、 外観においては軒の出の深さや外壁の色など伝統的な装飾(ディテールの踏襲)なども町並みに溶け込むような建築が最良だと考えています。 「木の家」とは、木の持つ素材をいかし適材適所に見合う材を使い、それに合う 素材を選び漆喰や珪藻土、エコクロスなどを内装として仕上げています。 弊社のこれらの家を「木楽の家」と名付けました。 設備においては、無垢の木の壁や天井の浴室、オリジナルのキッチンや、オリジナルの洗面カウンターなどのご要望の方が増えています。 このような「注文住宅」ならではの施主様のこだわりの部分にも竹内工務店では対応させていただいております。 もちろんこれらの住まいづくりは、職人の心意気と手技が必要である事は言うまでもありません。

木へのこだわり

木に関してのこだわりは、杉や桧などの針葉樹は造作材や床、壁、天井の内装材に使い、広葉樹は敷台や床材として、 また、造り付けの家具として建築に組込み、その他無垢の広葉樹で住まいに合う家具をということで、材を選び自社の大工職人が造っています。 注文住宅ならではの様々な無垢の木の使い方をご提案させていただいております。そしてこれらは自社倉庫内の数多くのストック材の中から施主様の好みの材を選んでいただき制作しております。 弊社の造る木の家、注文住宅に必要なものとして値段も手頃に設定しています。 これらの無垢の材は時を経るごとに住まいに厚みや風合いをかもし出し心地よさを与えてくれます。 住まいの建替えの時に、床の間の地板であったケヤキ材を残して新しい住まいの一部に使ってほしいとの施主様の要望で玄関の地板に使った時に、古材の持つ侘びた趣が 新しい住まいの中で溶け込みなじんでいる(風合いを増している)のを見つけました。 町家リノベーションにおいてもその建物の持つ歴史や古さが見直されています。 そして今、京町家の建物・空間や意匠、使われている材等がビンテージとして再認識されつつあります。 昔から木造の建築物の材は、移築はもちろんの事、違った建物に、違った部位に使う等使い廻しがなされてきました。 特に古いものの価値を見極め、活かして使い廻す(再利用)これは京都人の合理的な生活の知恵です。
木へのこだわり イメージ画像1 木へのこだわり イメージ画像2
また、一方で京都は伝統的なものを継承しつつも、革新的なものを創り受け入れる風土があります。 京都においては歴史的に数多くの文化財があり、まだ京町家も数多く残っています。 我々も京都の工務店としての意識を持ち、古いものを大切にして次世代に引継ぐ仕事をするとともに、 一方では地域産木材の消費を拡大する為につくられている集成材やCLTを使った新しい木造建築の建設や、 地域材の間伐材を使ったペレット等を取り扱う等、新しい試みや実践をし、そしてさらなる挑戦をしてまいります。
木へのこだわり イメージ画像3

京の家

京に住む(家)

家づくりは、従来から地域の気候風土にあったものとして作られてきました。 地域の職人の手によって、身近にある材料を使って様式に従い(従来の京町家や民家は)作られています。 先人からの知恵を受継ぎ(伝えられ)建てられています。 新しい京の家はそれらの利点を踏襲し、 現代の生活に合う機能を持つものとして長年にわたって住みつなげる家としてつくられるべきだと思います。

京の町並への配慮

町並みは、屋根や建物の形態や素材、色等の整いが美しさをひきたてます。 京の町並には、いぶし瓦の平入の瓦の軒が連なった整った美しさがあります。 そのような廻りにも配慮された京の町並に住む事は心地良いです。

古い建物をいかす

歴史ある京都に残る京町家は、おおよそ45,000軒これらが現在、京都の財産となっています。 京町家の古さが価値となり、古さをいかす事が必要とされています。 京町家を始め古い建物を住みやすく(リノベーションし、)安心して次世代に住み継げるようにすること。 私たちは地域に根ざす工務店として町家リノベーション・古民家再生の施工者、設計者としても皆様のお役に立ちたいと思っています。