京都市左京区H邸~茶室のある新築住宅~

特徴
京都市左京区の閑静な住宅街で、茶室のある新築住宅が完成しました。茶事ができる家として二つの茶室があり、躙口を備えた三畳の小間と表千家松風楼写しの八畳の広間で他に水屋等があります。全て手刻みで大工の技が随所に見ら れる建物になっています。外構工事では露地(茶庭)をつくり腰掛待合を備えています。茶事の時だけでなく、日常でも、四季を通じて、様々なお花や植物に囲まれ、ゆっくりとした時間を楽しめるお庭になっています。
構造
木造2階建
種別
新築
場所
京都市左京区
設計
自社設計
竣工
令和元年12月
延床面積
120.07㎡(1階:77.89㎡ 2階:42.18㎡)

最終更新日:2021年11月2日投稿日:2021年11月2日