宮川町の京町家 ~ゲストハウス~

外観サイズ修正後
特徴
長年居住されていた京町家を改修し、ゲストハウスにリノベーションする工事を行いました。元の古い京町家の形を踏襲し、京町家の良さを残しつつ、新たに丸い飾り窓や、千本格子の建具などを新しく設え風情が増しています。建物を骨組みを除き解体し、構造的に弱い部分は補強を行い、断熱材を充填、断熱性能も高めています。内装も京町家の雰囲気を損なわないよう古建具や欄間等、随所に和の素材を取り入れています。 京都の北山丸太、式台には桜の無垢板等、木の質感を楽しめる素材も使用しています。2階和室部分は解体後に現れた、既存のゴロンボをあらわし、居住空間を広くとるため勾配天井としています。
構造
木造2階
種別
京町家リノベーション
場所
京都市東山区
設計
自社設計
竣工
平成29年
玄関飾り棚玄関アフター内部2アフター内部2階洗面