上七軒の家

外観写真
特徴
西陣の古い京町家が多く残る京都市上京区北野天満宮近く、上七軒にある新築のお住まいです。古い京町家の町並に溶け込むよう道路沿い正面の外壁は漆喰塗りと千本格子を、腰壁は鎧貼りで仕上げています。内部はうなぎの寝床の細長い建物に自然の光りがたくさん入るようにトップライトと中庭を設けています。玄関の特注のステンドグラスの引分戸を開けると、吹抜けの空間になっており、カウンター席でゆっくり過ごせるスペースになっています。お座敷の床の間は床柱に北山磨き丸太を、床框には北山桧を使用し、天井、壁は漆和紙で仕上げています。モザイクタイルを使ったオリジナルキッチンと洗面台は町家の内装の雰囲気に溶け込んでいます。2階へと繋がる階段は京町家で昔からよく使われてきた箱階段を造作で製作しました。二階は梁を現しに天井を高くしました。6帖程の空間ですが、広く感じられます。伝統を考慮し現代の住まいとしても心地良い空間となりました。
構造
木造2階建て
種別
新築
場所
京都市上京区
設計
株式会社 クカニア
竣工
平成28年4月
延床面積
111.20㎡ (1階:67.76㎡ 2階:43.44㎡)
玄関LDKキッチン箱階段和室2階2階和室洗面台浴室 トイレ