嵐山の家 ~木造住宅のリノベーション~

リビング3
特徴
嵐山の住宅街にある木造2階建てのリノベーションです。建物内部は大部分を解体し、階段、吹抜け、リビング、水廻りの位置も新たに生まれ変わりました。リビングは南と東から太陽光が入る位置に配置し、吹抜けを設けました。サッシはペアガラスに入れ替え、断熱材も新たに充填、リビングと洗面脱衣室には床暖房が入っています。各部屋に収納を配置し、造作家具も製作しています。オリジナルの造作キッチンは、シンクと一体のステンレス天板から製作しました。使い勝手を考慮しシンク内を2段にし、食洗器をシンク下に配置しています。内装材にはクリ、杉、桧をメインに使用し、家具など木部の塗装は柿渋塗り、自然素材の柔らかさを活かしたリノベーションになりました。
構造
木造2階建て
種別
リノベーション
場所
京都市西京区
設計
1級建築士事務所 nekko
竣工
平成30年2月
延床面積
118.09㎡(1階:63.87㎡ 2階:54.22㎡)
リビング5 吹抜け2 キッチンカウンター 造作キッチン 2階部屋 2階アール部屋 玄関2 洗面室 トイレ 外観2