宇治の家

特徴
京都府宇治市、周囲に茶畑やお茶屋さんが点在する住宅地に建つ平屋建新築住宅です。 シンプルな平面計画と特徴のあるはさみ梁の構造、そしてその勾配天井がもたらす豊かな空間には、自然光の柔らかな光が届きます。 外壁は調色したカラーモルタルで基礎立上り部分から仕上げ、軒裏は構造用合板を使用しています。 奥行のある玄関スペースは廊下を兼ね、勾配天井のトップライト、北側の高窓からやさしい光が入る空間となっています。 リビングには内土間があり、こちらからも出入りが出来るようになっています。 各スペースの収納、家具等は造作で製作しました。内装はシンプルな白と木で仕上げ、落ち着きのある空間となりました。
構造
木造平屋建て
種別
新築
場所
京都府宇治市
設計
A.C.E. 波多野一級建築士事務所
竣工
平成31年2月
延床面積
104.84㎡