「広沢の家」

特徴
京都市右京区広沢の池にほど近い土地に2階建の新築住宅が完成しました。 家族が集まるリビングは吹き抜けで一体感のある空間とし、高い位置に窓を設けることにより、南からの光を取り入れました。 構造材には国産材の杉、桧を使用し、梁は表しで仕上げています。 玄関横にはシュークローゼットと大きなウォークインクローゼットを設けました。 直線的でシャープな印象の内観に、木の温もりの加わったお住まいになりました。
構造
木造2階建て
種別
新築
場所
京都市右京区
基本設計
越前良太デザイン研究所
竣工
平成31年2月
延床面積
131.95㎡(1階:81.78㎡ 2階:50.17㎡)
リビング 階段 吹抜け 和室 キッチン2 2階廊下 2階個室 シュークローク 玄関