(建築中)京都市O邸 着工 地鎮祭

先月の大安の日に゛Ok project″ 京都市O邸の地鎮祭(じちんさい)を行いました。
地鎮祭とは、建築を始める前にその土地の守り神様に工事の開始を報告し、工事に関わる人たちの無事・安全と、建主の家のご繁栄を祈願する儀式です。
神職は、大将軍八神社からお越しいただき地鎮祭の祭事をとり行っていただきました。
式の中で御祓詞(はらえことば)から始まり、祝詞奏上(のりとそうじょう)、苅初(かりぞめ・設計者)、穿初(うがちぞめ・施主)、土均(つちならし・
施工者)そして神職が鎮物(しずめもの)をおさめます。
そして玉串奉奠(たまぐしほうてん)で祭事は無事終了しました。
次に直会(なおらい)で、神事に参加した人たち一同で神酒と神饌(お供え物)をいただきました。
この地は小倉山という地名のごとく、風致地区や歴史的風土保存地区等、建築に関わる規制の大変厳しい所です。尚、この建物の設計は大阪のKs ARCHITECTS さんです。

祭壇    
祝詞奏上                    

うがちぞめ
鎮めものおさめ