民芸について

民芸の始まり

「民芸」という言葉を聞かれたことはありますでしょうか。
「民芸」は「民衆的工芸」の略称で、その始まりは今から90年以上前に遡ります。
1920年半ばの大正時代、工芸の世界では華美で煌びやかな装飾が主流でした。
ところがそうした装飾品は高価であり、外形上の美しさはあるものの、実用性がなく、富裕層である一部の人たちだけの嗜好品とされていました。
そこで、柳宗悦・河合寛次郎・濱田庄司らが中心となって、名の知れない職人が作り出した日常的な生活用品を「民芸」と呼び、
地域の風土に根差した文化、一般大衆の生活に親しみのある手仕事にこそ美しさがあると提唱しました。
伝統を重んじ、歴史で培ってきた叡智と土地が育んだ自然にこそ、健康的な美が生まれるという発想です。
民芸を広める活動を民芸運動と呼び、後に濱田庄司は人間国宝に認定され、数々の民芸品は重要文化財などにも認定されました。
このように民芸は工芸史上の歴史に大きな影響を与えています。

民芸品とは(民芸品と呼ばれるもの 陶器、生活雑貨、家具、織物、建築)

先ほどお話した民芸ですが、あまり民芸品に馴染みがないように思われるかもしれません。
しかし、民芸品は私たちの暮らしと関わりが深く、いたって平凡な存在です。

民芸品の特徴は、

  • 実用的であること
  • 大量生産できること
  • 廉価であること
  • 地域性が高いこと
  • 個を重んじず無名であること
  • 伝統的であること

などが挙げられます。

民芸は陶器、生活雑貨、家具、織物などに取り入れられいます。
具体的には箪笥、こけし、赤ベコ、うちわ、下駄、筆、手ぬぐい、竹細工、和紙、人形、刃物、和楽器、漆器、ろうそく、
仏具など挙げるとキリがないほどたくさんの民芸品があります。
お住まいの地域やゆかりのある場所の民芸品を調べてみると面白いもので、京都では風呂敷、染め物、清水焼などが有名です。
民芸はこのような生活用品、雑貨以外に建築にも取り入れられています。

民芸館(各地の民芸館)

民芸は各地の風土に根差していることから、地域折々の伝統、工芸、文化が存在します。
日本に限らずどこの国でも民芸品は作られていますが、島国である日本は閉鎖的な地形であるため、独自色の強い文化が発達しています。
全国各地には民芸館があり、民芸の歴史・世界に触れることができます。

北は北海道から南は九州まで民芸館があり、関西地方には大阪民芸館、京都民芸資料館があります。
その他に河井寛次郎記念館、アサヒビール大山崎山荘美術館、丹波美術館などでも民芸品が展示されています。
京都民芸資料館には約1500点もの収蔵品があり、近畿地方やアジア各地の陶芸品、染織物、木工品などを見る事ができます。
同じく京都市内にある河井寛次郎記念館は河井寛次郎が実際に住んでいた佇まいが見どころで、建物や館内の調度品にも当時の様子がよく表れています。
竹製の家具や、色調がそろえられた木製の机と椅子、木彫りの像などはシックでノスタルジーを感じさせ、格調高いです。

民芸と建築

民芸は建築にも大きな影響を与えました。
先ほど挙げた「河井寛次郎記念館」の施主である河井寛次郎は、棟梁の父と大工の兄を持ち、陶芸家でありながら民芸運動を機に建築に携わりました。
河井寛次郎の建築は伝統的な民家の平面設計、周囲への景観を配慮した外観デザインが特徴的です。
大きな吹き抜け、囲炉裏を設け、地域性の高い郷里の建築様式を取り入れたり、古色仕上げを行う点でも意匠を感じられます。
又、李朝の陶器や家具に民芸の美を見出したというところから、建物の床にも「朝鮮張り」という床の張り方がなされています。
民芸が取り入れられた建築物は他に「濱田庄司邸」「日本民芸館」「倉敷民芸館」「三国荘」「高林兵衛邸」などがあります。
日本の建築は本来、木、藁、土、竹、石など、どこにでもある身近な自然素材が使われてきました。
木材には乾気、湿気に応じた伸縮性があり、四季のある日本の暮らしに順応した欠かせない存在です。
現在は耐震基準などの問題から、土壁が使われなくなり、便利な鉄筋コンクリートを用いたり、合成木材、人工木材などの工業製品も増えてきました。
しかしながら、今でも民芸を取り入れた建築物は人気があります。
国産の天然木材を使用し、和紙、白壁を取り入れた昔ながらの建築デザインで新築したり、既存の建築物をリノベーションすることもあります。

民芸を取り入れた建築は日本の風土や素材が活かされた用の美が魅力的です。