断熱材のいろいろ

断熱材のいろいろ

住まいを建設する時にこだわりたい部分はたくさんあります。
高温多湿で四季がある日本では、住む場所の風土の特性により、それぞれの地域で求められる性能が違い
それらに適した材料を選ぶ必要があります。
暑さ寒さに対しての対応する素材は、断熱材です。
素材としての断熱材も種類は、数多くあります。

これからの住まいをお考えされている方や、リフォームをされたる時には、
断熱材について詳しく知っておかれることをおすすめします。
今回は、断熱材の種類についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

●昔の断熱材

昔から使われている断熱材として代表的なものが、土壁と板壁です。
それぞれについて詳しく確認していきましょう。

・土壁

字のとおり、土を材料として作られている壁です。

昔ながらの竹木舞を編み、土をぬりこめた壁が一般的です。
最近は土だけで作られた壁の版築といわれるものも特殊な例ですが、使われだしてきています。

土自体の素材や成分によって、色合いや雰囲気ががらりと変化するのが面白い点です。
砂の混ぜ方や鏝の使い方で仕上がりが変わるので、幅広い選択肢の中から選ぶことができます。

自然から作られている材料のため、ホルムアルデヒドのような化学的な成分は含まれていません。
通気性と調湿性に優れているため、夏は涼しく冬は暖かい環境に導きます。
メンテナンスはほぼ不要ですが、
自然乾燥が必要なため施工工程の期間が長くなりがちです。

・板壁

木材を製材した材を柱間に落とし込み壁として使用しているものが板壁です。
ただし、断熱性能を求めるとある程度の厚みのある木材が必要となります。
調湿効果があり、梅雨の時期にもさらっとした空間で過ごせます。

仕上げ材として兼用するとその木材の木目などが楽しめますし、また様々な住まいにも適合します。
年数を経るごとに、木材の色が濃くなるなど経年変化も楽しめます。
さらに住む人とともに年を重ねていくことが実感できるでしょう。

●断熱材のいろいろ

断熱材は、その素材によって大きく4つに分類できます。

・化学系

化学的に合成された材料を使った断熱材です。
石油から作られたものが多く、ポリスチレンフォームやウレタンフォーム、
フェノールフォーム、ポリエステルなどの素材が使われています。
それぞれに特徴や違いがありますが、人工的に作られている素材なので、
自然のものよりも耐熱性、耐水性、吸水性、吸湿性などに優れています。
ただし、焼却時にはホルムアルデヒドが発生してしまうものもあるため使用には注意が必要です。

・鉱物系

鉱物から作られた材料として有名なのが、グラスウールやロックウールです・
その名前が示しているように、ガラスや岩から作られている素材です。
日本だけではなく海外でもよく使用されている素材で、
外張り断熱時に用いることもあります。
様々な形状で作られているのが特徴で、
一般的なボード以外にも、マットやフェルトのような形で使用することもできます。

・動物系

動物から採取された材料を使用しているものもあります。
代表的な素材としてはウールです。
羊毛から作られているので、素材としては比較的安価です。
マットのような形以外にも、モコモコとした綿のような形で使用することもあります。

・植物系

植物を原料としている断熱材もあります。
有名なのが、セルロースファイバーという素材です。
古紙から作られているので、リサイクル製品としても有用です。
綿状のため、敷き詰めたり壁に固定したりする方法が使われます。
吸音性能が高く、安価で取り扱いしやすいために、最も普及している断熱材です。

その他木材の樹皮等からつくられているものもあります。

●断熱材を使用することは

断熱材を使用すると、どのようなことが可能になるのでしょうか。
メリットとデメリットに分けてまとめてみたので確認していきましょう。

・メリット

外気からの熱を遮断することで、年中を通して快適な状態で生活できるため、
過度な冷暖房費を抑えられます。
室温を一定にできるために、お風呂上がりに部屋が寒くて心臓病などが起こってしまう
ヒートショック(室内の温度差による突然死)という現象の予防することができます。
外気との気温差が小さくなると、
冬場の結露を抑えられるため、カビやダニの発生も少なくできます。
将来的には、家全体の劣化スピードを緩めることも期待できます。

・デメリット

断熱しすぎると夏場に熱くなりすぎる可能性があります。
(夏場の日射を採り入れすぎると逃げ場がなく室内にこもります)
また、通気性が悪くなると湿気がこもりやすくなるので注意が必要です。
高気密にすると、建材などに含まれている化学物質が住宅内にとどまりやすくなるため、
シックハウス症候群が起こりやすくなります。

デメリットを改善するためには、使用する素材に注意しながら遮熱や換気等も考える必要があります。

●長年にわたって使える

環境に優しい材料を使用することで、人に優しい住宅に作り上げられます。
そのような素材で作られた住まいは、永きにわたって住み続けられることでしょう。

これから住まいづくりをされたい思っていらっしゃる方は、
まずは断熱材の素材にこだわることから初めてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ