(建築中)O邸 建て方、上棟

O邸の工事も基礎工事が完了して、上棟にむけて土台伏せをしています。土台は、桧の4寸角材です。桧材には防蟻・防腐効果があります。(ヒバ材も同様ですが、)関西では桧材が豊富にあるので桧材を使います。

土台下には基礎パッキンを敷き、床下の通気を確保しています。

あらかじめ工場で加工された材(柱、梁材等)が現場に搬入され積まれています。

そしていよいよ建て方開始です。レッカー車で梁を吊り、1階の柱と梁を組立ててゆきます。そして次に2階の柱、梁組そして小屋組(束たて、母屋)ここで棟木(水平材)をおさめ棟上げ(上棟)となります。

後、上棟式へと移ります。祭壇を設け上棟の祭礼をし、直会へと移ります。

今まで基礎工事や一部配管工事をしていた人たちが現場で仕事をしていましたが、これからは大工職人をはじめとする大勢の人達が、現場で仕事をしてゆきます。この棟上げの場が、初めて大工さんとお施主さんとが顔を会わせる機会となります。工事関係者一同、工事の安全を祈って、各自がこのお仕事を精一杯やらせていただくことを誓い、この建物が工期通りにいい建物に仕上がることをお祈りし無事上棟式を終了しました。

RCベタ 基礎完了

建て方1

建て方2

建て方完了

上棟式