宮川町の家・京町家リノベーション完成

2017.5.2

宮川町の家・京町家リノベーション完成

 

昨年来建物の改築工事をしていた宮川町の家・京町家リノベーションが完了し引渡をしました。

建物の工事は、昨年から本格的な揚げ前工事をして建物の傾きや床の高さの調整を済ませて内装工事に入っていました。

元の建物は宮川町という場所がら、お茶屋さんを営業されていたお店で、和室の続き部屋と和室の小部屋がとられている典型的な京町家の様式を持った建物でした。

京町家の粋が丸窓、下地窓や欄間の竹飾り、床柱や栃の縮み杢をもつ地板、襖柄等各和室の随所に見られ、全体的に遊び心のある設えとなっていました。

これらの特徴や良さを活かして、内装とくに左官の聚落壁塗を塗り替えて、木製建具は一部ペアガラスを入れるなりと機能的にも使い易くするのと、古建具を新しく組込み、古びた京町家の風情を保ちつつ全体の調和を計っています。

又施主のご要望で、玄関下駄箱の天板や和室の飾板には新しく桜の天板やケヤキの天板等の無垢材を使ってこの京町家リノベーション工事を完成しました。

通りの風情にもなっていた古い建物が、新しくよみがえったと近隣の方からも喜ばれています。

 

玄関と下駄箱

 

玄関脇 和室

 

1F 和室

 

シャワールーム
2F 和室
床柱と飾り束