(社員のブログ)京都府内産木材とウッドマイレージ

7月25日に弊社ホームページのコラム「身近な住まいの補助金について」でも一部ご紹介させていただいた京都府内産木材を使った住まいづくりについて、京都府のHPにも様々な情報が掲載されておりますのすのでどうぞそちらもご参考にしてみて下さい。京都府HP
自社設計施工の注文住宅「木楽の家」では国産材の使用をご提案させていただきます。そのなかでも京都府内での施工予定の物件では京都府産材を使うことをご提案させていただいております。


平成27年に竣工しました木楽の家「シンボルツリーのある家」です。主要構造材には杉、桧を内装には一部天井と壁に杉板を使用しています。枝付きの丸太も京都産です!


京都府の認証木材を使用した物件では必ずウッドマイレージの計算をしていただきお施主様にも木材の流通履歴やCO2、ガソリンの削減がどれくらい出来ているかなどを見ていただきます。
こちらのお住まいは上の写真のお住まいとはまた違う所ですが現場が京北のため材料もプレカットの工場もほとんど近くで最短記録でした。削減量もなかなかの量でした。
でもCO2削減量などはどうも分かりにくいところが多いのですが、やはり使われている材料がどこの産地でどうゆう経路をたどって現場まで届いたかなどを知れるのは何となく安心だというお言葉もいただきます。


ちなみにこちらの京北のお住まいの見えている木材はすべて京都府内産です。1階の天井の現しにしている合板も京都産の針葉樹を使った合板です。
使用最低数量が決まっているのですが、リフォーム、増改修でも利用できる制度ですので一度よろしければご検討してみて下さい。
また日本の木の家情報ナビこちらも国産材についての様々の情報を発信しています。