里山交流会での植林体験

先日、京都市右京区京北で里山交流会を開催しました。

明け方まで雨が降り、お天気が心配でしたが、イベント中は雨も無く、植林を行うことができました。

山の現状についてお話頂き、林業の大切さ、山を守っていく大変さについても知ることが出来ました。

今年は子供さんの参加も多く、夢中に土を掘り苗木を植えている姿が印象的でした。

シイタケを原木から収穫したり、山菜取りも経験し、里山での生活の一部に触れることができました。

里山交流会での一日が子供さんにとっても良い経験になれば嬉しく思います。

会場での受付風景です。
受付風景

植林を行う山に向かいます。鹿、イノシシ対策で植林する部分にはネットが貼られています。
山に向かう

これから行う植林の説明を聞きます。
レクチャー

私自身、小さい子が一緒だったので、少し心配でしたが、スタッフの方のサポートもあり、楽しく植林できました。
子供2

一所懸命土を掘ります。道具を使っていますが、根っこや石が出てきてなかなかスムーズにはいきません。そんな時はスタッフの方に根っこを切ってもらいます。
子供

斜面にどんどん苗木が植えられます。植林後、斜面を見ると達成感が。これから約30年、この山で木が育ちます。
植林

今回植林した苗木は最終、磨かれ、建築材になります。
倉庫の中

お昼は、地元の鹿肉、アユ、シイタケをバーベキューでいただきました。
バーベキュー