向日市N邸「蔵の家」リノベーション工事 完成しました

向日市N邸「蔵の家」リノベーション工事 完成しました。

母屋に隣接し、農機具小屋として使われてきた「蔵の家」。建物の構造はそのまま活かし、「蔵の家」だから出来る新旧がうまく融合した空間になっています。

外部の収納に付け足された部分は取り払い、杉で造作した縦格子を取り付けました。外壁は一部補修をし、元のカタチを活かした仕上がりになっています。

土壁を切り取り、屋根面にはトップライトを設け、薄暗かった蔵に光が入り、窓を開ければ気持ちの良い風も入ってきます。

内部は勾配天井とし、ロフトを設けました。空間を広く見せ、既存の梁もアクセントになっています。
新しく玄関やトイレも配置し、居室としても使いやすくなりました。

床の断熱対策として、既存土間の上にスタイロフォームを施工し、フローリングを貼っています。
小屋裏部分にも断熱材を充填。壁は土壁の断熱効果を活かしました。

造作の階段には無垢のナラ材、床材はナラ三層集成フローリング、木製建具は造作しタモ練付合板で仕上げ、既存の木部とのバランスも良く仕上がりました。

今回は完成した「蔵の家」の様子をお伝えします。

格子

建物内部

室内3

階段

トイレ

施工前写真は以前のブログにアップしています。
こちらもぜひご確認下さい↓↓
向日市N邸「蔵の家」リノベーション 施工前の写真