京都市右京区 木造住宅のリノベーション大工工事

前回に引き続き、木造住宅のリノベーション工事。

解体工事が終わり、建物の骨組みが見えてきました。

現場では大工工事が進んでいます。

木材に蟻害もなく、床下も乾いた状態です。元ある基礎、土台の上に床下地を組んでいきます。
新しく床下地に使う材料は防蟻効果のある桧材を使用しています。

解体後床下地工事

改修部分は床レベルを合わせて、バリアフリーな空間にしていきます。
床束を足し、大引、根太の上に構造用合板で剛性を高めていきます。
床レベル

現状では柱間に何も入っていない壁の部分に、
今回の工事で筋交いを足す、構造用合板で補強をする、新設壁でも耐力壁をプラスしていきます。

解体後

外に面する壁には断熱材が施されます。
古い建物の趣を活かしつつ、過ごしやすい室内空間にしていきます。
基礎