京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」土台伏せ工事、建て方工事

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」
青空の中、土台伏せ工事、建て方工事が進んでいます。

構造材には京都府内産の無垢の桧材、杉材を使用しています。

土台、大引き、柱など、地面に近い部分には無垢の桧と、北山杉のみがき丸太を、
桁、梁には無垢の杉材、地松の太鼓梁を使用しています。

竹内工務店では、なるべく構造材にも国産(地域産材)の桧、杉を使用した家づくりをしています。
構造材は最終的には見えなくなる部分ですが、家にとってはとても大切な部分です。
無垢の木には調湿作用があり、桧、杉の赤身の芯材は腐れや白アリに対しても強い材です。

まずは土台伏せ工事
ボルトで締める前に、図面通りに材料を配置
土台伏せ工事

120角の桧材
基礎に緊結されたアンカーボルトが通るように加工しています
このアンカーボルトを留めRC基礎と土台を緊結し一体化させています
加工

通気パッキンの上に土台を据えていきます
継手部分を組み、土台が完成します
プレカット

続いて建て方です
前回ご紹介しました、地松梁もクレーンで丸太柱の上にのせていきます
地松梁

現場は無垢の木材の良い香りがします
構造材

上棟に向け工事が進んでいきます
広範囲

こちらの現場では6月8日に構造見学会を予定しています。
詳しくはこちらをご確認ください!!
京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」構造見学会のお知らせ