国産材を使った平屋の住宅「静市の家」内部工事

京都府愛宕郡の静市で国産材を使った平屋の住宅の内部工事の様子です。
内部は大工さんの工事による造作工事がほとんど終わり、
塗装や珪藻土塗りが始まりました。

造作工事の様子

珪藻土塗りの様子

左官下塗りの様子

こちらでは梁の塗装が行われています。

国産の自然塗装を使って設計事務所様が作業されました。
木の素地の中にアクセントとして塗られています。

全体的に真壁の仕上げでさまざまな所で木材が現して見えてきます。

こちらの記事もおすすめです。
木の家の無垢材の使われ方