向日市N邸「蔵の家」リノベーション  木工事

向日市N邸「蔵の家」では木工事が進んでいます。
今までは物置きとして使われていた蔵なので、外部から光が入る開口はほとんどありませんでした。
居室として心地よく過ごせるよう、光の入る開口を設け風や光を建物に取りいれていきます。
断熱性能を考慮しLow-eペアガラスを使用しています。

以前あった木造増築部分が解体され、土壁の建物の姿になりました
外部に面するサッシも入っています
外観

内装工事も予定していますので、壁に下地を立ち上げています
開口

隣に立てかけてある木製戸があった開口部、庭へ出られるよう、掃き出しサッシが入りました
掃き出しサッシ2

床下の断熱性能を上げる為、断熱材(スタイロフォーム)が入っています
玄関

屋根面にも断熱材を施工しています
以前は天井があった部分も、高さを活かした解放感のある空間に
天井断熱材

ハシゴで登っていた天井裏収納が、ストリップ階段、ロフト、大きな吹抜けのあるスペースに生まれ変わっていきます。
トップライトで、一層明るい空間になるのが楽しみです。