現場のブログ一覧

京都市F邸リノベーション工事 お引渡し

京都市F邸リノベーション工事

内装工事も完了し、お引渡しをさせていただきました。

木造2階建住宅の構造躯体を活かして、和の空間を新しく木材、和紙、石材等本物の素材を使用しフルリノベーションしました。

耐震性能、断熱性能の向上もおこなっております。

今回はF邸リノベーションお住まい内部を一部ご紹介します。

桜材を中心に、様々な樹種の無垢材を使用しています
リビング中央の柱は桜材、床材も桜材です(アメリカンチェリー)

2階の寝室
杉の格子、障子の入った壁面は和紙で仕上げ

間接照明が柔らかい印象

 
階段板には無垢のタモ材
左官で仕上げた壁面の質感が間接照明で良い雰囲気に浮かび上がっています

欄間は赤杉で季節の移ろいを表現して製作されています

2階の床材は、ナラ材をいしがき加工したもの

お茶室の床框はえんじゅの木

木の温もりの感じられる素敵な空間になりました。
F様、この度はおめでとうございます。

京都市右京区「嵯峨の家・Y家(旧I家)改築工事」萱葺屋根の葺替え

京都市右京区「嵯峨の家・Y家(旧I家)改築工事」萱葺屋根の葺替え工事の様子です。
周囲の山々を背景に、茅葺き屋根の建物が里山の風景をつくっています。
現在はほとんど使われることのなくなった茅葺き屋根ですが、優れた断熱性、吸音性、吸湿性を持った材料です。
また、元の茅も自然に帰る素材、肥料などに再利用することもできます。

長年の劣化と、台風被害にあった茅葺き屋根部分
雨漏れもあり、シートで覆われています
吹き替える前

茅葺き屋根の部分も、使える材を一部、再利用しています
丸で囲んだ少し色の濃い部分は元の材料

扠組の小屋組みの上に、下地部は、すすき(かや)、表面は葭(よし)を使い、横桟(竹)を下地小屋組み母屋に縄で止めていきます
最終的に厚みは50センチくらいになります

茅葺き屋根は葭の導水効果で雨水が表層を流れ落ちていきます
近くでみると、棒状になっている様子がよく分かります

ひと束づつ重ねていき、少しづつ屋根の形ができていきます
葭材は修復前の屋根に使ってあり、今回もその形を踏襲しています

こちらの現場では、6月8日(土)に復元現場見学会も予定しております!!
詳しくはこちらをご覧ください「嵯峨の家・Y家(旧I家)改築工事」復元現場見学会

京都市右京区「嵯峨の家・Y邸(旧I邸)改築工事」瓦の葺替え工事

京都市右京区「嵯峨の家・Y家(旧I家)改築工事」瓦の葺替え工事の様子です。

瓦の葺替えにも、改修の痕跡を調査し、建物元の姿の復元をするべく進めています。

極力使える瓦は再利用し前の瓦の痕跡を残しています。

例えば、こちらの瓦(前側の垂れ部分に唐草模様があるもの)は
場所を定めて、前の痕跡を残す為に状態の良いものは再利用しています
旧瓦

足りない部分は同じデザインで新たに製作
新瓦

新しい瓦を利用する部分
新しい瓦

手前は新しい瓦、奥は元の瓦を利用
新旧

 

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」土台伏せ工事、建て方工事

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」
青空の中、土台伏せ工事、建て方工事が進んでいます。

構造材には京都府内産の無垢の桧材、杉材を使用しています。

土台、大引き、柱など、地面に近い部分には無垢の桧と、北山杉のみがき丸太を、
桁、梁には無垢の杉材、地松の太鼓梁を使用しています。

竹内工務店では、なるべく構造材にも国産(地域産材)の桧、杉を使用した家づくりをしています。
構造材は最終的には見えなくなる部分ですが、家にとってはとても大切な部分です。
無垢の木には調湿作用があり、桧、杉の赤身の芯材は腐れや白アリに対しても強い材です。

まずは土台伏せ工事
ボルトで締める前に、図面通りに材料を配置
土台伏せ工事

120角の桧材
基礎に緊結されたアンカーボルトが通るように加工しています
このアンカーボルトを留めRC基礎と土台を緊結し一体化させています
加工

通気パッキンの上に土台を据えていきます
継手部分を組み、土台が完成します
プレカット

続いて建て方です
前回ご紹介しました、地松梁もクレーンで丸太柱の上にのせていきます
地松梁

現場は無垢の木材の良い香りがします
構造材

上棟に向け工事が進んでいきます
広範囲

こちらの現場では6月8日に構造見学会を予定しています。
詳しくはこちらをご確認ください!!
京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」構造見学会のお知らせ

京都市左京区「岩倉の家新築工事」上棟しました

京都市左京区「岩倉の家新築工事」
先日上棟式が行われました。
これまでの工事が無事に進んだことを感謝するとともに、これからの工事の安全祈願をしました。
棟札

家の四方を清めています
すみ餅

土台と柱の取り合い部分
長ほぞ差し

土台の仕口の様子

こちらの現場では、5月18日(土)に構造見学会を予定しています。
詳しくはこちらをご確認ください!!
京都市左京区「岩倉の家」構造見学会のお知らせ