現場のブログ一覧

「大山崎の家」内部造作工事

外壁に焼杉板も貼られ、建物のカタチが見えてきました。
11月末頃に完成見学会も予定しています。

高低差がある土地に建つ建物なので、窓からの採光で室内は明るい空間になっています。
こちらの住宅は外断熱の施工をしています。

吹抜けのあるリビング
建物内部は断熱材と防湿フィルムで気密をとっています
リビングには薪ストーブを置く計画です

サッシュは断熱性能の良いアルミ樹脂複合窓です
内側が樹脂、外側がアルミになっています

個室部分も屋根の勾配を活かし高さのある空間に

大きな窓のある浴室には据置の浴槽が入る予定です

完成見学会の詳細が決まりましたら、ホームページでお知らせいたします!!

「大山崎の家」造作材やテーブル材の木材選び

現在建築中の大山崎の家。
リビングで使用するテーブル、階段板を選びに、弊社の倉庫内の木材を設計士さんに見ていただきました。

まずはテーブルの木材選びから。
ビーチ、ウォルナット、メイプル、モンキーポッド等順にみていきます。

厚みも大きさもしっかりとしたモンキーポッドで検討します。
テレビコマーシャルの「この木なんの木」でおなじみの大きな木です。マメ科の植物です。
木目が力強くテーブル材によく使用されます。

続いて階段の木材を選びます。
手前からタモ材、ナラ材、アピトン材。その他カエデ材等もあります。
素足に心地よい無垢のナラ材で検討します。

最後に床柱を選びに材木屋さんの倉庫にも立ち寄りました。

建物の完成が一層楽しみになります。
住まいに無垢の木材を取り入れ、長く愛着をもっていただけると嬉しいです。
 

京都市右京区 広沢の家 上棟しました。

先月に着工しました広沢の家の上棟を先週に行いました。
なかなかいい天候のタイミングがなかったのですがなんとが土台据え、上棟と晴天に恵まれました。


仕事を終えた夕方頃は曇ってましたが、、、。
総勢8名の大工さんと、レッカー屋さんで通常棟上げの次の日に行う屋根仕舞までされました。さすが弊社の物件を年間数軒もお手伝い下さる大工さんだけあって頼もしいです!!

K様上棟おめでとうございます。

京都市右京区 木造住宅のリノベーション 解体工事

京都市右京区の木造住宅のリノベーション工事の現場です。
約50年間住み継がれてきた大切なお住まいを、これからのライフスタイルに合わせて工事をしていきます。
趣のある既存の部分を活かしながら、構造補強と断熱性能をよくする工事を施し、バリアフリーで過ごせるLDK空間と、応接もできるサンルームのある住宅になる計画です。
本日から解体工事が始まりました。

作業に入る前に打合せをしています
打合せ

今回は、部分的に解体が必要なので、場所毎に詳しく解体業者さんと範囲を確認していきます
範囲の確認

建具も取り払われ、着々と解体が進んでいきます
建具

天井裏も見えてきました
解体工事

解体後には既存の基礎などの状態もわかってきます。
状況を確認しつつ工事が進んでいきます。

京都市西京区『桂坂の家』お引渡し

防音室のガラスや玄関建具も入り、先日お引渡しをさせていただきました
実際にピアノも入り、より楽しい雰囲気のお住まいに
床材には無垢の杉板を使用しているので、これから御施主様がご自身でオイルを塗り込むご予定です
前回に引き続き、桂坂の家をご紹介します!!

【建物外観】
角波ガルバリウム鋼板の外壁に木製の目隠し格子がアクセントに
外観

【防音室】
ガラスはピアノの搬入後に取付ました 防音室内からもリビングが見えるので、解放感があります
ピアノ

防音性を高めるために二重にガラスが入っています
防音室

【2階サブリビング】
可動式収納のレイアウトの変化で、個室としても使えるサブリビング
床材は杉 天井部分はラワン 梁はベイマツです
サブリビング

【ロフト】
直接お布団を敷いて使えるように床はスノコになっています
格子部分は杉材です
ロフト2

ダクトは「そよ風」のものです
ロフト

【2階室内物干し】
外のバルコニーに繋がるように室内物干しスペースが配置されています
収納棚に跳ね上げ式のアイロン台がついており、洗濯 ⇒ 物干し ⇒ アイロン ⇒ 収納 まで一直線の動線でスムーズに行えます
室内物干し

【主寝室】
ベッドの位置に合わせてブラケット照明を
ブラケット

2間分の容量のある収納スペース
造作建具は全てラワン材です
寝室収納

1階、2階、ロフト、それぞれの空間に繋がりがあり、楽しい雰囲気のお住まいになっています
サブリビングは個室にもなるので、家族の成長に合わせて使えるよう工夫されています
無垢の木の質感と白のペイントでシンプルで心地よい空間になりました