現場のブログ一覧

京都市左京区H邸 「外部の木塀、お茶室の腰掛待合の造作工事」

京都市左京区H邸、外構工事の様子です。
今回の工事では、外部の木塀と、お茶室の腰掛待合を造作しています。
隣地との境界は、腰までの高さの既存ブロック塀がありましたが、
内側に高さのある木塀を設けることにより視界が変化し、全体的にすっきりとした印象になりました。


塗装した杉板を使用した木塀です。
数寄屋の建物との相性も良く、玄関アプローチに和の趣が加わりました。
現在外構アプローチの敷石を据え付けています。


塀の足元には植栽スペースとして石垣を積んで花壇をつくっています。
こちらには草花、低木の植木を植える予定です。


お茶室の躙り口手前の腰掛待合です。
柱、桁などの構造材は北山磨丸太を使用しています。
壁の下地は、木摺り下地です。
これから左官工事を行います。


北山磨き柱丸太には、梁の丸太を取り付けるための仕口加工をしています。

木塀、数奇屋建築、北山丸太に関してはこちらの記事もぜひご覧下さい!!
住まいの外構と木質化
数寄屋建築(お茶室)数寄屋住宅
京の山と樹木
北山杉、台杉について
日本の樹、杉

お問い合わせ