最新情報一覧

畳の歴史

畳は日本で誕生したものであり、日本の風土に合った敷物として親しまれています。
日本最古の歴史書「古事記(712年)」には既に皮畳や菅畳の記述が残されています。
当時の「畳」とは敷物を意味しています。

現在残されている畳で最も古いものが奈良時代のものです。
奈良の東大寺にある正倉院に残されており、当時は聖武天皇がベッドとして使っていたそうです。
時代とともに変化していった畳ですが、当初寺院において木の床の上に畳が一部敷かれて、その畳は移動して使われていました。

畳が一般庶民の住まいに使われ始めたのが江戸時代中期以降のことです。
現在は畳を使う和室が減っていますが、日本伝統の「敷物」としてこれからも畳が姿を消すことはないでしょう。

畳の種類

畳にはさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。
今回は畳の種類について説明していきます。

縁付き畳
昔ながらの畳が「縁付き畳」です。
畳縁は柄や色など好みのものを選ぶことが可能です。
縁無し畳
一般的に琉球畳と言われているのが「縁無し畳」です。
洋間にも適したデザインのため人気が高まっています。
床畳
一般的には上記3つが畳の種類です。
しかし、最近では以下のような畳も作られています。
和紙畳
素材に和紙を用いているのが「和紙畳」です。
い草で作る畳のように変色がほとんど見られません。
撥水加工がしてあるので、汚れにくい特徴を持っています。
カラー畳
天然のい草を染めています。
青や赤、黄色、藤色などさまざまな色合いが綺麗です。
黄金畳
天然のい草を黄金色に変色させてから織り上げたものです。

畳の寸法

畳はどれも同じ寸法だと思っている方は多いのですが、実は地方によって寸法に違いがあります。
これらは柱割りの寸法からきているもので地方によりモジュールが違うことにより畳の寸法が違ってきています。

  1. 京間・本間<京都、大阪などの関西地方>
    191cm×95.5cm(6尺3寸x3尺1寸5分)
  2. 中京間<岐阜、名古屋といった中京地方と東北地方、沖縄の一部地方>
    182cm×91cm(6尺x3尺)
  3. 六一間<広島、岡山、山口など>
    185cm×92.5cm(6尺1寸x3尺5分)
  4. 江戸間<関東地方>
    176cm×88cm(5尺8寸x2尺9寸)
  5. 団地間<アパート、マンション>
    170cm×85cm(5尺6寸x2尺8寸)

このように、地方によって畳の寸法は違いますが、どの畳も2:1のサイズとなっています。
ちなみに、琉球畳は880cm×880cmの正方形であり、半畳となっています。

畳の使い方(使われ方)

畳というと和室とのイメージがありますが、最近では洋間やリビングなどにも使われています。
リビングの一角に畳を敷いて寛げる空間を作ることで、和洋モダンな雰囲気になります。
和室の縁側に敷いたり、廊下に敷くこともできます。

最近の畳はオシャレなものが多いので、ちょっとした空間に畳を採用することで一味違った雰囲気になります。
また、畳をベッド代わりに使っている方もいらっしゃいます。

日本の風土に合った畳の良さを再認識して、住宅に身近に使うことで生活をより快適にすることができるでしょう。

宮川町の京町家 寿司レストラン 路地中ノさん

宮川町、元割烹飲食店の京町家リノベーション。寿司レストラン 路地中ノさんの改修工事現場です。

オープンに向け最終の工事が進んでいます。

こちらの京町家は細かい部分に様々な材料を使用しています。
今回は少しご紹介させていただきます。

路地
路地の部分。壁面の収納扉の部分は桐材を使用しています。。

路地中ノカウンター
カウンター材はケヤキの1枚物です。黒い天井の部分は左官の塗り仕上げです。
床
床は角材を木口切りにして小端たてにして敷き込んで仕上げています。

2階
2階席は既存の隠れていた大きなゴロンボをあらわしたお部屋。一部畳を敷く予定です。

2階席
折り上げ天井が特徴的な和室。こちらには畳が敷かれる予定です。

2階廊下
2階の廊下部分。床材はホワイトオークを使用しています。

竣工しましたら、他の部分もご紹介させていただきます。

完成間近。オープンが楽しみです。

ステンドグラス

ステンドグラスとは

色のコントラストが美しいステンドグラスは、さまざまな色ガラスをカットし、それを組み合わせて絵や模様を組んでいくものです。
色ガラスを接合するだけでなく、表面に顔料を焼き付けるものもあります。

ステンドグラスで連想するのが教会ではないでしょうか。
教会や西洋館の窓によく用いられています。

ステンドグラスから入る光はとても美しく、見る者を魅了しています。
ステンドグラスは窓だけでなく、ランプの傘や工芸品などの小物も作られています。

ステンドグラスの歴史

ステンドグラスには古い歴史があります。
ステンドグラスはキリスト教とともに誕生したと言われています。
つまり、キリスト教に基づいた芸術品であったと言えるでしょう。

現在のように窓用のステンドガラスが作られるようになったのが西暦400年頃です。
11世紀になるとステンドグラスは各地でさまざまなものが作られました。
世界的に有名なステンドグラス作品が作られたのもこの頃です。
12世紀になると建築用(窓用)の大きな作品が作られ始めました。

日本においての初めてのステンドグラスは19世紀末にフランスから贈られた「十字架のキリスト」です。
長崎の大浦天主堂に贈られたものです。
日本国内でステンドグラスが作られ始めたのは明治40年のこと。
それから今日までステンドグラスはさまざまなデザインのものが作られ続けています。

住まいとステンドグラス

現在、ステンドグラスを取り入れた住宅に人気が高まっています。
ステンドグラスを窓やドアに採用することで、光と影が映える美しい住宅になります。
デザイン性が高く、透明な窓と違い、プライバシーを守ることもできます。
玄関やリビングに採用するのが一般的であり、プライバシーを守るのに十分に採光することができます。

住宅の外部に使用するステンドグラスは、一般的にステンドグラスの外側にガラスが入りペアガラス構造となっています。
断熱性や防音性に優れており、オプションで防犯加工も可能です。
新築住宅の窓に取り入れる方も多いのですが、窓のリフォームの際にステンドグラスを取り入れる方も増えています。

身近にステンドグラスを使うには

窓としてステンドグラスを使うのも良いのですが、もっと身近に使いたいという方におすすめなのがインテリアとしてのステンドグラスです。
照明器具として家具の上にテーブルの上に置くだけで、素敵なインテリアの一品になります。

また、リフォームを考えている方におすすめなのが壁にはめ込むステンドグラスです。
洗面所やトイレ、廊下などの壁にさりげなくはめ込む(埋め込む)だけでも良いのですが、中にあかりを入れることでちょっとした照明にもなります。
綺麗なだけでなく、実用性もあるのでおすすめです。

建具としてステンドグラスを取り入れるのも良いでしょう。
ドアの一部分に取り入れるだけで個性豊かなドアになるでしょう。
身近にステンドグラスの教室もあり、ここで作った作品を住まいの中に取入れて楽しまれる方もいらっしゃいます。
ステンドグラスは暮らしを楽しむための住まいの中のインテリアの一品ですね。

【京都市 音羽の家】 竣工写真撮影

今春に完成しました【京都市音羽の家】お施主様のご厚意で、竣工写真の撮影にご協力いただきました。
今回カメラマンさんに同行させていただきました。
こちらは以前にブログでもご紹介させていただいております2世帯住宅です。

リビング
ステンレスのアイランドキッチンとナチュラルなカバフローリングに椅子の色がアクセントになっています。
インテリアもとても素敵です。

和紙張戸
縁なしの畳や和紙貼りの押入戸のやわらかい色。
和室ですが、モダンな印象です。

今回のスナップ写真は2階部分ですが、
竣工写真が届きましたら、1階も含めて施工事例でご紹介させていただきますので楽しみにお待ちいただければと思います。
お忙しい中撮影にご協力くださいましたお施主様には本当に感謝です。ありがとうございます。