最新情報一覧

住まいの屋根と瓦

瓦の歴史、由来

瓦の名前の由来は色々な説があります。
「中国の象形文字から来ている」「サンスクリットのカハラが転化した」「亀の甲」などです。
現在でも瓦の名前の由来は明らかになっていないというのが本当のところです。

そんな日本においての瓦の歴史は飛鳥時代まで遡ります。
飛鳥の法興寺の屋根に瓦が葺かれたことが文献に残されています。
これが中国のものであることから瓦は中国が発祥ではないかと言われています。

現存している日本最古の瓦も飛鳥時代のもので、元興寺に葺かれています。
飛鳥時代には寺院だけに瓦が用いられていました。

瓦の種類、産地

日本において現在瓦の主な産地となっているのが「愛知県」「島根県石見地方」「兵庫県淡路島」です。
愛知県は「三州瓦」、島根県石見地方は「石州瓦」、兵庫県淡路島は「淡路瓦」と名前がついています。
ほかの地域でも生産されていますが、この3つは「日本三大瓦」と言われています。

そんな瓦には幾つか種類があります。

  1. 陶器瓦
    粘土でかたどり、うわ薬をかけてから高温で焼き上げたもの

  2. いぶし瓦
    粘土でかたどり、焼いてから蒸し焼きにした後に表面を塗装して仕上げたもの

  3. スレート瓦
    スレート瓦には天然のものもあります。
    人工のものは、セメントと繊維性のものを原料にして表面を塗装して仕上げられています。

  4. セメント瓦
    その名のとおり、セメントと砂を原料としています。
    表面を塗装して完成させたものです。

  5. その他
    金属を原料としたものや、木の皮や石など天然のものを原料としたものがあります。

瓦の特徴

日本で造られている瓦は「日本瓦」と呼ばれています。
日本瓦は、日本の気候に合ったものとなっています。
その特徴は主に3つです。

  1. 強度に優れている
    日本瓦は高温で焼かれて造りあげられているため強度に優れています。
    多少の衝撃で破損することはありません。

  2. 耐久性に優れている
    日本瓦の耐久年数は一般的に100年以上だと言われています。
    日本は台風や地震など自然災害の多い国です。
    そういった事がなければ悠に100年以上の耐久性があるものです。

  3. メンテナンスが不必要
    葺いてから何年も経ったときには締めなおしてもらう必要はあるかもしれません。
    しかし基本的に日本瓦は再塗装などのメンテナンスはほとんど必要ありません。
    瓦は、特に優れた素材の屋根材であり、日本の原風景になくてはならないでもあります。

瓦ミュージアム(近江八幡瓦ミュージアム)

滋賀県近江八幡市にある「近江八幡かわらミュージアム」は、10棟の建物全体が展示物とも言える瓦尽くしの建物になっています。
主に「八幡瓦」が展示してあります。

八幡瓦の歴史は1585年にまで遡ります。
1585年に築城した八幡山城に瓦を葺いたことが始まりだったと伝えられていますが、本当のところは明確にはなっていません。
滋賀県近江八幡市も瓦の生産地であり、その技術と知恵を後世に伝えるため、そして町造りの拠点として生かして行くためにこのミュージアムを建設しました。

歴史ある八幡瓦を十分知ることができるミュージアムとなっているので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

民家と京町家

民家の由来

「民家」は一般的に庶民が暮らす住まいの事を指しています。
昔は貴族や上層武士などさまざまな階級がありました。
それに対して一般庶民の住まいを「民家」と呼ぶようになりました。
江戸時代の「町家」や「農家」を民家を呼ぶようになったのが始まりだと言われています。

現在は階級ではなく、一戸建ての小規模な住宅を指して民家と呼ぶことがあります。
昔と違い、現代において「民家」は人が暮らす家を指す言葉として使われているといって良いでしょう。

民家の種類(町家、農家、)

先に述べたように以前は「民家」は、「農家」と「町家」を指している言葉でした。
江戸時代までの農家と町家、そして明治以降の農家と町家を含め「民家」と呼ばれていました。
そういった昔ながらの民家は、現在実は日本にもう2棟しか残っていません。

「千年家」と呼ばれる民家(古井家、箱木家)は兵庫県にあり、江戸時代のものとされています。
他にも古い民家はありますが、全て江戸時代以降のものです。

町家や農家以外にも、漁師の住まいや中下級武士の住まいなども「民家」と呼ばれていたようです。
つまり貴族や上層武士といった階級の高い住まい以外を「民家」と呼んでいたのでしょう。

町家も地方にそれぞれの町家が(京町家以外にも)ある

町家と言えば京都の町家を連想する方が多いと思いますが、京都以外にも地方にそれぞれの町家があります。
江戸時代に城下町や門前町などに建てられた「商家」や「職人」の住まいを町家と言っています。

そのため、日本各地にも町家があります。
京都以外であれば、金沢も有名です。

町家や武士系住宅などさまざまな歴史的な建造物が今も受け継がれていて、これらを総じて「金澤町家」と呼び観光スポットにもなっています。

地方の町家の特徴は(地方の気候風土により建物が形つくられる)

町家は全国各地に点在していますが、それぞれ地域によって形に違いがあります。
それは、その地方の気候や風土、土地に合ったものが作られているからです。

例えば江戸時代より昔の京都では間口の広さによって賦課金(税金)が決められていました。
そのため建物は、うなぎの寝床といわれるように、間口を狭くし奥に細長い(が税金が安くこれらが一般的)形状になっていったのです。

同様に地方の町家にも特徴があります。
伊勢の町家の場合は屋根が切妻妻入り造りとなっています。(一般的な町家は、平入造りです)
これは伊勢神宮は平入りのため、同じでは畏れ多いということでこの地域に浸透した形です。
雪国には雪国に合った、温暖な気候の地域にはそれに合った、海辺には海の気候に合った形で作られています。

また、新潟県高山の町家の屋根は傾斜が緩やかです。
これは雪が道路に滑り落ちないように工夫された結果です。

このように、それぞれ文化や気候風土によって町家は地方でそれぞれ異なっているのです。

住まいとタイル

住まいとタイル

タイルの歴史と特徴

「タイル」には、長い歴史があります。
最古のタイルは紀元前27世紀まで遡ります。

誰もが知っているあのピラミッドの中に青釉(あおゆう)のタイルが使用されています。
タイル制作の技術がそんなに昔からあったなんて驚きではありませんか。
しかし日本へ伝わったのはそれから随分後の6世紀ごろです。
仏教と共に中国から伝わって来たことから、当時は寺院などで装飾用として使われていました。

その頃はタイルとの名称ではありませんでしたが、明治時代に入り輸入タイルが諸外国から入ってきたことから、日本国内でも生産されるようになり「タイル」と呼ばれるようになりました。

タイルの種類は

タイルにはさまざまな大きさ、形など種類があります。
カラーバリエーションが豊富なため、さまざまな用途で使用されています。

タイルの性質は焼成温度によって変わります。
タイルの種類は主に「磁器タイル」「せっ質タイル」「陶器タイル」に分けることができます。

磁器タイルは叩くと「カンカン」と金属のような音がします。
非常に硬く、耐水性に優れていることから外壁や床などに用いられています。
せっ質タイルはそこそこの硬さがあるのですが、膨張する性質があるため外壁などに向いていません。
陶器タイルは、鮮やかな発色をすることができるため、室内の壁などに用いられています。
よく耳にする「モザイクタイル」とは、表面積が50平方cm以下の小型の磁器質タイルを指しています。

タイルの使われ方

タイルは住まいの中でさまざまな用途に利用されています。
ここでは代表的なタイルの使われ方を紹介していきます。

  1. 外壁
    家の外壁に用いられているのが「外壁タイル」です。
    劣化、変色、変質がしにくいため美しさをいつまでも保つことができます。
  2. キッチン・浴室・洗面所の水回りの壁や床
    タイルは耐水性に優れていることから、キッチンや浴室、洗面所などの水回りによく使われています。
    手入れがしやすく、ちょっとした汚れなら水拭きで簡単に落とすことができます。
  3. リビングや居間の壁
    タイルはさまざまなカラーやデザインがあるため、複数の色や模様を組み合わせればデザイン性のある壁が完成します。
    そのため、リビングや居間などの壁に使われることもあります。

タイルミュージアム

実用的なタイルだけでなく、アートにもなるとても美しいものもたくさんあります。
そんな美しい「装飾タイル」を展示しているのが「INAXライブミュージアム」の中にある「INAXタイルミュージアム」です。
「世界のタイル博物館」には、紀元前から近代までのタイルコレクション約1,000点が展示されています。
装飾タイルの歴史を紹介している日本で唯一のタイル博物館となっています。

幻想的で美しいその世界を見れば、タイルの素晴らしさを感じることができると思います。
世界各国の美しいタイルはまさに「宝石」のようです。
(2016年、新しく多治見市モザイクタイルミュージアムが、藤森照信氏のデザインで完成しました。)

向日市N邸「蔵の家」リノベーション  木工事

向日市N邸「蔵の家」では木工事が進んでいます。
今までは物置きとして使われていた蔵なので、外部から光が入る開口はほとんどありませんでした。
居室として心地よく過ごせるよう、光の入る開口を設け風や光を建物に取りいれていきます。
断熱性能を考慮しLow-eペアガラスを使用しています。

以前あった木造増築部分が解体され、土壁の建物の姿になりました
外部に面するサッシも入っています
外観

内装工事も予定していますので、壁に下地を立ち上げています
開口

隣に立てかけてある木製戸があった開口部、庭へ出られるよう、掃き出しサッシが入りました
掃き出しサッシ2

床下の断熱性能を上げる為、断熱材(スタイロフォーム)が入っています
玄関

屋根面にも断熱材を施工しています
以前は天井があった部分も、高さを活かした解放感のある空間に
天井断熱材

ハシゴで登っていた天井裏収納が、ストリップ階段、ロフト、大きな吹抜けのあるスペースに生まれ変わっていきます。
トップライトで、一層明るい空間になるのが楽しみです。