「大山崎の家」内部造作工事

外壁に焼杉板も貼られ、建物のカタチが見えてきました。
11月末頃に完成見学会も予定しています。

高低差がある土地に建つ建物なので、窓からの採光で室内は明るい空間になっています。
こちらの住宅は外断熱の施工をしています。

吹抜けのあるリビング
建物内部は断熱材と防湿フィルムで気密をとっています
リビングには薪ストーブを置く計画です

サッシュは断熱性能の良いアルミ樹脂複合窓です
内側が樹脂、外側がアルミになっています

個室部分も屋根の勾配を活かし高さのある空間に

大きな窓のある浴室には据置の浴槽が入る予定です

完成見学会の詳細が決まりましたら、ホームページでお知らせいたします!!