国産杉材を使った平屋の住宅「静市の家」平板瓦の施工

国産杉材を使った平屋の住宅「静市の家」
平板瓦の施工の様子です。
屋根のデザイン、材料は外観の印象に大きく影響します。
また、素材によって、断熱性等の機能面も変わってきます。
今回は平板のいぶし瓦を使用しています。
屋根から室内に伝わる熱を抑え、断熱性、耐久性にも優れています。

瓦桟の上に並べていきます
瓦の下にはアスファルトルーフィングで雨仕舞を
平板瓦を構造用合板の上の横桟で留め付け支えています

粘土瓦は淡路産
屋根を軽快に見せるとともに、瓦の重厚さもあります

平板瓦の直線的なライン
いぶし瓦特有の風合いも美しい

屋根材について詳しくはこちらの記事もご覧ください
コラム「地産地消の瓦」
コラム「地産地消と建築材・屋根材」
コラム「住まいの屋根素材について」
コラム「住まいの屋根と瓦」