ブログ一覧

京都市右京区「嵯峨の家・Y邸(旧I邸)改築工事」瓦葺屋根の補修工事

建物

京都市右京区「嵯峨の家・Y邸(旧I邸)改築工事」

瓦葺屋根部分の改修工事が行われています

嵯峨の家は、江戸時代から住み継がれる過程で、改築、増築した部分があり新旧入り混じった建物となっています。

今回の工事では、改修の痕跡を調査し、建物元の姿の復元をするべく進めています。

建物の歴史を残していけるよう、改修で全ての材を新しくするのではなく、
極力使える材は再利用し(1本でも2本でも残して)前の痕跡(工事履歴が分かるよう)を残すようにしています。

例えば、屋根の垂木部分では、力のかからない場所に丸太材を再利用し前の工事の痕跡を残すようにしています
垂木

垂木、野地板も使用できる部分は残しています
垂木

既存野地が杉皮の部分には、今回の工事においても新しい杉皮で葺き直しています
杉皮

京都市右京区「嵯峨の家・Y邸(旧I邸)改築工事」

京都市右京区「嵯峨の家・Y邸(旧I邸)改築工事」
旧I家は江戸時代に建てられた摂丹型の伝統民家です。
ダイドコロニワの土間には七つカマドをもつ建物で京都市景観重要建造物指定がされています。
昨年の台風被害で茅葺屋根の補修が必要となり、これを機に耐震補強等も行うことになりました。
長年住み継がれる過程で、増築や、改築をしている部分があり、これを復元し、なるべく当時の姿に戻すのもリノベーション工事の目的です。
今回は既存の建物の様子を一部ご紹介します。

母屋に入る前には瓦葺の薬医門がある
塀は瓦葺の土塀、外面は白漆喰塗
奥に見える高い屋根が母屋の茅葺
薬医門

江戸時代からの茅葺屋根
庇部分は瓦葺になっている
幅2間の玄関
玄関式台

杉皮が使われている野地部分
野地

ダイドコロニワの七つカマド
最も大きなカマドは正月の餅つきの際に使われていた
七ツ釜2

玄関土間
玄関庭

座敷
座敷

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」基礎工事が進んでいます

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」

基礎工事が進んでいます

配筋が完了し、配筋検査が行われました
大きな問題はなく、次の工程に進めそうです
配筋検査

型枠も組まれ、コンクリートで基礎がつくられます
型枠

建物の中心に鎮め物を
鎮めもの

いよいよコンクリート打設です
高さを確認しながら行います
コンクリート打設

基礎の底盤部分打設が完了しました
基礎打設完了

表面をきれいに均します
均し

床下の換気に配慮して基礎の立ち上がりを少し高めにしています
木枠

次は立ち上がり部分の打設です

京都市右京区木造住宅のリノベーション工事 個室の断熱改修

京都市右京区木造住宅のリノベーション工事の現場です。
メインのスペースの工事は完了しましたが、寝室として使用している個室も寒さ対策をとご要望があり
追加で床下の断熱改修をすることになりました。
寝室等の非暖房室は特に部屋の中が冷え込んでしまいます。
暖房室との温度差も大きく、また就寝時に冷たい空気を吸い込むことによる健康被害なども懸念されます。
今回は、床下、壁に断熱材、窓にはインナーサッシでペアガラスをいれる改修をしています。

現況の床下は無断熱
この状態では床下からの冷たい温度が足元から伝わってしまいます
床下部分

床を解体、撤去し、新しく断熱材を入れます
断熱材には、パーフェクトバリア(ポリエステル原料)を使用しています
伸縮性もあり、施工性もよい断熱材です
断熱材

床板には、30ミリ厚の無垢杉板を使用しています
足ざわりが良く、暖かみのある木材です
杉板

施工後 
無垢杉板は熱伝導率が低いので表面温度が暖かく感じられる
杉板2

単板ガラスのアルミサッシュのある出窓部分に、インナーサッシュを設置
断熱性能が向上し結露も抑えられる
道路に面するお部屋等は遮音性能も上がります
インプラス

壁には外壁側から断熱材を施工しています
外壁

京都市F邸リノベーション工事 天井貼工事

「京都市F邸リノベーション工事」
現場では内部の造作工事がすすんでいます。
今回のリノベーション工事では、竿縁天井、網代天井など、空間により様々な設えの天井がみられます。

杉板の竿縁天井
和室の天井は網代天井
竿縁天井

縁の網代天井

竿部分の胡麻竹
網代は黒部へぎ板
網代天井2

同じ網代でも編み方変わると印象が変わる
亀甲アジロ
網代3

網代の下り天井とヨシベニア貼の天井
網代とヨシベニヤ

天井の設えで空間の印象はずいぶん変わってきます。