コラム一覧

ティンバライズ

ティンバライズとは

「木」を新しい材料として捉え、新しい木の可能性を模索し、社会に広く提案することを目的として結成されたNPO法人が「ティンバライズ」です。
(NPO法人w 公式サイト参照:http://www.timberize.com/

現代建築では鉄やコンクリート、プラスチック等の素材に置き換えられてしまった「木」ですが、昔は建築素材の中心となっていた材料でした。
しかし、今まさに「木」が持つ素晴らしさ、建築に最も適していると再認識された「木」が再度建築の主役に躍り出ようとしています。
そんな「木」を新しい材料として木造建築の可能性を探りながら形にしているのが『ティンバライズ』です。

現在の都市における建築の構造

現在の都市における建築構造は「RC造」「鉄骨造」「木造」とさまざまなものがあります。
ただ、これらの建築構造を自由に選んで建てることが出来ない地区があります。
それが「防火地域」と「準防災地域」です。
都市部は隣家との距離がほぼないという地区が多いため、火災に備えて「防火地域」と「準防災地域」が決められています。
この指定された地域は建築基準法とは別に自治体ごとの決まりを守って建物を建てなくてはなりません。

防火地域は商業施設や幹線道路沿いを中心に指定されています。
一方、準防災地域は住宅地や工業地帯が多いのが特徴です。

防火対策のためだからと言って、全て木造住宅を建ててはいけないというものではありません。
一定の耐火性能を有するものとして国土交通大臣の認定を受けたものであれば、木造建築も可能です。
大きな災害を起こさないため、未然に防ぐための制度があることを知っておきましょう。

森林国日本の建築を木造化すると

日本の国土の約7割が森林であることをご存知でしょうか。
これはフィンランドに次いで世界第2位であることが明らかになっています。
それだけ森林が多いにも関わらず、日本の木材自給率は約3割程度なのです。
残りの7割は、全て輸入に頼っているのが現状です。
ただ環境を保全しながら、国産木材を使用し活かしていくことが最も理想の形です。
そのために現在は、地域ごとに地元産木材を使用して家を建てることが推奨されてきています。
地元産木材を使用して家や建物を建てる方向けの補助金制度を設けている自治体も数多くあります。
その例にもれずに京都府、京都市にもいくつかの補助制度があります。
その地域で育った木材を、その地域で消費する。
そういった想いや活動が山や地球の環境を救い、地域循環社会へとなっていくのではないかと思います。

これからの都市の木造化はどのようなものになるか?

都市の建物は「コンクリート」「鉄筋」といったイメージが強いものです。
それは日本だけでなく世界中の都市を見ても同じようなイメージがあるかと思います。
しかし、そのイメージが今後変わってくるかもしれません。
実は近年、欧米では木造建築が見直されてきています。
地球温暖化防止対策としてRC造から、木造化へとの動きが活発になってきています。
一般住宅だけではなく、商業ビルまで木造へと変わっていく可能性もあります。
森林国である日本こそ木材を大量に使う建築物を増やそうと、都市での木造化計画が始まりました。
都市部の高層ビルや高層マンションが、木造になる時代はすぐそこまで来ているのかもしれません。

京建具

日本の住まいと建具

日本の住宅で当たり前に見られる「建具」は、昔から使われている日本の住宅文化の核をなす物の一つです。
日本の木製建具は、取り外しが簡単で襖や障子などとして用いられ、大部屋を仕切るなど自由に間取りを変更することができます。
引戸建具は主に日本で使用されてきましたが、現在では外国の住宅にも取り入れられている事例が増えてきました。
本来外国の住宅は、片開きドアで四周に木枠を付けてその中に蝶番吊りでドアを付けて片方に開くという機構の建具です。
日本の建具は主に引き戸扉なので扉を開けた時(スライドさせる時)に場所を取らないので邪魔になりません。
とても合理的でよく考えられたものです。
また、扉が壁の中に納める形にもできるので、その場合全面開放することもできます。
日本の住まい部屋は多用途であり、転用性の高い空間を間仕切るにはとても適している建具を持つ日本の住まいは
機能的な家と言っても良いでしょう。

建具の種類等

現在建物に使用されている建具には様々な種類があります。
和風の建具であれば、代表的なものは襖や障子、格子戸等です。
一方洋風の建具ならば、主に框戸、フラッシュ戸、ガラス戸等です。
現在日本の住宅では外部(外壁側)に使う建具はほとんどアルミサッシを使っています。
それらは、防火的な対応と腐らないのでメンテナンスが楽であると言う理由で使われてきています。
しかし、金属サッシがまだなかったころは全て木製で建具は作られ、外部の窓ガラス戸も同様でした。
現存する日本家屋でも、リフォームしている住宅の外部建具は金属サッシに変わっているところが多いですが
一部木製のガラス戸を残している住宅もあり、新築時にも暖かみや意匠的な意味で木製建具を使うという事例も少なからずあります。

京町家のなかの建具

京都を代表する歴史的な建物「京町家」に欠かすことができないのが「京建具」です。
京建具は繊細で簡明素直な表現様式のものが多いのが特徴です。
そんな京町家を代表する京建具の種類を紹介します。

格子戸
京建具の代表格が「格子戸」です。
京町家の表に出格子や組格子に使用されている格子や格子戸は京の住まいの顔です。
日本独自の間仕切建具で、部屋の間仕切や押入れなどに使用されています。
襖紙や京唐紙を貼って襖として使われています。
板戸
京町家では主に無垢板を巾寄で作られているものが多いのですが、一部に布や紙、ガラスを用いているものもあります。
紙障子・雪見障子
現代建築の中で少しずつ姿を消してしまっている紙障子。
日本を代表する建具である紙障子・雪見障子は京文化とともに京町家の風情に欠かすことのできないものです。
簾戸
夏の風物詩として用いられているのが簾戸です。
竹や葭、萩などを組み込んだ簾戸は、京都の夏に欠かせない夏の建具です。

京建具の特徴

京建具は、一般的に茶の文化・数寄屋の影響を受けて、瀟洒(材が細くて緻密)で粋な意匠が特徴です。
これ見よがしに華美に走る事なく存在感を示しています。
特に障子等は、材も目の詰まった緻密な杉の赤みを選んで使われています。
美しくも実用的で通風、採光の調整などがしっかり考えられている建具でもあります。
住まいの中で独特の簡素な美を形成するものとして古くから京都の建物の美しい空間を演出してきました。
近年アルミサッシや既成品の建具に押されて使われる機会が減っているのが残念です。

住まいとエコロジー

エコロジーとは

最近よく耳にする「エコロジー」という言葉の意味をご存知でしょうか。
本来エコロジーとは生態学との意味なのですが、現在は「自然環境を保護しながら人の生活と自然との共存を目指す」という意味で使用されています。
現在地球温暖化が問題視されている中で、エコロジーを念頭に置いた住まいづくりはまさに理にかなうものです。
京都府や京都市では地元産の木材を使用したエコロジー住宅を推奨しています。
エコロジー住宅は決して贅沢なものではありません。
自然環境を守りながら自然の力を最大限使用するものです。
太陽の光、通風、地熱など偉大な自然の力を住まいに取り入れることで、より豊かな暮らしができるのです。

住まいにとってのエコは

自然環境を考えた(自然に順応した)住まい、それが「住まいにとってのエコ」です。
ただ、自然環境だけを考えてしまうと住みにくい家となってしまうので、人にとっても快適な住環境であることも大切です。
省エネ性に優れていること、そして自然の力を最大限に生かしていることがエコ住宅ではないでしょうか。

京都市では環境に配慮した住まいを推奨しています。
当社でもエコを最大限に考えた住まいのあり方をご提案しています。
住まいにとってのエコは今後人の暮らしにとって最も大きな課題になるのではないかと考えています。

自然重視+設備機器

「自然と共に暮らしていく」それが自然環境と向き合いながら生きていくことではないでしょうか。
エコ住宅と言うとソーラーパネル付き屋根住宅など、人工的な機械に頼る住まいを想像する方は少なくありません。
高度な技術により、そういったさまざまな機械や材料が開発されてきました。
まず自然をいかしその上で足りない部分は設備や機器で補うという形がいいと思います。
なるべく環境に負担をかけない住まい、
そして自然と人とが助け合いながら生きてゆくこと、それが本当の目指すべき形ではないかと思います。

これから必要とされる住まいのエコとは

これまでは機械に頼る省エネ住宅が一般的でした。
しかしこれからはそうではなく、人が自然環境に合わせる住まいであることが必要です。
光をなるべく取り入れ風通しの良い間取りにすることや、地元の木材で家を建てることなど機械に頼らずともできるエコでもあります。
また、そういったエコ住宅ならば余計なメンテナスやランニングコストも少なくてすみ、自然だけでなく暮らす人にとっても利点があります。
これから必要とされるのは、自然にとっても人にとってもエコであることではないでしょうか。
それを私たち竹内工務店は「住まいづくり」を通して、皆様と考え実行していきたいと思っています。

平成の京町家

平成の京町家

京町家と言えば、京都を代表する歴史的建造物と認識されている方がほとんどです。
しかし「平成の京町家」と呼ばれている新しい形の町家もあります。
従来の京町家と平成の京町家は同じ町家と名付けられていますが、どこが違うのでしょう。
いわゆる京町家は1950年以前(戦前の建築基準法制定前)に、伝統的木造軸組構法(石場建て・柔構造)で建てられた木造家屋を指しています。
この定義は京都市が定めたもので、1950年以降に建てられたものは基本的に京町家には該当しません。
戦後、建築基準法制定後に耐震の基準が定められ、
コンクリート基礎と土台と金物での緊結など金物を多用して構造基準を満たす形の在来軸組工法が
形作られ、全国一律にこれらの工法で建てる建物の形へと変わってゆきました。
一方、平成の京町家とは伝統的な京町家の知恵と、現代に求められる基準(耐震、省エネ、地域材使用)を満たした新しいタイプの京都型エコ住宅のことです。
京都の気候や風土、文化に根付き、暮らし方までも含めていることが、「平成の京町家」の定義です。
京町家の良さを取り入れながら、現代に要求された新しい基準で建てられた住宅は、京都ならではの建物だと言えるでしょう。

省エネ住宅との相違

平成の京町家は環境に配慮したつくりなので、省エネ住宅であるとも言えます。
いわゆる省エネ住宅は全国的に普及してきていますが、京都においては単なる省エネ住宅を平成の京町家の基準としているわけではありません。
長い歴史のなかで築かれた京都独自の文化を活かし、町並みになじむこと。
そして四季の変化を暮らしに取り組みながら、自然や町、人々と関わり、省エネルギーであることが平成の京町家の特徴です。
平成の京町家はただ省エネであるというだけではなく、文化と町、人々の暮らし方に重きをおいており、そこが一般の省エネ住宅との違いと言えます。

気候風土適応住宅

現在、地球温暖化の問題もあり日本においても次世代の省エネ基準が定められ全国的に一律同様の基準で省エネに対処するように求められています。
しかしながら、日本の北から南の気候の異なる土地において気候風土の地域差がかなりあり、全国一律の省エネ基準では推し進められないのではと言う意見がでてきています。
日本の中でも土地柄によって建物の形や使われている素材、材料等一律ではありません。
それらは、その土地の気候や風土に適応する形で、又近場で手に入る材料や素材で作られてきています。
それらが、日本の原風景や町並みを作ってきました。
京都においても京町家の平入下屋の軒が連なる景観は独自のものです。

それら独自の地方におけるそれぞれの建物の特徴を活かしたものも省エネ型住宅の中で認めようというのが、気候風土型適用住宅です。
その気候風土型適応住宅策定の基になったのが、京都の文化や町並みにとけこむ暮らし方までも抱合して作られた平成の京町家であります。

これからの京の住まい

住まいの形はそれぞれですが、平成の京町家は新しい京の住まいの形として徐々に認識され、普及されつつあります。
従来の京町家をリノベーションする方も増えていますが、京都で新築をお考えの方々にご提案しているのが平成の京町家です。
弊社は歴史ある土地で京都独自の住まいの形を知り、住まいづくりを続けてきた工務店です。
歴史的な京町家はもちろんのこと、その歴史と伝統を受け継いだ平成の京町家は新しい京の住まいとして最良のものだと考えています。
現代ならではの快適な住まいと、京の伝統を融合させた平成の京町家はまさに当社の住まいに対する想いと同じです。
これからの京の住まいを支える一員として、平成の京町家をご提案させて頂ければと考えています。

京町家と古建具

古建具について

日本家屋の住まいに欠かすことのできない木製の建具。
日本の家の機能性と汎用性の高さは、引戸文化である日本の住宅の木製建具によるものでもあります。
建具と言えば、格子戸をはじめ、板戸、ガラス戸、障子、襖などさまざまな物を指すのですが、現行で作られている既製品の建具よりもある意味重宝されているのが「古建具」です。
古建具から日本の文化や歴史を感じることができるのは、それを手がけた建具職人さんの丁寧な手仕事がそこに残っているからではないでしょうか。
手仕事の良さが残る質の良い古建具が比較的に安価で購入する事ができる、又そういう店があるのも京都ならではかもしれません。
現在の既製品の建具からは、どうしても古建具が持つ深い味わいは感じることができません。
町家の持つ風格や歴史を感じたいのであれば、京町家のリノベーションにはやはり古建具が最適なのだと思います。
古き良き時代を感じることのできる京の古建具。
それは今も、そしてこれからも、京町家とともに京建具は後世に受け継がれていくべきものでしょう。

夏の建具

建具にはさまざまな種類がありますが、その一つに夏用の「簀戸(簾戸)」といわれる建具があります。
その名の通り簾をはめ込んだ風を通す夏の建具です。
全国的に「夏の建具」を使用しているのは主に京都です。
京都は盆地なため、夏は非常に暑く、それを和らげるために夏の建具が使われています。
高温多湿の京都の夏の暑さを少しでも和らげるための先人の知恵です。
京都では京町家を中心に昔から「建具替え」がおこなわれてきました。
建具替えとは住まいの衣替えのことで、だいたい6月に夏建具に替えていました。
床の畳の上に藤あじろを敷くのも衣替えのひとつです。
現在も京町家を中心に夏になると夏用の建具に「衣替え」をおこなっているところもあります。
又、これらの簾戸の古建具もたまに市場にでてきますので、寸法が合えば使ってみたいですね。

現在の既製品建具は

現在の既製品建具は昔よりもバラエティー豊かなものが揃っています。
特に洋風は、色や柄の種類の多さは目を見張るものがあります。
ただ、現在の既成品の建具というのは窓枠とドア枠と一体になった工業製品の建具であり
その中味はMDF下地に均一なシート張りの枠材と建具材等です。

色や形状は希望に合ったものを選ぶことができますが、素材は選べません。
注文住宅といえども既製品の建具を使う所もあり、オーダー建具を使う所もあります。
(弊社では、新築改築を問わずに建具枠は無垢材で建具もオーダーが標準ですが。)
京町家にはやはりそれに適した古建具を使って、
「古くてモダンな京町家の住まいを実現することも可能です。
現在、日本の伝統家屋「京町家」をリノベーションして快適に生活される方も増えています。

京町家では古建具と古畳は入替できる

皆さんは「京間」をご存知でしょうか。
京間に使用されている畳は日本で最も古い寸法のものだと言われています。
安土桃山時代に考案されたと伝えられており、京都を中心に中国地方、九州地方、近畿地方で現在も使用されています。

畳(6.3尺x3.15尺ー1910×955)を基に柱割りをしているのが京間です。京間である京町家は、畳(昔の)は和室のどこに持っていっても使えるという利点を持っていました。
そして木製の建具もそうです。
畳と寸法とともに建具も巾が決まっており、高さも5.8尺前後の物が多くてどこにでも使い廻しができました。
京町家において使われていた寸法の決まった木製建具。それらの木製建具の既成品があったくらいですから。

合理的な京都人ならではでしょうか。平安時代の貴族の住宅の様式の建物を寝殿造りといいますが、その建物では畳を全面に敷き詰めるというのでは無くて板床が一般的であり
畳は貴重品で、そのときは畳をもって移動したといわれていますが、
そこから京間ができたのでしょうか。

畳の話に戻りますが、
昔ながらの京間の和室は大きなサイズの畳ですが、最近は小さな畳(半帖たたみ)を使用したりとモダンな和室が流行っています。

リノベーション工事自体内容も千差万別ですが、最近は和の良さを見直した新しいモダンな和室へのリノベーション工事も増えています。
住まい手の個性をいかし、設計者の経験豊かなアイデアをいかし作られた住まいは見ていても楽しいですね。