コラム一覧

木の家の家具

住まいの中の家具は置き家具と造付家具とがあります

建築に付随する家具は、この場合造付家具となりますが、古くは水屋箪笥、階段箪笥等がありました。
現在では昭和レトロと評されることもあります。

水屋箪笥とは「食器棚」のことです。
和風の食器棚「水屋箪笥」は上質な和モダン・アンティーク家具として京都でも親しまれています。
急須や茶碗など和食器が似合うため、台所ではなく、茶の間などの置かれていることが多いものです。

「階段箪笥」は京町家に根付いた和の家具の代表格です。
文字通り、階段として使っている収納できる箪笥のことですが、現代で言うと階段下収納のようなものです。
現在の家づくりにも階段箪笥を加えることで、和の家としての新しい味わいを感じることができます。

木の家の家具は、既成品の家具は似合わない

木の家に合う家具を選ぶならどのようなものが良いのでしょうか。
現在、大型ディスカウント家具屋が地域にいくつかあったり、輸入家具屋なんかもあると思います。
そういったところで販売されている家具はどれも手頃な価格で購入することができるため、高い人気を誇っています。

しかし、素材や質感が木の家の家具として選ぶには少々合わないような気がしてなりません。
既製品の家具は、確かに安くて便利かもしれませんが、せっかくの木の家には合わない気がします。
本物の木でなく、木で作られたように仕上げた家具はどうしても安っぽくなってしまいがちです。

木の家の家具として好ましいのは、やはり木の素材を生かしたものではないかと思います。
英国や北欧の古びた年代物の家具が、木の家や京町家の家具として案外ぴったりと合うことも一例ですね。

木の家と造付家具 木の素材をいかす家具

木の素材をいかす家具が「造付家具」です。
造付家具は主に大工工事で造られるもので、空間や目的に合わせて造られているため、
隙間なく作る事ができる「特注品」であり、家具の素材を建具と合わせたりと建物と家具が一体となった木の家としてふさわしいものになります。
無駄な空間を作ることなく又、素材を統一する等意匠的にも合わせる事ができ、簡素でありながら統一感を得ることができます。
キッチンや洗面台、それぞれの部屋の家具にいたるまで、木の素材を生かした造付家具にすることで、木の家らしい
風格のある家が完成します。

家の内装に合わせて、無垢材を使った家具にすれば、経年変化を楽しみながら長年大切に使うことができるでしょう。

木の家と造付家具 コストパフォーマンスの良い大工制作家具

木の家の造付家具は大工によって造られています。(家具職人が作る場合もありますが)
大工が作り上げる家具は、どれも木の家の内装等と素材や納まりを合わす事ができ建物と一体感があるため、人気が高まっています。
大工工事として家具を造る場合には大柄な材料を使うことが特徴で少し野暮ったいと言われる事もありますが、コストパフォーマンスには優れています。
住む人が使いやすいように造られた家具は、木のぬくもりが心地良いものです。

例えば、テーブル。
リビングに畳コーナーを作るとします。
高さの変更ができるテーブルを造ってもらえば、テーブルとしても座卓としても使用できますし、片側を畳コーナーにかけて使うことも可能です。
そのようなテーブルは市販のものではなかなか販売されていません。
コストパフォーマンスに優れているだけでなく、利便性にも対応できる大工制作家具は木の家に最も適した家具です。

京町家と庭

京町家の庭は

京町家は日本を代表する素晴らしい歴史的建造物です。
毎日快適に生活できるようにと、京町家では昔の人々のさまざまな知恵を垣間見ることができます。
夏は涼しく、冬は暖かく(とはいかないまでも)、住まいの中にも庭がありそれらによって季節の移り変わりを感じられます。
そんな京町家の庭にはさまざまな役割があります。

土間の部分(玄関から裏庭まで)を「通り庭」、玄関以外の部分を「走り庭」、そして小規模な中庭を「坪庭」と呼びます。
「通り庭」「走り庭」「坪庭」と様々な形式の庭を設けるには理由があります。
京町家の庭は「採光」や「風の通り道ー採風」としての機能を兼ね備えています。
これは京町家の大きな特徴であり、先人の確かな知恵なのだと言えるでしょう。

庭の特徴 沓脱ぎ石、手水鉢、中庭、奥庭、囲まれた空間

京町家の中に入って行くと、決して大きいとは言えないこじんまりとした庭があります。
一般的には「坪庭」と呼ばれていますが、中庭、奥庭とも呼ばれています。
この決して大きくない坪庭には、昔の人々の知恵と美意識が詰まっています。
沓脱ぎ石や手水鉢の他、四季を感じることのできる木々が植えられているのが特徴です。

手水鉢は、本来、茶室の庭先に低く据えられたものですが、それを庭に置くことで涼を呼ぶアクセントにもなっています。
沓脱ぎ石は、縁側や式台などの前に置いてあります。
履物を脱いで置いたり、縁側に上がるための踏み台になっています。

坪庭は四方八方囲まれた空間で、静かに過ごすことのできるものです。
外部から隔てられ、又住空間の一部として内部に取込まれた中庭。
縁側に座って坪庭の木々や草花を愛でることや、季節の移り変わりを感じることで心豊かに暮らせますね。

庭の植木は

京町家の庭には植木が植えられていることがほとんどです。
植木には特に決まりがなく、ツツジや紅葉、梅のように四季を感じることのできるものから、
竹や松など日本庭園に欠かせないものなどさまざまです。
癒しの空間を作り上げるには、日本らしい植木が好ましいでしょう。

~京町家の庭の植木として好まれるもの~

ハナミズキ、カエデ、ヤナギ、ケヤキ、モミ、カツラ、キンモクセイ、モチノキ、ヤマボウシなど

庭屋一如

「庭屋一如(ていおくいちにょ)」との言葉を聞かれたことはありますでしょうか。
庭屋一如とは、庭と建物の調和がとれて一体になるような様(それぞれがなくては体をなさない)とを指す言葉です。
建物と坪庭が一体になるように設計された京町家はその一例です。

日本では古来より庭に自然を取り入れ、四季を感じるその様を楽しんできました。
暮らしの中に光や風を取り込むとともに、植物を植えることでより美しく、より快適な空間を生み出してきました。
昔の人々の知恵が今でも現代の住まいにも受け継がれてるように建物だけではなく庭にも一目おきたいですね。

京町家と耐震工事

住宅の痛み易いところ

京町家は現在、住まいとして利用している方もいれば店舗として利用している方もいらっしゃいます。
京町家は定期的に適切な手入れをしていればいつまででも綺麗な状態を保つことができます。
ただ、どうしても木で作られているため痛み易い部分があります。

まずは「柱の足元」です。
土中の湿気や雨により長い年月の間に腐朽することが多くあります。

次ぎに「屋根の軒」です。
経年劣化や雨漏りが原因等で腐朽して軒が下がってくる場合もあります。

そして「外壁」です。
外壁は常に雨風にさらされているため、痛み易い部分の代表です。
ただ、京町家は痛み易い部分を手入れしやすいように工夫がなされています。

京町家の構造の特徴

京町家は日本を代表する歴史的建物として知られています。
昭和25年以前に建てられた町家が京町家と呼ばれています。
京町家の多くは築100年~120年のものとなっています。
そんな京町家の特徴を挙げていきましょう。

  • 構造の特徴
    京町家は石場建ての伝統的構法で作られています。
    梁等の木造の構造が内部にあらわしで使われ見えるようになっています。
  • 外観の特徴
    京町家は基本的に二階建てです。
    しかし、中には平屋のものも存在します。
    基本的に瓦屋根、大戸、格子、虫籠窓、土壁、木枠ガラス戸となっています。
  • 内部平面の特徴
    建物は間口が狭く奥行きが長い平面プランで、奥に坪庭と呼ばれる小さな庭があります。

京町家の耐震工事は

京町家は昭和25年以前に建築されています。
京町家の作りは伝統構法の建築で、やわらかさと粘り強さを持っており、柔構造で揺れに耐える構造となっています。
が、現在の耐震診断方法の測定では、比較的低い耐震の数値がでてきます。

それは、貫や竹小舞土壁の壁の数値がカウントされずにいるためです。
又重量のある瓦が屋根に使用されているために地震に対しては不利に働きます。
(最近では瓦の葺き方も土を載せない葺き方に変わり、屋根としての重量は随分軽くなっています)

京都では京都の歴史・文化の象徴である京町家の保全・再生を促進するため「耐震改修の促進」による保全・再生の支援をおこなっています。
耐震診断士による「耐震診断」を受けて当該町家の耐震がどの程度の耐震性能を持っているのかを把握して対応する事を進めています。

一般的には、京町家の耐震性能を担保するために大は切なのは柱の根元がしっかりしている事(腐っている場合は柱の根継ぎをする)です。
また、壁量を十分にとる(土壁を増やす)ことで強度を高めていきます。
他にも腐朽が見られる部分を適切に修復することが最も大切です。

補助金について

京都市では地震災害に強い都市づくりを目指しています。
京都の宝である京町家を保全・再生し安心して住むことができるように、耐震診断で安全でないと診断された場合、耐震階週に要する費用の一部を助成しています。

耐震診断においても、自己負担5,000円でおこなってくれる制度を設けています。
京町家耐震診断士2名を派遣して診断をし報告書まで作成してくれます。
京都市では耐震改修工事費用の50%を補助してくれます。

ただ、京都市が定める工事を補助対象としているため、建築士や工務店など専門家に相談することをおすすめします。
そして町家のリノベーション(水回りのやり替え等)を検討されている場合には、工事を施工される機会に一緒に耐震工事をされるのも一案です。

京の山と樹木

京の三山(西山、北山、東山)京都は林産地

京都は三方を山に囲まれた盆地です。
西山、北山、東山と三方を山に囲まれた地形です。

西側にあるのが「西山連峰」と呼ばれる山々です。
西山連峰を代表するのが「愛宕山」「嵐山」「天王山」などです。

北側にあるのが北山連峰です。
北山を代表するのが京都府の木として指定されている「北山杉」です。
金閣寺や大徳寺など数々の歴史的建造物にも使われてきた歴史のある北山杉。
北山連峰には京都府最高峰の山「皆子山」など高い山々が連なっています。

そして東側にあるのが東山連峰です。
東山は寺院仏閣との関わりのある山々があります。
その代表格となるのが「比叡山延暦寺」のある「比叡山」です。

このように京都は三方を山々で囲まれた地形の林産地なのです。
京都の森林率は74%(隣の大阪府は31%、滋賀県は51%、奈良は77%)地形の1/3以上が山の林産地なのです。

京の山と樹木の構成と建築用材

京の山は桜や紅葉、赤松、杉、桧などさまざまな樹種で構成されています。
実は京の山の人工林の多くが杉や桧の人工林となっていますが、年々減少傾向にあります。
これら人工林の杉や桧は主に建築用材として用いられています。

一方、京都の天然林はほとんどが竹林となっています。
京の市街地周辺の三山は、昔は薪炭用や農業用の用材を、市街地近郊の山は木炭の製造の用材を供給し
中川地区は北山杉、京北地区は平安時代より都のご杣御料地として建築の用材を供給していました。
「北山杉」「北山丸太」は京都府の木として指定されており、建築用材として歴史ある木材です。

建築用材としての北山杉や台杉

京の山にはさまざまな樹木が育っていますが、その中で最も有名なのが「北山杉(北山台杉)」です。
また北山台杉は、北山の土壌や寒暖の差の大きい気候等、育つ環境が厳しいため生命力も強く年輪も細かく詰まり
表面も白く美しいまま保たれます。
その性質を活かし、北山台杉は庭園造りにも多く使用されています。

北山台杉は室町時代に作られ始めたと言われており、これを加工して作られた北山丸太は数々の茶室に使われてきました。
建築用材として600年以上もの歴史ある北山台杉は材質が緻密であり、木肌が滑らかで割れが生じにくい特徴があります。
和風建築はもちろんのこと、洋風建築にも取り入れられており、その優雅な姿はまさに京のブランド杉に相応しいものです。

京の山の木が住まいに使われるまで

京の山の木が材木として住まいに使えるほどに育つには、40~50年以上の年月がかかります。
一般的には山の樹木の伐採は良くないことだと言われていますが、これは間違いです。
適齢木(50年以上の材)をそのまま放置すると二酸化炭素の吸収が低下します。

それゆえ適齢木は適切な伐採をしなければなりません。
適齢木を伐採し、その後に新たに植林をするという山の循環を適正に行なわないといけません。
現在の山の大部分を占める適齢木を今使わないと、新たな植林ができないため数十年後には山に使える材がなくなることが懸念されます。

今植林をするには、適齢木の木を建築用材として使われなくてはなりません。
京都市は「木の文化を大切にするまち・京都」を推進しており、京都の山と都市、地域産材を使うよう取り組んでいます。

京都で育った木を周辺地域の住まいづくりに利用して、環境保護と京都の文化継承を共に推進してゆきましょう。

畳の歴史

畳は日本で誕生したものであり、日本の風土に合った敷物として親しまれています。
日本最古の歴史書「古事記(712年)」には既に皮畳や菅畳の記述が残されています。
当時の「畳」とは敷物を意味しています。

現在残されている畳で最も古いものが奈良時代のものです。
奈良の東大寺にある正倉院に残されており、当時は聖武天皇がベッドとして使っていたそうです。
時代とともに変化していった畳ですが、当初寺院において木の床の上に畳が一部敷かれて、その畳は移動して使われていました。

畳が一般庶民の住まいに使われ始めたのが江戸時代中期以降のことです。
現在は畳を使う和室が減っていますが、日本伝統の「敷物」としてこれからも畳が姿を消すことはないでしょう。

畳の種類

畳にはさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。
今回は畳の種類について説明していきます。

縁付き畳
昔ながらの畳が「縁付き畳」です。
畳縁は柄や色など好みのものを選ぶことが可能です。
縁無し畳
一般的に琉球畳と言われているのが「縁無し畳」です。
洋間にも適したデザインのため人気が高まっています。
床畳
一般的には上記3つが畳の種類です。
しかし、最近では以下のような畳も作られています。
和紙畳
素材に和紙を用いているのが「和紙畳」です。
い草で作る畳のように変色がほとんど見られません。
撥水加工がしてあるので、汚れにくい特徴を持っています。
カラー畳
天然のい草を染めています。
青や赤、黄色、藤色などさまざまな色合いが綺麗です。
黄金畳
天然のい草を黄金色に変色させてから織り上げたものです。

畳の寸法

畳はどれも同じ寸法だと思っている方は多いのですが、実は地方によって寸法に違いがあります。
これらは柱割りの寸法からきているもので地方によりモジュールが違うことにより畳の寸法が違ってきています。

  1. 京間・本間<京都、大阪などの関西地方>
    191cm×95.5cm(6尺3寸x3尺1寸5分)
  2. 中京間<岐阜、名古屋といった中京地方と東北地方、沖縄の一部地方>
    182cm×91cm(6尺x3尺)
  3. 六一間<広島、岡山、山口など>
    185cm×92.5cm(6尺1寸x3尺5分)
  4. 江戸間<関東地方>
    176cm×88cm(5尺8寸x2尺9寸)
  5. 団地間<アパート、マンション>
    170cm×85cm(5尺6寸x2尺8寸)

このように、地方によって畳の寸法は違いますが、どの畳も2:1のサイズとなっています。
ちなみに、琉球畳は880cm×880cmの正方形であり、半畳となっています。

畳の使い方(使われ方)

畳というと和室とのイメージがありますが、最近では洋間やリビングなどにも使われています。
リビングの一角に畳を敷いて寛げる空間を作ることで、和洋モダンな雰囲気になります。
和室の縁側に敷いたり、廊下に敷くこともできます。

最近の畳はオシャレなものが多いので、ちょっとした空間に畳を採用することで一味違った雰囲気になります。
また、畳をベッド代わりに使っている方もいらっしゃいます。

日本の風土に合った畳の良さを再認識して、住宅に身近に使うことで生活をより快適にすることができるでしょう。