最新情報一覧

木の住まいと防火について

火に強い構造は

一般的に木造建築の防火性が低いように感じてしまうのは「木」という材質が燃えやすいものだからだと思います。
しかし、木造の建物は意外にも火に強いことをご存知でしょうか。
木材は燃えると表層部が炭化するので、延焼をストップしてくれます。
つまり外側は燃えたとしても、中心部まで燃え拡がらないので、一定の強度を保つことができます。

特に最近の木造建築では防火に対応する耐火木造の新工法ができてきています。
そして又、下地を不燃化することにより耐火性に優れた住宅を建てることが可能となっています。

防火の基準は

木造建物には防火・耐火基準が定められています。
それらは「建築基準法」で定められており、その中の「防火構造」基準については、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるのもであるか、
国道交通大臣の認定を受けたものとされています。
建築基準法で定められている木造住宅の防火基準は以下の通りです。

  • 外壁や軒裏を防火構造にする
  • 屋根には不燃材料を使用する
  • 室内側(天井や壁)は15分の耐火性能が必要
  • 木造住宅を建てる際はその他防火上の工夫をすること

木は火に強い(弱くない)

木はキャンプファイヤーなど燃やすために使用されることも多く、燃えやすいイメージがあるはずです。
しかし、木材は実は火に弱くないのです。
火災が起きた時、確かに木は燃えてしまいます。

しかし、燃えるのは表面部分だけです。
木の表面だけが燃えて「炭化層」を作ります。
つまりは炭です。
木が炭化層を作ることでそれ以上燃えにくくなるのです。
木造の建物は火災が起きたとしても、燃え尽きるまで時間がかかるので、鎮火作業をスムーズにおこなえば内部まで燃えることがありません。

では鉄はどうでしょうか。
鉄骨の建物は火災に強いイメージがあるかと思います。
しかし、鉄は一定の温度を超えてしまうと形が変形し曲がってしまいます。
(鉄の融解温度は1,500°です)
そうなると強度が失われ建物が一気に崩れ落ちてしまいます。
鉄は火に対して強いようで強くないのです。

木造建築と防火構造

木造建築において必要なのが「防火構造」です。
建物が密集している場所で火災が起きた際に、延焼を防ぐことのできる構造をしている建物を防火構造と言います。
特に木造住宅が密集している地域で火災が起こると、大災害を招く可能性が否めません。
防火構造の建物があれば、大災害を防ぐことができると言えるでしょう。

では防火構造にするにはどうしたら良いか。
それは、外壁や屋根、軒先を防火性能の高いものを使用すれば良いのです。
防火性能を持つ材質や塗料を使用することで、火災を最小限に押さえることができます。
只木材の不燃化処理は、コストが高いのであまり一般的ではありません。

木材については「燃えしろ設計」ー木部の炭化で酸素が供給できなくなり、結果延焼をくい止めて残った部材で建物を支えるように設計をする手法があります。
燃えしろ分の部材の断面寸法を大きくすることによることから「燃えしろ設計」といわれます。
そして使用木材の木部の下地を不燃材で作ること等でも防火の対応できるようになりました。
又、地域での消火活動がスムーズ行なえるように自主防災組織等が設置されている地域であればこの限りでありません。

これらにより都市部の防火地域や準防火地域においても京町家が現況の姿や形を踏襲して改修することもできるようになりました。
又、私たちの家づくりにおいて特徴である外壁、軒裏にも木材を使った住宅が、防火に対していろんな工夫をすることで、地域を問わずに新築でも建設することができます。

住まいと四季

日本には春夏秋冬の四季がある

日本には春夏秋冬と四季があり、それぞれの季節に特徴があります。
日本では昔から、それぞれの季節に合わせた暮らしをしてきました。
その中でも昔の人々が工夫し対応してきたのが暑い夏と寒い冬です。
昔の住まいは、現代のように性能の良い住宅ではなかったため、暮らしにさまざまな工夫をして暮らしてきました。

しかし、日本では春や秋が最も過ごし易く快適な季節であります。
この快適な季節を十分に楽しむ為に、日本の住まいは内と外の区別なく自然を取込むようなプランと工夫がなされています。

庭の樹木の緑や、採光や採風をとる為の大きな開口等、それらは現代の住まいにも受け継がれています。

季節の草花、木や、食べる物にも旬があり

旬と言えばやはり「食べ物」を連想します。
春には春の、夏には夏の食べ物があり、旬の食べ物をいただく、それを心待ちにしている方々が多いのも事実です。
祇園祭の夏には、鱧をいただく、又土用のうなぎは食べなくてはと、季節や祭事が食物や飾り物と深く関わっています。

草花樹木におても、それぞれの季節に花を咲かし、実をつける草花や樹木があります。
春は桜や、秋は紅葉等、それらを愛でるためにお弁当を持って行楽にも行きます。

住まいの中にも、季節の草花や木を飾って楽しむ事もします。
日本ならでは、四季の風情を感じられる機会は以外とあるものです。

日本には四季を愛でる文化

日本には春夏秋冬と四季があることから、四季を愛でる文化があります。
四季が織り成す風情を楽しむ日本人は、海外からも賞賛されるほど優雅に見えるのかも。

京都には伝統的な建造物である京町家があります。
京町家では、昔からそれぞれの季節を快適に過ごすための工夫がなされていました。
夏はより涼しく過ごすために、夏の建具に入れ替えたり、床には藤の敷物を敷いたりと積極的に涼をとっています。

四季を愛でるには、それぞれの季節を快適に過ごせる工夫が必要です。
その工夫を昔の人々は楽しみながら、それらの暮らし方を自然と身につけていったのでしょう。

日本の木の住まいと四季

日本では、従来住まいは主に木と土を使って作られてきました。
現在は鉄筋コンクリート造など多種多様な造りの住宅がありますが、木で作られた住まいは自然の温もりを感じられるものです。
日本の木の住まいは、平面の計画的にも構造的な成立ち(柱と梁の軸組工法)でも開放的であり、
内と外を遮断することなく、より多くの外の自然を取り込むことが特徴です。
そうした面でも日本の四季を感じる木の住まいは、昔も今も変わらず根強い人気があります。

木の住まいは常に呼吸をしています。そして肌触りも人に優しい素材です。
どんなに建築技術や設備が進化したとしても、木で作られた住まいに勝るものはないのではと思います。
「自然と共に住まう」それができるのが、日本の木の住まいなのです。

(現場ブログ)京都市下京区 京町家リノベーション

京都市下京区で施工中の京町家のリノベーション工事も大工工事が終わり残す工事もわずかとなりました。

新しく浴室を高断熱浴槽のユニットバスにしました。

以前は窓が建物内の土間の方にあり、日中でも暗かったのですが南の外壁に窓を移し明るい浴室にしました。
浴室壁は構造壁などを設置するため古い土壁を残し殆ど解体したため以前より少し広くすることもできました。


元々あった2階の床の間は床柱と床を新しくし窓を設けました。ここには障子が入ります。元々は東西にしか窓がなかったのですが新たに南側に窓を設置したので随分と明るくなりました。


少し前のブログで大工さんが加工してくださったニッチの棚も出来上がっています。たくさんお持ちのCDなどをしまえる棚になっています。


こちらはクロークと押入れを兼ねた収納です。造作の収納はご希望で色々な形にすることが出来ます。なるべく箪笥などの家具は少なくしたいとご希望されていたのもあり、たっぷり入る収納を各部屋の用途に応じ施工させていただきました。

工事もあと少しです。気を引き締めて現場を進めてまいります。

夏期休業のお知らせ

 平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
 誠に勝手ながら下記期間を夏季休業とさせていただきます。
 
          記
 平成29年8月14日(月)から平成29年8月17日(木)
 
 ホームページからのお問い合わせ等は夏季休業中も受け付けておりますが、
 ご返答につきましては営業日内にて順次対応させていただきます。
 
 お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

 

(現場ブログ)嵯峨O邸ステンドグラス

ステンドグラスは建築に古くから取り入れられ木や漆喰などの自然素材ととても調和します。

光の具合によって、ガラスの色の表情が変わり、とても美しい素材です。                     

日常の中で、ふと立ち止まり、美しいものを見る時間を与えてくれる。。 そういう力があるように感じます。

O邸は古材などのお施主様からご支給いただいた材料をたくさん取り入れたお住まいです。

お気に入りのものを建築に取り入れると、住まいがもっと楽しくなります。

乳白色のガラス、透明ガラス、色のあるガラスの表情が楽しい。

木の枠、波模様のガラス、透きとおったグリーンのガラス、青い空に雲が浮かんだような水色のガラス、を使ったステンドグラス。

ステンドグラスのミラーはトイレに使用する予定です。

木製建具にも使用しています。ステンドグラスの表情が加わり素敵です。

竣工まであと少しです。建具が入ったあとどのようになるかもとても楽しみです。