最新情報一覧

住まいとDIY

住まいをDIYされる方が増えてきています

現在の住まいを綺麗にしたい、リフォームしたい、と考えている方は少なくありません。
しかし業者に依頼すると費用がかなりかかりますし、その費用を工面するだけでも大変です。
そんな方々の最近の流行が「DIY」です。
最近になって住まいをDIYする方が増えたと同時に、ホームセンターなどでも専用のコーナーが出来ています。
ただ、DIYと言うと「お父さんの日曜大工」とのイメージが強いのですが、ここでのDIYは少し意味が違います。
住まいと暮らしをより良いものにするために、自らの手で家族みんなで快適な空間を造ることを指しています。
インターネットなどでも通販で住まい造りに使うことのできる材料などが販売されているので、気軽にできるのも魅力です。

住まいのDIYでできること

自らの手で住まいの快適な空間を造るとは言っても、簡単なことばかりではありません。
簡単なDIYに慣れてはまりだすと、趣味として難しいことにもチャレンジしたくなるはずです。
ここでは住まいのDIYでできること「上級編」を幾つか紹介したいと思います。

壁塗り・外壁塗装・屋根塗装など

壁や外壁、屋根の塗装は基本的に業者に依頼するものですが、自分でできないものでもありません。
ホームセンターや塗料屋さんに行けば、住宅専用の塗料が販売されているので、それとローラーや刷毛を購入すれば自分でもできます。
自分好みの色に塗り替えるのは大変ですが、やってみるととても楽しいものです。
床のフローリングの塗装のメンテナンスとしてもワックスがけ等も以外と簡単です。
これらをやる事により現在のお住まいを長持さす事にもつながります。

クロス貼り

部屋のクロス貼りは全体を施すとなると大変ですが、部分的なものであれば比較的簡単にできるものです。
クロスで一番汚れているのが、手が届く位置かと思います。
その部分を好みのクロスで貼れば、以前とは印象の違う部屋になります。

DIYの利点は

DIYの大きな利点は「材料費だけで済む」ことですが、他にも色々な利点があります。
まずは「住まいへの愛着」です。
職人さんに依頼してリフォームしてもらうよりも、自分で綺麗にした家にはとても愛着が湧くものです。
自分だけのオリジナルが作れるので個性的な空間になります。
自分好みの部屋は間違いなく癒しの空間になるに違いありません。
そして「家族の絆が高まる」ことです。
家族みんなで一つのことに向かって取り組むことは、何より家族の絆を高めることになります。
家族みんなが力を合わせて創り上げた空間は家族のみなさんにとっても素晴らしいものになるでしょう。

住まいの手入れと寿命について

住まいは定期的にお手入れをしなければ、どんどん劣化が進みます。
大切な住まいを長持ちさせたいのであれば、きちんとお手入れをしなくてはなりません。
住宅は住み方で、その寿命が大きく異なります。
日本には木造住宅が多く、湿度の高い日本の気候では外部の木部等が劣化が進み傷みが進行します。
最初から室内や床下の湿気を防げるような工夫をして住宅を建てると良いのですが、そうでない場合は定期的に点検をして
手入れをすることで長持住宅になるでしょう。
お手入れの目安として以下を参考にして下さい。

  • 外壁塗装:10~15年毎
  • 屋根塗装:10年毎
  • 壁紙張替え:10年~15年毎

(現場ブログ)下京区 京町家のリノベーション ゴロンボオイル塗装

下京区の京町家のリノベーション工事も大工工事がほぼ終わり来週からは内装工事に入ります。
本日は何度とご紹介してますゴロンボにオイルを塗装しました。


使用したのは山中油店さんの亜麻仁油です。もともと炭ですすけて黒くいい色になっていたので今回は保護と艶を出すために色のない油のみ塗りました。

分かりにくいのですが塗装後です。逆光で光っています。

今回使用させていただいた中山油店さんですが京都二条城から北に上がって車で5分くらいのところにお店があります。
創業されてから200年近く経っているそうです。

店構えもとても立派で平成19年には有形文化財指定を受けれたそうです。
お店の商品は建築用以外にも食用の油も沢山品揃えがあります。建築用の日本古来のベンガラや柿渋などの自然塗料は専門的なホームセンターなどで
ない場合はなかな手に入りにくいのですがこちらではそいったものも置いておられます。またお近くに行かれた際は足を運んでみて下さい。

(現場ブログ)嵯峨O邸 外構工事

O邸も完成が近づいてきました。

こちらはアプローチに続くデッキ部分です。
デッキ材はイペです。イペは南米アマゾン川流域原産の広葉樹です。固い木で施工後の狂いが少なく強度と耐久性に優れており雨にも強いため、日本ではデッキ材としてよく利用されています。


こちらはテラス部分。U字溝をあえて横に向けて使用します。
枠の中にコンクリートを流し、最終仕上はタイルです。


溝の部分にコンクリートが入らないように木を加工して蓋をしていきます。

外構工事の完成はまだ先ですが建物の完成見学会は今週末です。まだご見学いただく余裕がございますので、
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

身近な住まいの補助金について

身近な住まいの補助金

各自治体では「住まい」についてのさまざまな補助金制度を導入しています。
お持ちの物件や、計画中の建物などが補助金の対象となっているのであれば、利用しない手はありません。
そんな身近な住宅関連の補助金の一部を紹介したいと思います。

耐震

今や地震大国として世界的に知られている日本では、建物の高い耐震性が求められています。
日本では昭和56年5月以前の旧耐震基準で立てられた木造住宅がたくさんあります。
それら建物は現在の耐震基準に比べると構造的に見劣るものであり、それらの木造住宅の耐震強度を高める事が求められています。
そんな以前の旧耐震基準で建てられた木造住宅の、耐震診断・耐震改修に対し各自治体が補助制度を実施しています。

空家

各地域には数多くの空家が存在しています。
使い手のいない家はどんどん朽ち果ててしまい、大がかりな補修をしなければ住むことができなくなってしまいます。
そんな空家や空き店舗を活用したいと言う方に対し、各自治体が補助金制度を実施しています。
家賃や改修工事の補助が一般的です。

国の補助金

各自治体だけでなく、「住まい」に対しての補助金制度は国でも設けています。
そんな国の補助金制度を利用して家を建てたり、補修工事をすることを検討されてはいかがですか。
住まいに対する国の補助金制度はいくつかありますが、現在注目されている補助金制度を紹介したいと思います。

地域型住宅グリーン化事業

地域における木造住宅生産体制を強化することを目的とした事業です。
中小住宅生産者などが木材、建材流通関連事業者とともにグループを構築して、省エネルギー性能や耐久性に優れた木造住宅の整備などをおこなう事に対し支援をしています。
長寿命型・認定低炭素住宅・性能向上計画認定住宅に関しては上限100万円、ゼロ・エネルギー住宅に関しては上限165万円の補助金が支給されます。

長期優良住宅化リフォーム推進事業

リフォームにより、劣化対策・耐震性能・省エネ性能・維持管理性能など、住宅を長期利用するための性能向上のリフォームに対し補助金を支給する制度です。
1住戸あたり最大250万円、更に三世代同居対応改修工事を実施することで50万円が加算されます。

京都府、京都市の住まいの補助金

京都府、京都市でも、さまざまな住まいの補助金制度を設けています。
京都らしい補助金制度も多く、例えば歴史的な地域を守るための制度なども用意されています。
そんな京都府、京都市の住まいの補助金を代表するものが「緑の工務店」「町の匠」「ペレットストーブ」です。

緑の工務店『環境にやさしい京都の木の家づくり支援事業』

京都で育った地元産木材を使用して住宅などを設計、建設する設計事務所や工務店に対して補助金を交付する制度です。
京都府知事から登録を受けた建築設計者「緑の設計者」建設業者『緑の工務店』が対象となります。

町の匠を活かした京都型耐震リフォーム支援事業

京都市では木造住宅の耐震化を加速的に進めるために『町の匠』と呼ばれる職人さん達の知恵を結集しおこなう工事に対し補助金制度を設けています。

ペレットストーブ

環境にやさしいペレットストーブを購入した者に対する補助金制度です。
京都市が行っている補助金制度であり、対象は木質ペレットストーブのみです。

その他の補助金について

全国各地の自治体が設けている『身近な住まいの補助金』にはさまざまなものがあります。
スタンダードなものから地域に特化したものまで多種多様ですが、多くは地球環境を守るため、人がより住みやすい環境作りをするために設けられています。
特に省エネや耐震強化に関する補助金制度はとても多いと言えるでしょう。
「家」や「建物」は人にとって無くてはならないものです。
安心して暮らせる家作り、それに加え、環境にやさしい家作りをするために補助金制度が設けられています。

(現場ブログ)京都市下京区 町家のリノベーション

壁、天井とも断熱材の充填が終わり下地のボード貼りもほぼ終了しました。
現しにした梁は住まい手様のお父様が子供の頃ロープをつないでブランコにして遊んでおられたという思い出の梁です。長い間天井に隠れていましたが数十年ぶりに現しになりました。

大工さんはニッチ棚(階段の横に設置する腰壁に造ります。)の枠を造られています。

こちらでは棚板の加工中です。

今月中に大工工事が終わる予定で急ピッチで造作作業が進めれれています。