最新情報一覧

マンションリノベーション

マンションのリノベとは

中古マンションを購入して「リノベーション」される方が増えています。
新築マンションはとても高いのですが、中古マンションはお得に購入することができるだけでなく、選ぶ幅が広いので人気が高まっています。
予算内で中古マンション&リノベーションをすることで、自分の理想に合った空間を作り上げることができます。
リノベーションとは大がかりな改修をおこなうことの総称です。
水廻り、間取りなど機能的に住みやすいように改修することです。
つまりはリフォームなのですが、最近ではリフォームではなくリノベーションと言われることの方が多いようです。

ただ、マンションをリノベーションする時に変更できないものがあります。
マンションは自分だけの空間である専有部分と、マンション居住者が共有して使用する共用部分に分かれています。
共用部分はエントランスやエレベーター、廊下、階段ホールだけでなく、自分の部屋内にもあります。
窓や玄関ドア(外側)、ベランダなどは共用部分にあたるため、リノベーションすることはできませんので覚えておきましょう。

インフィル、スケルトン

「インフィル」「スケルトン」という言葉を耳にした事があるでしょうか。
あまり聞き慣れない言葉だと思います。
2つの言葉は建築用語であり、一般の方にはあまり浸透していません。

「インフィル」とは内部の設備や内装部分を指しています。
そして「スケルトン」とは、骨組み・構造体のことです。
最近になって「スケルトン・インフィル住宅」との言葉が雑誌などで取り上げられています。
インフィルとスケルトンを分離した建築手法を主に「スケルトン・インフィル住宅」と呼んでいます。
要は「間取りを自由に変えられる耐久性の高い家」のことです。
高耐久の構造躯体(スケルトン)と設備・内装(インフィル)とに分離して考える建物は、家族みんなが安心して長く暮らせる住まいになるでしょう。

スケルトン・インフィルだから、壁のない大空間を実現することもできますし、工期も短縮できると言われています。
スケルトン・インフィル住宅のお手本はマンションです。
中古マンションを購入し、リノベーションする際に効果的であると言われています。

戸建リフォームと比べて

戸建てリフォームと比べるとやはり大きなメリットとなるのが「費用」ではないでしょうか。
戸建てをリフォームするには結構な費用がかかりますが、マンションなら構造体はそのままでおいておかなければならないので
内部の改装のみの工事内容でリフォームすることができます。(構造にかける費用が不要である)
またライフスタイルに合わせて間取りを変更することが可能です。

もちろんマンションの構造によって間取りの変更に制約はありますが、自由度の高いリフォームが可能な物件を選べばもんだいありません。
もともと部屋数が多くて、狭く感じてしまうような間取りであっても一度スケルトンにして部屋数を減らしてしまうことが可能です。
一方で、デメリットとなるのが住宅ローンがリフォームには使えないということです。
別のリフォームローンというものを組む必要があり、こちらは一般的に住宅ローンよりも金利が高くなってしまいます。
さらに、あまりにリフォームをしすぎると次にその物件を売ろうと思った際、なかなか買い手がつかない可能性があります。

マンションリノベで大切な事

マンションのリノベーションで大切なのは既存の構造を把握することです。
先にも少し述べたようにマンションの構造によっては間取りの変更に制約があります。
マンションの構造には壁式構造とラーメン構造があります。
特に築年数の古いものが壁式構造となっており、建物を支える「構造壁」を壊すことができないので、間取り変更に制約ができてしまいます。
まずは購入したいと考えているマンションの構造をしっかりと把握することが大切です。

また、マンションによっては管理規約により色々なことが禁止されていることがあります。
例えばフローリング材の遮音性能が決められていたり、フローリング以外の床材の使用が禁止されていたりするケースもあります。
水廻りの移動ができない事もあるので、まずは何が可能で何が不可能なのかを明確にする必要があります。
後、マンションに住む人たち(隣や上下階も)にもご迷惑をおかけする事になるので、工事のほこり、騒音や工事時間、資材の半出入等
十分に気をつける事が必要です。
そしてマンションリノベーションで最も大切なのが、業者選びです。
確かな技術や実績ある安心できる工事施工会社を選ぶことが、快適な住まいを作る大事なポイントとなります。

日本で一番高い木は

大きな木は、大きな木の樹種は

一般的に大きな木とは、樹高や幹の太さなどで判断されるものです。
日本一高い木が、昨年新たに発見されたと言われ話題を呼んでいるのが京都「花背の三本杉」。(昨年測定され日本一と判定された)
三本の内の一本の木が高さ62.3メートルもある背の高い木です。
実は2017年以前は愛知県新城市の「傘杉」が日本で一番高い木とされていましたが、2017年に京都・花背の三本杉が日本一になりました。
一般的に大きな木の樹種は「スギ」「クスノキ」「イチョウ」などが挙げられます。
確かにスギやクスノキには高い木がたくさんあります。
高い木はどこか神秘的で地域によっては神が宿ると大切に祭られています。
高い木・大きな木を表す際に以下のような言葉が使われます。

巨樹
幹廻り10m以上のもので、何らかの記念物の対象となっている木
巨木
幹廻り3m以上のもの
大木
ただ大きいだけの木
古木
樹齢が古いもの・貴重なもの
名木
歴史上の人物などと関係している木

大きな木の前に立つと、なぜか心が安らぐような気がしませんか?
大きな木の下は少々薄暗く、風の音や葉のこする音が一体となって、どこか別世界に居るような感覚になります。
木をはじめ、自然とともに生きる私たちだからこそ、森の中や大きな木やに安らぎを感じるのかもしれません。

日本で一番高い木の樹種は

日本で一番高い木の樹種は「スギ」です。
日本一高い山が富士山であるように、日本で一番高い木がスギ。
スギは日本一樹高が高くなる木で、大きなものになると50m以上になります。
スギは高いだけでなく、日本一長寿の木とも言われています。
樹齢1000年どころではなく、樹齢2000年、3000年のスギが日本各地にあります。

スギといえば、日本で最も有名な樹種です。
日本で一番多く植えられていますし、木材として住宅をはじめ、さまざまなものに利用されています。
スギの名前の由来は、真っ直ぐ上に高くなる「直木」から来ていると言われています。
ひたすらまっすぐ上に伸び続ける木「直木(スグキ)」から来ているなんてピッタリの名前です。
日本にはさまざまなスギがあります。
縄文スギ、将軍スギ、月瀬の大スギ、北山杉、吉野スギ、立山スギ、屋久スギなどなど。
スギをシンボルとしている地域もたくさんあり、まさに日本を代表する木であることは間違いありません。
スギ花粉に悩まされている方も多いとは思いますが、日本のシンボルともされるスギは、私たちの生活を支えてくれる素晴らしい木です。

どこにある

京都市左京区「大悲山国有林」の中にある花脊(はなせ)の三本杉の内の1本が62.3メートルあり、日本一高い木とされています。
1154年創建の峰定(ぶじょう)寺のご神木として地元で親しまれており、樹齢1000年と伝えられています。
3本のスギが根元で繋がるように生えており、まさにご神木として相応しい花脊の三本杉。
花脊の三本杉は京都自然200選にも選ばれています。
実はこれまでたかさは35メートル程度ではないかと言われていました。
しかし、実はよく見るととても高いことから調査がおこなわれ、62.3メートルであることが判明しました。

京都花脊には、全国1位の木と全国2位の木があります。
1位が62.3メートルに対し、2位が60.7メートルとなっています。
では太さはどのくらいなのでしょうか。
太さもかなりあるのかと思いきや、幹廻りの長さは6.4メートルと、全国的に見てさほど太くないようです。
そんな三本杉は大悲山国有林のトレッキングコースにあるため、誰でも見ることができます。
花脊方面へ行った際には、是非この日本一の高い木を見て下さい。

その他・京都にある巨木

京都には、花脊(はなせ)の三本杉以外にも巨木があります。
京都市指定の天然記念物「西本願寺のイチョウ」は樹齢300年~500年。
高さは11.8m程度とそれほど高くはないのですが、とにかく樹冠が凄いのです。
東西に23m、南北に25m広がっており、まさに圧巻です。
由岐神社(鞍馬)境内にあるスギ3本及びカゴノキ1本は、重要文化財の拝殿とともに歴史のある風趣を形成しています。
高いもので49mもある巨木です。
そして京都右京区片波川原流域の伏条台杉(ふくじょうだいすぎ)。
この一帯は古くから御杣御料として守られてきた森で、西日本屈指の巨大杉群落の森となっています。
伏条台杉群は、平成11年に京都府天然記念物に指定され、今も大切に守られています。
京都らしい歴史ある伏条台杉群は、屋久島の縄文杉にも負けません。

京都は古い歴史ある地として知られていますが、自然豊かな地としても有名です。
山々に囲まれた京都には、このようにたくさんの巨木が存在しています。

京都市左京区 下鴨の家

こちらのお住まいの様子、前回アップさせていただいてから随分と経ってしまいました。
前回ブログの上棟から
しばし屋根仕舞いをしまして上棟式も無事おわりました。(少し前ですが。。。)

ハッピを羽織るとやはり身が引き締まります。今後の工事の無事とお施主様が職人への労いの会を開いて下さいました。とてもいい時間でした。ありがとうございました。

LDKの天井にはJパネルが使われています。構造材と同じく紀州の杉が使われています。とても綺麗です。

最初は赤みが強く感じますが経年で色は同じようになってきます。

こちらは前回ブログでご紹介させていただきました桂坂の家と同じく気密で設計をされています。
壁の面材と柱の間に気密パッキンを入れております。外壁側の透湿防水シートの継ぎ目にもしっかりと気密テープを貼っています。

そしてサッシがついた先日こちらでも気密テストを行いました。

今回は2台異なる機械で測定です。

監督、大工さんが心配そうに結果を待っております。
結果は設計士さんがご想定されていたより良かったそうです!

同時に内部の造作工事も進んでおります。

大工さんは枠材をカンナで仕上げ中です。

 

 

 

 

 

気密工法について

気密工法は「断熱」「気密」を組み合わせた住宅で、断熱材や気密シートで家全体を包み込みます。
「断熱」・・・床下、壁、天井に断熱材を充填する。家の中と外の環境を分け、熱が伝わるのを少なくする
「気密」・・・家の隙間をできるだけ無くし、家の中と外の空気の交わりを無くす

~高気密、高断熱住宅のメリットは~
● 冷暖房効率も良くなり、温度の変動も少なく、体への負担も少ない室内環境になります。ヒートショック対策にも有効です
● 家の中の温度差が小さくなることで結露しにくくなり、住宅が長持ちする
● 温暖化の原因となるCO2排出量も削減
● 壁体通気を抑制し断熱性能の低下を防止する
● 計画換気の性能保持
● 音が外に漏れにくい

これからの季節でしたら、湿度の高い空気や真夏の熱風などの不快な空気の侵入を防ぐ事ができます。
反対に、隙間から室内の快適な空気が外に逃げるのも防いでくれます。

施工中の現場ブログにもアップしております「桂坂の家」は気密工法で施工しています。https://www.takeuchi-kyoto.jp/update/blog/4088/ 

気密は断熱材グラスウールに気密シートを貼って取っておりますが、外壁の面材(ダイライト)のジョイント部にも気密テープを貼りました。サッシがついた状態でどの程度の気密があるか先日気密検査を行いました。

                                            

写真の装置を使って測定です。

サッシはしっかり閉めて

これから木製建具が付く窓は空気が外に出ないようにしっかり閉じます。そして空気がどの部分から外に漏れているかを調べます。目で見ることは出来ないのですが空気の流れは感じる事が出来ます。サッシ部の場合はその製品の気密性能によりますが木部の取り合い、外部に繋がっている排水口などの場合はもう一度テープをはり直したり、簡易ウレタン断熱材を吹きつけたりします。

試験の結果はc値 0.65㎠/㎡でした!
C値というのは建物の面積に対してどれくらいの隙間があるかを写真の装置を使って測定したものです。(一般的に高気密仕様は 2.0㎠/㎡ 以下とされています)

竣工前にももう一度気密測定を行います。その頃は大きな木製の窓がついておりますので数値が気になるところです。